著者プロフィール 

井上崇宏Takahiro Inoue

1972年1月21日、岡山県生まれ。『KAMINOGE』編集長。株式会社ローデスでの修業時代を経て、2006年に編集プロダクション・ペールワンズを設立。以降、同代表として雑誌編集に携わっている。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss

スポーツコラム一覧

23件中 1 - 20件を表示
WWE中邑真輔の“ホーム”は何処だ?プロレス人生、旅から旅の連続ドラマ。

プロレスのじかん

WWE中邑真輔の“ホーム”は何処だ?
プロレス人生、旅から旅の連続ドラマ。

今年6月に入って立て続けに3件もの悲劇に見舞われた地、アメリカ・フロリダ州オーランド。ある日は、女性シンガーがコンサート終… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/07/15

ノアファンが否定し続ける潮崎豪。そんな男が握る、沈みゆく団体の命運。

プロレスのじかん

ノアファンが否定し続ける潮崎豪。
そんな男が握る、沈みゆく団体の命運。

共通の敵を作り、大衆を団結させよ。そして大衆を熱狂させたまま置け。考える間を与えるな。 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/05/26

IWGPジュニア王者KUSHIDAは、なぜ“ナイフ”を研ぎ続けるのか?

プロレスのじかん

IWGPジュニア王者KUSHIDAは、
なぜ“ナイフ”を研ぎ続けるのか?

現IWGPジュニアヘビー級王者であるKUSHIDAは、新日本ジュニア、ひいては世界のジュニアヘビーシーンのニューリーダー的な存在だ… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/05/02

今度はベルトが俺を追いかける。新IWGP王者、内藤哲也の生き方。

プロレスのじかん

今度はベルトが俺を追いかける。
新IWGP王者、内藤哲也の生き方。

内藤哲也が少年時代から抱いていた新日本プロレスのレスラーになるという夢。ずっと新日本に憧れ続け、ついにその夢を叶えたデビ… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/04/19

“耐死仕様”の破天荒なプロレス!帰ってきた飯伏幸太の物語は続く。

プロレスのじかん

“耐死仕様”の破天荒なプロレス!
帰ってきた飯伏幸太の物語は続く。

昔、映画監督のクエンティン・タランティーノが車を買い替えようとしたとき、「安全重視でボルボにしようと思ってる」と友人の俳… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/04/08

崩れ落ちた飯伏幸太が怪しい復活。「プロレス研究所」ってなんだ?

プロレスのじかん

崩れ落ちた飯伏幸太が怪しい復活。
「プロレス研究所」ってなんだ?

いま思えば、最初から無理だったようだ。だけど、前人未到のことだったから、やってみないとわからなかった。飯伏幸太の、DDTと… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/02/26

ベルトを巻かない王者・柴田勝頼。限りあるプロレスラー人生を思う。

プロレスのじかん

ベルトを巻かない王者・柴田勝頼。
限りあるプロレスラー人生を思う。

「あの日、中邑と話したこと? 言わないほうがいいでしょう」1月30日、後楽園ホールでのラストマッチを最後に、新日本プロレス… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/02/16

中邑真輔、万感の新日本ラストマッチ!そこではいろんなドラマが起きていた!!

プロレスのじかん

中邑真輔、万感の新日本ラストマッチ!
そこではいろんなドラマが起きていた!!

お別れは突然やってきて、すぐに済んでしまった。1月30日、後楽園ホールで中邑真輔が新日本プロレス最後の試合を行なった。 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/02/02

同期の中邑とは生き様が違う。後藤洋央紀の意地と怒りが見たい!

プロレスのじかん

同期の中邑とは生き様が違う。
後藤洋央紀の意地と怒りが見たい!

「1月4日の飯伏(幸太)戦に始まり、G1でオカダ(・カズチカ)と棚橋(弘至)さんとやって、カール・アンダーソンとやって、同期… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/01/27

プロレス話が嫌いなプロレスラーの話。長州力は、いつか“消える”──。

プロレスのじかん

プロレス話が嫌いなプロレスラーの話。
長州力は、いつか“消える”──。

尾山台のファミレス。その日、長州力は姿を現わしたときからすでに不機嫌だった。 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/01/16

オカダが勝ち中邑はWWEの“世界”へ。そして棚橋が言葉を失った1・4。

プロレスのじかん

オカダが勝ち中邑はWWEの“世界”へ。
そして棚橋が言葉を失った1・4。

棚橋弘至は、すべてのレスラーがライバルだと考えているが、その関係性は「すべて自分が軸である」とも捉えている。 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2016/01/08

6年連続1.4のメインを務める男、新日エース・棚橋弘至は一体何者か!?

プロレスのじかん

6年連続1.4のメインを務める男、
新日エース・棚橋弘至は一体何者か!?

彼とは、同じ年の同じ日に、新日本プロレスの入門テストを受けた。そのテストの中で行なわれた、スパーリングの相手も彼だった。… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/12/25

世界が注目する1.4AJスタイルズ戦!中邑真輔は、ありのままの姿で闘う。

プロレスのじかん

世界が注目する1.4AJスタイルズ戦!
中邑真輔は、ありのままの姿で闘う。

2015年、中邑真輔はしょっぱなでいきなり燃え尽きた。1月4日、東京ドームでIWGPインターコンチネンタル選手権試合として行なわれ… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/12/17

誰も見たことない光景を見せてやる!鈴木みのるvs.ノア、衝撃の結末へ。

プロレスのじかん

誰も見たことない光景を見せてやる!
鈴木みのるvs.ノア、衝撃の結末へ。

2015年、鈴木みのるはプロレスリング・ノアという“伝統”のリングで「新たなる旅の年」を過ごしてきた。鈴木軍という大勢の仲間… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/12/08

オカダ・カズチカ、天龍戦の告白。不変のプロレス魂。

プロレスのじかん

オカダ・カズチカ、天龍戦の告白。
不変のプロレス魂。

最後の相手にオカダを指名したっていうのは、とても源ちゃんらしいなと思いましたね。 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/11/24

最後までプロレスは“辛口”で――。天龍源一郎、堂々たる革命の終焉。

プロレスのじかん

最後までプロレスは“辛口”で――。
天龍源一郎、堂々たる革命の終焉。

「(今後については)何も考えていないですよ。答えがあるとしたら……ビールでも飲みますか」ついさっき、現役生活に終止符を打… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/11/17

全日本プロの全遺伝子を継ぐ男。丸藤正道がノア復興にかける覚悟。

プロレスのじかん

全日本プロの全遺伝子を継ぐ男。
丸藤正道がノア復興にかける覚悟。

プロレスラーになってから一度も“後悔”というものをしたことがない。こんなはずじゃなかったとは思わないし、思いたくもない。 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/11/03

全人格をさらけ出して戦う内藤哲也。ついに覚醒した“絶対音感”の男。

プロレスのじかん

全人格をさらけ出して戦う内藤哲也。
ついに覚醒した“絶対音感”の男。

音程がズレることを「音痴」という。この音痴、すなわち音程がしっかり取れないメカニズムには、大きく分けて「運動性による音痴… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/10/20

どこまでも生意気なままで……。柴田勝頼、黒ショートタイツの心。

プロレスのじかん

どこまでも生意気なままで……。
柴田勝頼、黒ショートタイツの心。

黒いショートタイツに、黒のレガースという“昭和”の佇まい。そのシンプルないで立ちは、現在の華やかな新日本のリングでひとり… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/10/02

オカダ・カズチカは本当に現代的か?天龍源一郎と通底する“プロレス観”。

プロレスのじかん

オカダ・カズチカは本当に現代的か?
天龍源一郎と通底する“プロレス観”。

かつて「“記憶”には勝てねえんだよ」と言ったのは武藤敬司だ。一番最初に目に触れたもの、あるいは少年時代に感化されたものは… 続きを読む

井上崇宏Takahiro Inoue

2015/09/15

ページトップ