著者プロフィール 

松原孝臣Takaomi Matsubara

1967年、東京都生まれ。大学を卒業後、出版社勤務を経て「Number」の編集に10年携わりフリーに。スポーツでは五輪競技を中心に取材活動を続け、夏季は'04年アテネ、'08年北京、'12年ロンドン、冬季は'02年ソルトレイクシティ、'06年トリノ、 '10年バンクーバー、'14年ソチと現地で取材にあたる。著書に『高齢者は社会資源だ』(ハリウコミュニケーションズ)『フライングガールズ−高梨沙羅と女子ジャンプの挑戦−』(文藝春秋)など。7月に『メダリストに学ぶ 前人未到の結果を出す力』(クロスメディア・パブリッシング)を刊行。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
男子フィギュアのジュニア界も4回転!台湾で目撃した羽生以降の新世代。

オリンピックへの道

男子フィギュアのジュニア界も4回転!
台湾で目撃した羽生以降の新世代。

選手を称える拍手が続いた。フィギュアスケートの世界ジュニア選手権男子は、予想を上回る演技が相次ぐ、ハイレベルな大会となっ… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/03/21

日本柔道の改革、今度は代表選考。4月の全日本が“対象外”の試合に?

オリンピックへの道

日本柔道の改革、今度は代表選考。
4月の全日本が“対象外”の試合に?

3月13日、全日本柔道連盟は世界選手権の代表選考において、新たな制度を加えることを決めた。夏に行なわれる世界選手権と、年末… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/03/21

<日本記録保持者が語る、未来への提言> 高野進 「日本のスポーツ文化を次のステージへ」 02

 

<日本記録保持者が語る、未来への提言> 高野進 「日本のスポーツ文化を次のステージへ」 02

<日本記録保持者が語る、未来への提言> 高野進 「日本のスポーツ文化を次のステージへ」 01

 

<日本記録保持者が語る、未来への提言> 高野進 「日本のスポーツ文化を次のステージへ」 01

羽生結弦の“美”は国境を越えて――。四大陸選手権で目撃した国際交流。

オリンピックへの道

羽生結弦の“美”は国境を越えて――。
四大陸選手権で目撃した国際交流。

先日、平昌五輪を1年後に控え、テスト大会を兼ねた四大陸選手権が当地の江陵アイスアリーナで行なわれた。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/03/04

高梨沙羅と伊藤有希、最高の前哨戦。超難関の五輪ジャンプ台を攻略!

オリンピックへの道

高梨沙羅と伊藤有希、最高の前哨戦。
超難関の五輪ジャンプ台を攻略!

平昌五輪を約1年後に控え、テストを兼ねたプレ五輪大会が各競技で行なわれており、2月15、16日にはノルディックスキー・ジャンプ… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/02/22

女子カーリング、五輪を巡る大接戦。中部電力とLS北見の別れた明暗。

オリンピックへの道

女子カーリング、五輪を巡る大接戦。
中部電力とLS北見の別れた明暗。

観客席の応援団に手を振ると、選手たちからは笑顔と、そして涙がこぼれた。1月30日に軽井沢アイスパークで開幕したカーリングの… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/02/06

渡辺一平は北島康介の系譜を継ぐか。2分6秒台で世界新、その潜在能力。

オリンピックへの道

渡辺一平は北島康介の系譜を継ぐか。
2分6秒台で世界新、その潜在能力。

衝撃的な記録だった。NHKは速報を打ち、その快挙を伝えた。2分6秒67。1月29日、競泳の東京都選手権男子200m平泳ぎで19歳の渡辺一… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/02/06

「フィギュアスケートに恩返しを」小塚崇彦が語る、新たな出発の決意。

オリンピックへの道

「フィギュアスケートに恩返しを」
小塚崇彦が語る、新たな出発の決意。

昨春、「氷上を去る」という言葉とともに競技生活に終止符を打ち、トヨタ自動車に入社して10カ月。口にした言葉は、強烈な印象を… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/02/01

レスリング界の新星は女子高生!登坂・伊調に挑む須崎&南條。

オリンピックへの道

レスリング界の新星は女子高生!
登坂・伊調に挑む須崎&南條。

2016年のリオデジャネイロ五輪で、実施6階級中、4階級で金メダル、1階級で銀メダルと好成績を残し、世界屈指の強豪国としての存… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/27

四大陸の中心はやっぱり羽生結弦。深みと切れが増す「見せる」の変化。

オリンピックへの道

四大陸の中心はやっぱり羽生結弦。
深みと切れが増す「見せる」の変化。

2月14日、四大陸フィギュアスケート選手権が韓国・江陵アイスアリーナで開幕する。19日の男子フリーまで、連日競技が行なわれる… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/26

18歳以下世界ランクでトップ5独占!卓球女子は伊藤、平野以外も充実。

オリンピックへの道

18歳以下世界ランクでトップ5独占!
卓球女子は伊藤、平野以外も充実。

1月16日から、卓球の全日本選手権が始まる。大会の開幕を前に、思い起こす言葉がある。リオデジャネイロ五輪のあと、団体戦に出… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/11

伊調馨、五輪4連覇の瞬間の思い。「戦うのが怖いと初めて思った」

Number PLAYBACK

伊調馨、五輪4連覇の瞬間の思い。
「戦うのが怖いと初めて思った」

13年ぶりの敗戦、度重なる怪我を乗り越え掴んだ五輪史上初の女子4連覇。だが、試合の自己採点は「5点」。彼女はさらなる高みを目… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/08

挑戦し続ける意志と過程の尊さ。浅田真央と村上佳菜子の未来。

オリンピックへの道

挑戦し続ける意志と過程の尊さ。
浅田真央と村上佳菜子の未来。

2016年12月25日、全日本選手権女子。フリーを終えて、対照的な表情を見せた2人の心根には、相通ずるものがあったかもしれない。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/07

全日本3連覇「狙っていきなさい」。宮原知子がコーチに助言された理由。

オリンピックへの道

全日本3連覇「狙っていきなさい」。
宮原知子がコーチに助言された理由。

2016年の全日本選手権の女子は、宮原知子の優勝で幕を閉じた。これで宮原は同大会3連覇を飾った。 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/06

女子ジャンプは高梨沙羅だけじゃない。今季絶好調、伊藤有希の“五輪観”。

オリンピックへの道

女子ジャンプは高梨沙羅だけじゃない。
今季絶好調、伊藤有希の“五輪観”。

また1つ、階段を上がったのかもしれない。ノルウェー・リレハンメルで開幕したノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカッ… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2017/01/05

2020年へ若き女子柔道家が躍動。グランドスラム東京で光った5人。

オリンピックへの道

2020年へ若き女子柔道家が躍動。
グランドスラム東京で光った5人。

オリンピックシーズンは、五輪後の大会も重要なのである。なぜなら、出場できなかった選手、そして若い世代にとって、次の日本代… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/12/11

「45歳、49歳になっても向上する」葛西紀明が目指す“9回連続”五輪。

オリンピックへの道

「45歳、49歳になっても向上する」
葛西紀明が目指す“9回連続”五輪。

ウインタースポーツが、本格的な開幕の時期を迎えた。スキー・ジャンプも11月24日、フィンランドのルカでワールドカップ開幕戦の… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/11/30

池江璃花子に感じた勢い、心配は……。伊藤華英がアジア選手権で感じた事。

オリンピックPRESS

池江璃花子に感じた勢い、心配は……。
伊藤華英がアジア選手権で感じた事。

11月14日から20日にかけて、アジア水泳選手権が東京で行なわれた。水球、飛込み、シンクロナイズドスイミング、競泳と4競技から… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/11/29

「僕はまだ簡単なことをやっている」羽生結弦がNHK杯で見せた“伸びしろ”。

オリンピックへの道

「僕はまだ簡単なことをやっている」
羽生結弦がNHK杯で見せた“伸びしろ”。

笑顔があった。2日間ともに、演技を終えて引き上げてきたあと、穏やかな表情を浮かべていた。その表情のとおり、羽生結弦は、ス… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2016/11/28

ページトップ