著者プロフィール 

プチ鹿島Petit Kashima

1970年5月23日、長野県生まれ。スポーツからカルチャー、政治まで幅広いジャンルにツッコミをいれる「時事芸人」。著書に「教養としてのプロレス」、「東京ポッド許可局」など。オフィス北野所属。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss

スポーツコラム一覧

32件中 1 - 20件を表示
'82年組、節分、富美加、金正男……。プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

'82年組、節分、富美加、金正男……。
プチ鹿島、2月のスポーツ新聞時評。

「神ってる」は去年の流行語大賞ですが、今月のスポーツ新聞で「神がかってる」と思えたのが次の記事。『デビュー35年 「花の82… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/02/28

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

稀勢の里の横綱昇進でブレる初場所。
プチ鹿島、1月のスポーツ新聞時評。

稀勢の里の初優勝に沸いた大相撲初場所。一方で、横綱昇進決定の過程は「横綱審議委員会ってなんなの?」とも思わせた一件でもあ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/02/01

「神ってる」は本当に流行ってる?プチ鹿島、12月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

「神ってる」は本当に流行ってる?
プチ鹿島、12月のスポーツ新聞時評。

スポーツ新聞の魅力とは何か?それは「大仰さ」であると思う。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/12/28

プチ鹿島“まさか”の11月見出し大賞。サンスポ「TRUMPで勝つ ハリル日本」。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島“まさか”の11月見出し大賞。
サンスポ「TRUMPで勝つ ハリル日本」。

今年は「まさか」の年。SMAPだ、清原だ、「こち亀」連載終了だ、といろいろあったけど、「まさか」のクライマックスが今月ついに… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/11/30

山口俊&森福獲り、大田放出……。由伸巨人のストーブリーグを観察!

2016年の高橋由伸

山口俊&森福獲り、大田放出……。
由伸巨人のストーブリーグを観察!

日本シリーズが終わると、球界は「ストーブリーグ」に突入する。スポーツ新聞などを読みながら、来年の戦力補強や構想に勝手に思… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/11/16

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。
プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。

盛り上がった日本シリーズ。スポーツ新聞で「活字野球」を味わうのも魅力のひとつだ。それでいくと第5戦。日ハム・西川遥輝のサ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/11/01

CSでの死闘は希望なのか絶望なのか?高橋・巨人に奇跡を願った、この1年。

2016年の高橋由伸

CSでの死闘は希望なのか絶望なのか?
高橋・巨人に奇跡を願った、この1年。

あれは2012年のドラフト会議だったか。阪神タイガースの和田豊監督が藤浪晋太郎の当たりクジを引いて世は騒然となった。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/10/14

大谷翔平をどう語れば良いのか!?プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

大谷翔平をどう語れば良いのか!?
プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

大谷翔平のことを語れば語るほど言葉の無力を感じてしまう。「天才」「ヒーロー」「奇跡」「伝説」――。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/09/30

カープの躍進を見て由伸巨人に思う。“観客を楽しませる”意識はあるか?

2016年の高橋由伸

カープの躍進を見て由伸巨人に思う。
“観客を楽しませる”意識はあるか?

8月末、ナゴヤドームで「中日ドラゴンズvs.広島カープ」の試合を観た。試合は延長戦で爆発したカープの勝ち。びっくりしてしまっ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/09/18

盆と正月がいっぺんにやってきた?プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

盆と正月がいっぺんにやってきた?
プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

「盆と正月がいっぺんにやってきた」という言葉がある。8月のスポーツ新聞はまさにそうだった。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/09/01

7月反攻。映画『シン・ゴジラ』に、高橋由伸監督の姿を見た。

2016年の高橋由伸

7月反攻。映画『シン・ゴジラ』に、
高橋由伸監督の姿を見た。

映画『シン・ゴジラ』(総監督・庵野秀明)が大ヒットしている。いま、「巨大不明生物」が東京湾に姿をあらわしたらどうなるのか… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/08/15

プチ鹿島、7月のスポーツ新聞時評。都知事選をスポーツ紙で読み解く。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、7月のスポーツ新聞時評。
都知事選をスポーツ紙で読み解く。

7月31日におこなわれた東京都知事選。舛添都知事の辞任後に「知名度優先の人気投票のような都知事選はもういい」という意見があ… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/08/01

「長嶋茂雄=高橋由伸」説は本当?監督初年度は最下位&カープの優勝。

2016年の高橋由伸

「長嶋茂雄=高橋由伸」説は本当?
監督初年度は最下位&カープの優勝。

お家の事情から、2016年の巨人監督を急遽務めることとなった高橋由伸。この青年監督に一体どんな日々が待ち受けるのか、どう振る… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/07/19

プチ鹿島、6月のスポーツ新聞時評。「神ってる」「アモーレ」流行語続々!

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、6月のスポーツ新聞時評。
「神ってる」「アモーレ」流行語続々!

プロ野球の交流戦が終了し、リーグ戦再開(6月24日)までに数日間の空白があった。こういうとき、1面に何を書くかで各スポーツ新… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/07/01

“史上最弱説”も飛び出す失速の巨人。大御所OBの怒りの矛先がヨシノブに!

2016年の高橋由伸

“史上最弱説”も飛び出す失速の巨人。
大御所OBの怒りの矛先がヨシノブに!

開幕直前、第1回目のコラムで私はこう書いた。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/06/15

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。
プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

なんと言っても今月はプロ野球のコリジョンルール(衝突回避ルール)だろう。簡単にいうと「本塁での危険なクロスプレー禁止」の… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/05/31

「男」を捨てて「さん」を選んだ!?巨人・村田修一にG馬場の面影を見る。

2016年の高橋由伸

「男」を捨てて「さん」を選んだ!?
巨人・村田修一にG馬場の面影を見る。

ペナントレースの何が面白いって、開幕前の予想がひっくり返されることである。チーム順位もそうだが、個人も。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/05/17

プチ鹿島、4月のスポーツ新聞時評。阪神高山、DeNA今永、そして熊本地震。

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、4月のスポーツ新聞時評。
阪神高山、DeNA今永、そして熊本地震。

そもそもスポーツ新聞とは何だろう。「白なのに黒だとは書かない。負けたのに勝ったとは書かないし、打ってもないのに打ったとは… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/05/02

巨人ファンはつらいよ――の理由。高橋由伸監督を襲う試練と首位攻防。

2016年の高橋由伸

巨人ファンはつらいよ――の理由。
高橋由伸監督を襲う試練と首位攻防。

巨人ファンとはツラい立場である。は? おまえ何を言っているんだというあなた、まず聞いてほしい。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/04/19

プチ鹿島、3月のスポーツ新聞時評。「野球だけ」の明るい記事が読みたい!

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、3月のスポーツ新聞時評。
「野球だけ」の明るい記事が読みたい!

今月は「なでしこジャパン」をめぐる報道から。アジア最終予選でふるわず、リオ五輪出場を逃した。 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/03/30

ページトップ