平昌オリンピック・パラリンピック2018 PyeongChang 2018 Olympic Paralympic Games

ロシアワールドカップ2018 

日本の特産品“トップ下”が消える?本田・香川が外れた戦術的な意味。

オフサイド・トリップ

日本の特産品“トップ下”が消える?
本田・香川が外れた戦術的な意味。

「もちろん私はどちらのチームもリスペクトするが、何かをトライしに行きたい」ダークスーツに身を包んだハリルホジッチ監督が、… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/11/04

これがハリルの考える“現ベスト”だ。3人選外でも、長谷部誠は外せない。

サッカー日本代表PRESS

これがハリルの考える“現ベスト”だ。
3人選外でも、長谷部誠は外せない。

「本田、岡崎、香川……」「はい、ちょっとびっくりですね。この3人がそろって代表に呼ばれなかったことは記憶にないですから」 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/11/01

小林祐希=ファシリテーター説。名波の教えと、忘れられない日付。

サムライブルーの原材料

小林祐希=ファシリテーター説。
名波の教えと、忘れられない日付。

ビジネス用語にファシリテーターという言葉がある。簡単に言えば会議における進行役、調整役。自分で意見して先導するのではなく… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/10/17

福西崇史が語る現代サッカーMF像。日本の“中盤3枚”に欲しい能力って?

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史が語る現代サッカーMF像。
日本の“中盤3枚”に欲しい能力って?

今回のAマッチウィークは日本代表のテストマッチ2試合、そしてロシアW杯南米予選のアルゼンチン戦などをチェックしました。日本… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2017/10/16

ピケに「お前の国はスペインだ!」カタルーニャと代表、漏らした本音。

スペインサッカー、美学と不条理

ピケに「お前の国はスペインだ!」
カタルーニャと代表、漏らした本音。

10月1日に行われた独立の是非を問う住民投票にて、カタルーニャではスペイン政府が送り込んだ警察隊が投票所を占拠する市民の立… 続きを読む

工藤拓Taku Kudo

2017/10/15

日本はハイチに恥をかかされた。スタメン組の実力を再確認した試合。

サッカー日本代表PRESS

日本はハイチに恥をかかされた。
スタメン組の実力を再確認した試合。

一刀両断するのは簡単である。10月10日に日本代表が対峙したハイチは、ロシアW杯の北中米カリブ海地区予選ですでに敗退している… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/10/11

NZ戦で見えた“また試したい選手”。小林祐のリズム、武藤と大迫の関係。

サッカー日本代表PRESS

NZ戦で見えた“また試したい選手”。
小林祐のリズム、武藤と大迫の関係。

ニュージーランドともう一度対戦したら、また勝てるだろうか。10月6日のようにテストの要素を含んだメンバーで挑んだら、同じよ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/10/07

ボランチ、CB、そして4バックの右。万能・遠藤航をハリルはどう使う?

サッカー日本代表PRESS

ボランチ、CB、そして4バックの右。
万能・遠藤航をハリルはどう使う?

試行錯誤の続いてきた浦和レッズの中で、大きな発見と言えるものが生まれたのかもしれない。 続きを読む

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

2017/10/06

主役は「呼ばれても出てない選手」?ハリルの選考は何に期待したものか。

サッカー日本代表PRESS

主役は「呼ばれても出てない選手」?
ハリルの選考は何に期待したものか。

「10月の親善試合(6日ニュージーランド代表戦、豊田スタジアム、10日ハイチ代表戦、日産スタジアム)に臨む日本代表メンバーが… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/09/29

誰を呼ぶかよりも、どこに呼ぶか。ハリル10月招集の優先順位は?

サッカー日本代表PRESS

誰を呼ぶかよりも、どこに呼ぶか。
ハリル10月招集の優先順位は?

注目すべきは誰を呼ぶのかではなく、どのポジションに誰を呼ぶのか、である。10月にニュージーランド、ハイチとのテストマッチを… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/09/28

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

“ユース教授”のサッカージャーナル

齋藤学のマリノス愛を見た9年前。
ロシアW杯、海外移籍は諦めない。

横浜F・マリノスMF齋藤学、右膝前十字靭帯損傷で全治8カ月――。9月26日に衝撃的なニュースが流れた。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/09/27

ロシアW杯で優勝するのは仏代表だ!最強軍団を率いる監督デシャンの苦悩。

フランス・フットボール通信

ロシアW杯で優勝するのは仏代表だ!
最強軍団を率いる監督デシャンの苦悩。

この夏、1億8000万ユーロ(来季完全移籍の場合)でモナコからパリ・サンジェルマンに移籍したキリアン・ムバッペ(18歳)をはじ… 続きを読む

パトリック・ウルビニPatrick Urbini

2017/09/21

吉田麻也を正当に評価してもらう。戸田和幸「日本人CBで総合力No.1」

欧州サッカーPRESS

吉田麻也を正当に評価してもらう。
戸田和幸「日本人CBで総合力No.1」

ロシアW杯最終予選の日本代表、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合ごとに陣容を入れ替える采配を見せた。その中で唯一フルタ… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2017/09/18

豪州担当スカウトが見た大迫の価値。「彼の1トップで日本は変わった」

ワインとシエスタとフットボールと

豪州担当スカウトが見た大迫の価値。
「彼の1トップで日本は変わった」

ロシアワールドカップ・アジア最終予選を通してオーストラリア代表のスカウティングを担当し、日本代表を観察し続けてきた今矢直… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2017/09/17

“ケンカ番長”井手口陽介の成長記。遠藤のパス、今野の動きを盗んで。

話が終わったらボールを蹴ろう

“ケンカ番長”井手口陽介の成長記。
遠藤のパス、今野の動きを盗んで。

「あいつ、すげぇな」オーストラリア戦の帰り、ファンやサポーターが井手口陽介のことをそう口々に語っていた。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/09/13

日本がW杯8強以上を狙うために。今の武器はまだリアリズムなのだ。

サッカー日本代表PRESS

日本がW杯8強以上を狙うために。
今の武器はまだリアリズムなのだ。

出だしに躓いて、最後に成功を収める──。フットボールにはそうした事例がいくつかある。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/09/10

オーストラリア側から見た日本戦。「10回やったら6回か7回は……」

オフサイド・トリップ

オーストラリア側から見た日本戦。
「10回やったら6回か7回は……」

日本がロシアW杯出場を決めたオーストラリア戦。日本の視点では「快勝」に見えたこの試合、オーストラリアの視点で見ると、どん… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/09/10

高萩洋次郎が味わった敗北感と情熱。「このままじゃ代表では戦えない」

ミックスゾーンの行間

高萩洋次郎が味わった敗北感と情熱。
「このままじゃ代表では戦えない」

灼熱のサウジアラビアでの戦い。その30時間後、朝の東京・小平のグラウンドに、高萩洋次郎がいた。時差と長旅移動も何のその。前… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/09/09

吉田麻也とエディー・ジョーンズ。意外な2人の親密で敬意ある関係。

Number Ex

吉田麻也とエディー・ジョーンズ。
意外な2人の親密で敬意ある関係。

出会いは、突然訪れた。1年前、サウサンプトンの練習場にテレビや本で見慣れた人物の姿がある。吉田麻也はすかさず駆け寄って、… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2017/09/08

韓国のしらけた9大会連続W杯決定。最終予選の歩み、日本との違いって?

海外サッカーPRESS

韓国のしらけた9大会連続W杯決定。
最終予選の歩み、日本との違いって?

5日、韓国が辛くも9回連続のW杯出場を決めた。アジア最終予選最終節ウズベキスタン戦(アウェー)で0-0のドロー。8月31日のイラ… 続きを読む

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

2017/09/08

ページトップ