著者プロフィール 

戸塚啓Kei Totsuka

1968年生まれ。'91年から'98年まで『サッカーダイジェスト』編集部に所属。'98年秋よりフリーに。2000年3月より、日本代表の国際Aマッチを199試合連続で取材中(2012年4月現在/'11年11月の北朝鮮戦は除く)。近著に『僕らはつよくなりたい~東北高校野球部、震災の中のセンバツ』(幻冬舎)、『不動の絆~ベガルタ仙台と手倉森監督の思い』(角川書店)がある。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss

スポーツコラム一覧

155件中 1 - 20件を表示
ウルグアイが過ごす「日常」との差。U-20日本、2失点の背後にあるもの。

サッカー日本代表PRESS

ウルグアイが過ごす「日常」との差。
U-20日本、2失点の背後にあるもの。

ゲームには「幅」がある。5月24日に行われたU-20W杯のウルグアイ戦で、日本は0-2で敗れた。0-1の時間帯に迎えた好機を生かして… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/25

ピッチに響く久保建英の甲高い声。U-20でも発揮し始めた中心感。

サッカー日本代表PRESS

ピッチに響く久保建英の甲高い声。
U-20でも発揮し始めた中心感。

5月20日に開幕するU-20ワールドカップで、日本が何かを成し遂げることができたら──。15日に行なわれたホンジュラスとの練習試… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/16

久保建英がJ1でも「できること」。なぜ彼は自分を見失わないのか。

サッカー日本代表PRESS

久保建英がJ1でも「できること」。
なぜ彼は自分を見失わないのか。

FCバルセロナが認めたメイド・イン・ジャパンの才能が、いよいよ世界デビューを果たす。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/09

現役ラガーマンで、教師で大学生。小野澤宏時のデュアルキャリア人生。

ラグビーPRESS

現役ラガーマンで、教師で大学生。
小野澤宏時のデュアルキャリア人生。

現役引退後のセカンドキャリアを意識するのではなく、現役中からデュアルキャリアを生きてきた。ラグビー元日本代表の小野澤宏時… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/04/25

新戦力OK、試合内容OK、でも6連敗。大宮が入り込んだ迷宮の正体は何?

JリーグPRESS

新戦力OK、試合内容OK、でも6連敗。
大宮が入り込んだ迷宮の正体は何?

負のループに陥るというのは、こういうことを言うのかもしれない。大宮アルディージャが苦しんでいる。昨シーズンのJ1リーグでク… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/04/14

浅野拓磨、ドイツ移籍後初の2得点。野心をかき立てる久保裕也の存在。

欧州サッカーPRESS

浅野拓磨、ドイツ移籍後初の2得点。
野心をかき立てる久保裕也の存在。

およそ4カ月ぶりとなる“ジャガーポーズ”を、シュツットガルトの浅野拓磨が披露した。4月9日に行なわれたブンデスリーガ2部のカ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/04/12

押し込まれ、振り回された4-0。タイに苦戦するハリルJの真実。

サッカー日本代表PRESS

押し込まれ、振り回された4-0。
タイに苦戦するハリルJの真実。

ロシアW杯の出場を争うサウジアラビアやオーストラリアの関係者たちが、日本対タイ戦の結果を映像より先に文字で確認したら――… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/03/29

原口が左を守り、久保が右で決める。そして、全ての中心に今野がいた。

サッカー日本代表PRESS

原口が左を守り、久保が右で決める。
そして、全ての中心に今野がいた。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督と彼の仲間たちが、近未来の日本サッカーに輝かしい何かをもたらすとしたら──現地時間2017年3… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/03/24

敵の隙も、味方の隙も、壁の隙間も。俊輔は「空白の瞬間」を見逃さない。

JリーグPRESS

敵の隙も、味方の隙も、壁の隙間も。
俊輔は「空白の瞬間」を見逃さない。

稀代のアーティストは、偉大な労働者でもある。ジュビロ磐田へ移籍した中村俊輔が、自らのゴールでチームを勝利へ導いた。3月11… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/03/13

15歳の久保建英、U-20の中心になる。飛び級懐疑説を封じる完璧なゴール。

サッカー日本代表PRESS

15歳の久保建英、U-20の中心になる。
飛び級懐疑説を封じる完璧なゴール。

鮮明なる解答だった。中学3年生でも、飛び級でも、久保建英はU-20日本代表でやっていける。5月20日開幕のU-20ワールドカップ(W… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/03/10

青山学院が42.195kmを席巻する日。東京マラソン終盤に示した“遺伝子”。

オリンピックPRESS

青山学院が42.195kmを席巻する日。
東京マラソン終盤に示した“遺伝子”。

青山学院大学駅伝チームが、東京マラソンでも存在感を示した。3年生の中村祐紀が、初マラソンで18位に食い込んだのだ。2時間12分… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/03/02

カズはいつだってJを大事にしてきた。50歳の情熱が、日本を前進させる。

JリーグPRESS

カズはいつだってJを大事にしてきた。
50歳の情熱が、日本を前進させる。

目の前に広がる景色を、彼は心に刻んだに違いない。横浜FCに所属するカズこと三浦知良が、また新たな金字塔を打ち立てた。自身が… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/02/27

同じピッチでこそ感じる脅威がある。対戦相手が語る久保建英の“チラ見”。

JリーグPRESS

同じピッチでこそ感じる脅威がある。
対戦相手が語る久保建英の“チラ見”。

分かりやすい結果は残せなかった。実はそれこそが、久保建英が秘めるポテンシャルを示している。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/02/21

2年前のレギュラーがほぼ全滅――。それでも人が集まる湘南スタイル。

JリーグPRESS

2年前のレギュラーがほぼ全滅――。
それでも人が集まる湘南スタイル。

抜かれても、抜かれても、彼らは立ち上がる。2017年のシーズンもまた、湘南ベルマーレは大幅なチームの刷新を強いられた。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/01/24

青学を強くした「筋肉の優先順位」。ひねりは不要、腕立てはしない!?

箱根駅伝PRESS

青学を強くした「筋肉の優先順位」。
ひねりは不要、腕立てはしない!?

記録ずくめの優勝だった。1月2、3日に行なわれた箱根駅伝で、青山学院大が史上6校目の3連覇を達成したのである。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/01/09

日本サッカー界を表す文字は「U」。UNDER、UCHIDA、そしてUPSET。

サッカー日本代表PRESS

日本サッカー界を表す文字は「U」。
UNDER、UCHIDA、そしてUPSET。

2016年の日本サッカー界を、一文字で表すとしたら。世相を示す一文字には「金」が選ばれたが、サッカー界には「U」がふさわしい… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/12/31

買い手市場のJトライアウトでも……。長らくJ1で過ごした3人の男の挑戦。

JリーグPRESS

買い手市場のJトライアウトでも……。
長らくJ1で過ごした3人の男の挑戦。

観客はいない。声援はなく、横断幕もないスタジアムは、初冬の寒さを際立たせる。監督はいない。コーチもいない。戦況を改善する… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/12/14

ファジアーノのDNAが花開いた瞬間。勝ち点差19を覆した「最後の5分」。

JリーグPRESS

ファジアーノのDNAが花開いた瞬間。
勝ち点差19を覆した「最後の5分」。

これは、単なる下剋上ではない。どのチームもできなかったことを、ファジアーノ岡山はやってのけた。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/11/28

J3で目立たなくてもU-19に飛び級。久保建英はまだ全てを出していない。

サッカー日本代表PRESS

J3で目立たなくてもU-19に飛び級。
久保建英はまだ全てを出していない。

驚きを呼ぶ“飛び級”である。今月末からアルゼンチンへ遠征するU-19日本代表のメンバーに、久保建英が招集された。これまでU-16… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/11/27

松本山雅のサッカーは、魂に来る。J1昇格プレーオフの雰囲気やいかに。

JリーグPRESS

松本山雅のサッカーは、魂に来る。
J1昇格プレーオフの雰囲気やいかに。

いやあ、すごい。松本山雅FCのサッカーは、観る者の魂を揺さぶって離さない。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/11/22

1 2 3 4 5 8 NEXT >>

ページトップ