著者プロフィール 

生島淳Jun Ikushima

1967年気仙沼生まれ。早大卒。NBAやMLBなど海外ものから、国内のラグビー、駅伝、野球など、全ジャンルでスポーツを追うジャーナリスト。小林信彦とD・ハルバースタムを愛する米国大統領マニアにして、カーリングが趣味(最近は歌舞伎に夢中)。著書に『エディー・ウォーズ』『エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは信じること」』『慶応ラグビー「百年の歓喜」』(文藝春秋)、『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)、『監督と大学駅伝』(日刊スポーツ出版社)、『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(ともに幻冬舎新書)、『人を育てる箱根駅伝の名言』(ベースボールマガジン社)など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss

スポーツコラム一覧

288件中 1 - 20件を表示
BリーグがNBAより面白いなんて!「第3戦」という激アツなルール。

スポーツ・インテリジェンス原論

BリーグがNBAより面白いなんて!
「第3戦」という激アツなルール。

まさか、日本のバスケットボールの方がNBAよりも、「面白い!」と感じる日が来ようとは夢にも思わなかった。それが現実になった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/05/23

美女アン・シネ効果だけではない!女子ゴルフブームはなぜ続くのか。

スポーツ・インテリジェンス原論

美女アン・シネ効果だけではない!
女子ゴルフブームはなぜ続くのか。

女子プロゴルフツアーの勢いが、止まらない。5月4日から7日まで行われた今季の国内メジャー第1戦、「ワールドレディース・サロン… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/05/13

「指示待ちが日本ラグビーの現状」田中史朗、指揮官とともに改革を。

Number PLAYBACK

「指示待ちが日本ラグビーの現状」
田中史朗、指揮官とともに改革を。

新監督のジェイミーと、アタックコーチのブラウニー。ジャパンでふたりの“恩師”と再会した日本屈指のSHは、すでに自らが果たす… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/05/06

ラグビーW杯、過密日程、主将論。堀江翔太と立川理道が語り尽くす。

Number PLAYBACK

ラグビーW杯、過密日程、主将論。
堀江翔太と立川理道が語り尽くす。

エディー・ジャパンとサンウルブズを支えた2人のリーダーが新生ジャパンを牽引する。チームの現状や今後の課題、そして、2019年… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/05/05

「日本ラグビーは驚くべき進化だ」ジョセフHCが語るエディーとの違い。

Number PLAYBACK

「日本ラグビーは驚くべき進化だ」
ジョセフHCが語るエディーとの違い。

10月9日の初集合からフィジー戦までの48日間。濃密な強化合宿と強豪とのテストマッチ4連戦を経て、大いなる一歩を踏み出したジェ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/04/29

五輪マラソンの新選考方法は上々だ。「大人の事情込み」でほぼ最高の形。

スポーツ・インテリジェンス原論

五輪マラソンの新選考方法は上々だ。
「大人の事情込み」でほぼ最高の形。

東京オリンピックに向けて、マラソンの選考レースの仕組みが変わる。まず、大枠を整理してみよう。これまでは選考レースが、オリ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/04/24

世界7位で男子カーリングが平昌へ。今大会の成績が五輪に直結する理由。

スポーツ・インテリジェンス原論

世界7位で男子カーリングが平昌へ。
今大会の成績が五輪に直結する理由。

日本でカーリングといえば、女子のスポーツというイメージが強かったが、カナダ・エドモントンで行われた男子世界選手権で、日本… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/04/11

柏原竜二、27歳での引退に思うこと。彼が箱根を走った4年間を忘れない。

スポーツ・インテリジェンス原論

柏原竜二、27歳での引退に思うこと。
彼が箱根を走った4年間を忘れない。

柏原竜二が引退する。まだ、27歳。周囲からは「まだ早いんじゃないか」という声もあったようだが、ここ数年、怪我に苦しんだ本人… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/04/09

日本メディアが語らない米の勝因。投手のメンツよりWBC勝利を優先。

スポーツ・インテリジェンス原論

日本メディアが語らない米の勝因。
投手のメンツよりWBC勝利を優先。

いい試合だった。日本はアメリカの本気を引き出し、アメリカもまた、ユニークな投手陣を惜しみなくつぎ込んで、日本の追い上げを… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/03/22

青木宣親がWBC前に話していたこと。オランダ戦の苦労は、必ず後で効く。

スポーツ・インテリジェンス原論

青木宣親がWBC前に話していたこと。
オランダ戦の苦労は、必ず後で効く。

WBCの開幕前に、フロリダに飛んだ。「侍ジャパン」の中で、唯一のメジャーリーガー、青木宣親に大会に臨むにあたっての意気込み… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/03/14

アメリカが勝たないとWBCが終わる!?主催者は意欲的でも現場の関心は……。

スポーツ・インテリジェンス原論

アメリカが勝たないとWBCが終わる!?
主催者は意欲的でも現場の関心は……。

フロリダでメジャーリーグのスプリング・トレーニングの取材をしている。2月下旬といえば、選手たちはエンジンをようやくかけ始… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/02/25

新1年生を見れば箱根の未来がわかる。持ちタイムで2位は青学、1位は?

スポーツ・インテリジェンス原論

新1年生を見れば箱根の未来がわかる。
持ちタイムで2位は青学、1位は?

広島で行われた全国都道府県対抗男子駅伝が長野の優勝で終わり、駅伝シーズンはひと息ついたところ。これからは男子でいえば、マ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/30

青学の存在で、優勝を信じられない?早稲田がハマった「追う者の弱み」。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学の存在で、優勝を信じられない?
早稲田がハマった「追う者の弱み」。

本来であれば、早稲田は往路で勝っていなければいけなかった――。1月3日の閉会式会場で、早大の相楽豊監督と話した末の結論であ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/12

東洋大は、今年も優勝を狙っていた。「青学時代」に抗う名門のプライド。

スポーツ・インテリジェンス原論

東洋大は、今年も優勝を狙っていた。
「青学時代」に抗う名門のプライド。

「疲れました、今年の箱根は」閉会式会場で東洋大の酒井俊幸監督と出くわすと、いきなりそう話しかけてきた。その真意を尋ねる。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/11

箱根の青学大に隙はあったが……。3連覇目は「駅伝っぽい」勝ち方で。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根の青学大に隙はあったが……。
3連覇目は「駅伝っぽい」勝ち方で。

「ミスがあっても、誰かがカバーして勝つ。去年のチームのような圧倒的な強さはないですが、なんか『駅伝』っぽくて、いいかなっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/05

青学・一色恭志、悲願は「区間賞」。1年生から走り続け、最後の箱根へ。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学・一色恭志、悲願は「区間賞」。
1年生から走り続け、最後の箱根へ。

4年間、取材を続けてきた選手が順調に成長していく様子を見るのは、なんともうれしいものだ。取材対象には公平に接するのが鉄則… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/12/29

箱根駅伝で山登りの重要度が低下。今回は「花の2区」にエースが集結!

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根駅伝で山登りの重要度が低下。
今回は「花の2区」にエースが集結!

青山学院大の優勢が伝えられる箱根駅伝2017。往路のキーワードは、久しぶりに「花の2区」になりそうだ。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/12/28

ジョセフジャパンの「賢いラグビー」。相手にボールを渡してから攻める?

スポーツ・インテリジェンス原論

ジョセフジャパンの「賢いラグビー」。
相手にボールを渡してから攻める?

30-33。ウェールズ相手に敵地カーディフで、現状では最善のパフォーマンスを見せた「ジェイミー・ジャパン」を見て、こう感じた… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/11/25

エディー時代との違いは「キック」。ラグビー、ウェールズ戦の指針。

スポーツ・インテリジェンス原論

エディー時代との違いは「キック」。
ラグビー、ウェールズ戦の指針。

ウェールズの中心、カーディフから2両編成の列車に乗って30分ほど。トレフォレストという駅で降りてから道を北へ進むと、「ワー… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/11/19

青学に“詰めろ”をかけた早稲田。全日本の健闘は箱根への伏線か。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学に“詰めろ”をかけた早稲田。
全日本の健闘は箱根への伏線か。

早稲田大学のアンカー、安井雄一が2位でゴールに飛び込む。安井を出迎えた相楽豊監督の目は潤んでいた。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2016/11/07

ページトップ