著者プロフィール 

島田明宏Akihiro Shimada

1964(昭和39)年11月2日、札幌市生まれ。早稲田大学政治経済学部中退。'90年から武豊騎手の米国遠征に同行し、「Number」「別冊宝島」「週刊文春」などで競馬の原稿を執筆。著書に『「武豊」の瞬間』('99年、集英社文庫)、『ウオッカ物語』('10年、廣済堂出版)など。『消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡』(白夜書房)で2011年度JRA賞馬事文化賞を受賞。騎手をはじめとする日本のホースマンは自分たちの技術の高さにもっと自信を持つべきだと思っている。スマイルジャック(牡8歳)の男前の顔と首の低い走りに惚れ込んでいる。最新刊は日本競馬の黎明期を描いた歴史小説『虹の断片』(産経新聞出版)。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss

スポーツコラム一覧

195件中 1 - 20件を表示
高松宮記念とドバイでの3GI。佐々木主浩の眼も運も世界クラスだ!

沸騰! 日本サラブ列島

高松宮記念とドバイでの3GI。
佐々木主浩の眼も運も世界クラスだ!

小雨の降るなか行われた第47回高松宮記念(3月26日、中京芝1200m、4歳以上GI)を制したのは、単勝5番人気の伏兵セイウンコウセイ… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2017/03/27

高松宮記念とドバイWCデーの3GI。スプリント王決定戦はサブじゃない!

沸騰! 日本サラブ列島

高松宮記念とドバイWCデーの3GI。
スプリント王決定戦はサブじゃない!

上半期のスプリント王者を決める第47回高松宮記念(3月26日、中京芝1200m、4歳以上GI)。昨年の最優秀短距離馬ミッキーアイルが… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2017/03/25

クラシック戦線で名門復権なるか。サトノアレスが背負う社台の看板。

沸騰! 日本サラブ列島

クラシック戦線で名門復権なるか。
サトノアレスが背負う社台の看板。

クラシックの足音が近づいてきた。牝馬は週明けのフラワーカップ(3月20日、中山芝1800m)、牡馬は今週末の若葉ステークス(3月1… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2017/03/18

父の急死翌日に砂の新王者を戴冠。ゴールドドリームの「すごい瞬発力」。

沸騰! 日本サラブ列島

父の急死翌日に砂の新王者を戴冠。
ゴールドドリームの「すごい瞬発力」。

上半期のダート王を決める第34回フェブラリーステークス(2月19日、東京ダート1600m、4歳以上GI)を制したのは、ミルコ・デムー… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2017/02/20

フェブラリーの本命は4歳か古豪か。崩れないノンコノユメの切れ味に◎。

沸騰! 日本サラブ列島

フェブラリーの本命は4歳か古豪か。
崩れないノンコノユメの切れ味に◎。

今年最初のJRA・GIは、上半期のダート王を決める第34回フェブラリーステークス(2月19日、東京ダート1600m、4歳以上GI)である… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2017/02/18

ディープはサンデーを超えたのか。種牡馬としての万能性と「黄金配合」。

沸騰! 日本サラブ列島

ディープはサンデーを超えたのか。
種牡馬としての万能性と「黄金配合」。

ディープインパクトは、競走馬としてのみならず、種牡馬としても偉大な父サンデーサイレンスを超えてしまうのか。 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2017/01/28

キタサンブラックが年度代表馬に!ディープ以来の「客を呼べる馬」。

沸騰! 日本サラブ列島

キタサンブラックが年度代表馬に!
ディープ以来の「客を呼べる馬」。

サプライズではあったが、納得の結果。2016年度の年度代表馬の選考結果を知り、そう感じた人は多かったのではないか。 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2017/01/13

キタサンが屈したサトノの組織力。凱旋門賞ではチーム日本で勝利を。

沸騰! 日本サラブ列島

キタサンが屈したサトノの組織力。
凱旋門賞ではチーム日本で勝利を。

一年を締めくくるグランプリにふさわしいスターホースが揃った第61回有馬記念(12月25日、中山芝2500m、3歳以上GI)を制したのは… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/12/26

キタサンが流れを作りサトノが追う。有馬記念の直線は真っ向叩き合いか。

沸騰! 日本サラブ列島

キタサンが流れを作りサトノが追う。
有馬記念の直線は真っ向叩き合いか。

年度代表馬決定戦であり、現役最強馬決定戦でもある1年の総決算、第61回有馬記念(12月25日、中山芝2500m、3歳以上GI)のスター… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/12/24

藤沢厩舎、史上初の2歳GI両獲り。朝日杯FSはサトノアレスの完勝劇。

沸騰! 日本サラブ列島

藤沢厩舎、史上初の2歳GI両獲り。
朝日杯FSはサトノアレスの完勝劇。

馬券的には中荒れとなったが、JRA賞のタイトル争いにおいては、今年も至極順当に最優秀2歳牡馬が決定しそうだ。 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/12/19

朝日杯が「2歳女王決定戦」になる!?ミスエルテがフランケル時代を創る。

沸騰! 日本サラブ列島

朝日杯が「2歳女王決定戦」になる!?
ミスエルテがフランケル時代を創る。

2歳王者を決める第68回朝日杯フューチュリティステークス(12月18日、阪神芝外回り1600m、3歳GI)が近づいてきた。と、例年なら… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/12/17

危ない瞬間が全くなかったモーリス。花道を香港カップで飾り、堂々引退。

沸騰! 日本サラブ列島

危ない瞬間が全くなかったモーリス。
花道を香港カップで飾り、堂々引退。

慌ただしくも、楽しい一日だった。日本にいながらにして国内外5つのGIレースを買うことができた12月11日、香港では日本馬が2勝し… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/12/12

史上初、5つのGIの馬券が買える日。香港ではムーアが4冠の可能性も。

沸騰! 日本サラブ列島

史上初、5つのGIの馬券が買える日。
香港ではムーアが4冠の可能性も。

今週末は、日本馬が出走する5つのGIレースの馬券を買うことができる。香港国際競走4レースと、2歳女王を決める阪神ジュベナイル… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/12/10

ダートの新王者はサウンドトゥルー!追い込み一辺倒が「必殺の形」。

沸騰! 日本サラブ列島

ダートの新王者はサウンドトゥルー!
追い込み一辺倒が「必殺の形」。

下半期のダート王を決める第17回チャンピオンズカップ(12月4日、中京ダート1800m、3歳以上GI)を制したのは、大野拓弥が騎乗す… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/12/05

2週連続で武豊戴冠の可能性は大!砂の王者最右翼はアウォーディー。

沸騰! 日本サラブ列島

2週連続で武豊戴冠の可能性は大!
砂の王者最右翼はアウォーディー。

名手による2週連続GI制覇か。3歳馬の勢いか。それとも、春の砂王が意地を見せるのか。秋のダート王者を決める第17回チャンピオン… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/12/03

芸術的な共同作業でJC完全勝利。武豊+キタサンに漂ってきた無敵感。

沸騰! 日本サラブ列島

芸術的な共同作業でJC完全勝利。
武豊+キタサンに漂ってきた無敵感。

まーつりだ、まつりだ、まつりだ、キタサンまーつり。これが日本の、これが競馬の、まつりーだよー♪暮れなずむ東京競馬場に、北… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/11/28

ジャパンカップは爆発力>安定性。ディーマジェの沈む走りが復活する。

沸騰! 日本サラブ列島

ジャパンカップは爆発力>安定性。
ディーマジェの沈む走りが復活する。

「世界に通用する強い馬づくり」を合言葉に創設された国際招待レースのジャパンカップ(11月27日、東京芝2400m、3歳以上GI)は… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/11/26

浜中俊よ、なぜ右鞭を連打した。斜行で長期騎乗停止も降着なし。

沸騰! 日本サラブ列島

浜中俊よ、なぜ右鞭を連打した。
斜行で長期騎乗停止も降着なし。

主役不在の大混戦となった第33回マイルチャンピオンシップ(11月20日、京都芝外回り1600m、3歳以上GI)を制したのは、浜中俊が騎… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/11/21

モーリス不在で上位拮抗の大混戦。混戦のマイルCSはロードに一発が?

沸騰! 日本サラブ列島

モーリス不在で上位拮抗の大混戦。
混戦のマイルCSはロードに一発が?

絶対王者モーリスがいない第33回マイルチャンピオンシップ(11月20日、京都芝外回り1600m、3歳以上GI)は、上位拮抗の大混戦になり… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/11/19

重賞で今年5度目のワンツー決着。エリ女もやはりデムーロとルメール。

沸騰! 日本サラブ列島

重賞で今年5度目のワンツー決着。
エリ女もやはりデムーロとルメール。

3歳と古馬の「統一女王」を決める第41回エリザベス女王杯(11月13日、京都芝外回り2200m、3歳以上牝馬GI)を制したのは、ミルコ… 続きを読む

島田明宏Akihiro Shimada

2016/11/14

ページトップ