U-20W杯 関連コラム 

主力が軒並み不在で、調子も全然。イタリアとはいえ、U-20は勝てる!

セリエA ダイレクト・レポート

主力が軒並み不在で、調子も全然。
イタリアとはいえ、U-20は勝てる!

未知の敵に挑む場合、相手を侮ることは禁物だが、警戒しすぎて萎縮する必要はない。それが伝統国イタリアであっても、だ。 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

2017/05/27

“久保建英と交代する男”からエースへ!イタリア戦、岩崎悠人が爆発する根拠。

“ユース教授”のサッカージャーナル

“久保建英と交代する男”からエースへ!
イタリア戦、岩崎悠人が爆発する根拠。

U-20W杯を戦う日本代表に激震が走った。グループリーグ初戦の南アフリカ戦で2-1の逆転勝利という、最高のスタートを切った日本… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/26

ウルグアイが過ごす「日常」との差。U-20日本、2失点の背後にあるもの。

サッカー日本代表PRESS

ウルグアイが過ごす「日常」との差。
U-20日本、2失点の背後にあるもの。

ゲームには「幅」がある。5月24日に行われたU-20W杯のウルグアイ戦で、日本は0-2で敗れた。0-1の時間帯に迎えた好機を生かして… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/25

3番手4番手の男が一気にスタメンへ!板倉滉が掴んだU-20W杯での居場所。

“ユース教授”のサッカージャーナル

3番手4番手の男が一気にスタメンへ!
板倉滉が掴んだU-20W杯での居場所。

板倉滉(こう)は日本サッカー界のメインストリームを歩んできた訳ではなかった。「三好康児の陰の存在」川崎フロンターレの下部… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/23

育成年代ゆえの粗さと勝負の丁寧さ。日本がW杯初戦で見せた2つの顔。

ミックスゾーンの行間

育成年代ゆえの粗さと勝負の丁寧さ。
日本がW杯初戦で見せた2つの顔。

粗雑さと丁寧さが、入れ替わるようにピッチに表れていった。粗いプレーの連続は自ずとピンチを招き、自分たちのゴール前を何度も… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/05/22

U-20のGK山口瑠伊って、誰?日仏での文武両道サッカー人生。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20のGK山口瑠伊って、誰?
日仏での文武両道サッカー人生。

5月21日にU-20W杯の初戦・南アフリカ戦を迎えるU-20日本代表。選ばれし21名のメンバーは多士済々と言えるが、1人だけ「この選手… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/21

内田篤人「意外にできるじゃんって」10年前のU-20W杯と、今大会を語る。

サッカー日本代表PRESS

内田篤人「意外にできるじゃんって」
10年前のU-20W杯と、今大会を語る。

間もなく韓国で開幕するU-20ワールドカップに、日本代表が10年ぶりに出場する。日本が最後にこの大会に出場したのは'07年カナダ… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2017/05/20

U-20W杯で「黄金世代を超えたい」。初瀬、小川、堂安それぞれの野心。

話が終わったらボールを蹴ろう

U-20W杯で「黄金世代を超えたい」。
初瀬、小川、堂安それぞれの野心。

いよいよU-20W杯が始まる。日本にとって10年ぶりの参戦、さらに久保建英が飛び級でメンバー入りするなど話題と期待が大きく膨ら… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/05/20

福西崇史、久保以外のU-20注目点。エース小川、中盤、磐田流の指揮官。

福西崇史の「考えるサッカー」

福西崇史、久保以外のU-20注目点。
エース小川、中盤、磐田流の指揮官。

U-20W杯が目前に近づいていく中で、大会に臨む日本代表とジュビロが戦ったトレーニングマッチを見てきました。選手たちとも話を… 続きを読む

福西崇史Takashi Fukunishi

2017/05/19

「単なるスーパーサブじゃない」U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「単なるスーパーサブじゃない」
U-20最強のドリブラー、遠藤渓太。

ドリブルを得意とし、サイドからガンガン突破を仕掛けていくタイプの選手は、試合の流れを一気に変える存在として、チームのスー… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/18

「タイミングがズレる」U-20の不安。必要なのは、サッカーを楽しむ自信。

話が終わったらボールを蹴ろう

「タイミングがズレる」U-20の不安。
必要なのは、サッカーを楽しむ自信。

「合宿の練習でやったことができたのは50%ぐらいかな」U-20W杯の大会前キャンプの締めとなる練習試合のホンジュラス戦後、堂安… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/05/17

ピッチに響く久保建英の甲高い声。U-20でも発揮し始めた中心感。

サッカー日本代表PRESS

ピッチに響く久保建英の甲高い声。
U-20でも発揮し始めた中心感。

5月20日に開幕するU-20ワールドカップで、日本が何かを成し遂げることができたら──。15日に行なわれたホンジュラスとの練習試… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/16

洗練されたサッカー小僧・堂安律。U-20W杯、ドリブルよりシンプルに。

“ユース教授”のサッカージャーナル

洗練されたサッカー小僧・堂安律。
U-20W杯、ドリブルよりシンプルに。

堂安律の進化が止まらない。今の彼のプレーは昔と違い、より洗練され、ゴール前での存在感自体が脅威となっている。 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/15

名波監督「高原、柳沢、城より……」英才教育の小川航基が持つ才能。

“ユース教授”のサッカージャーナル

名波監督「高原、柳沢、城より……」
英才教育の小川航基が持つ才能。

「あいつはね、高級な魚だよ」5月10日行われたルヴァンカップ・清水vs.磐田の静岡ダービーの試合後。記者会見を終え、引き上げる… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/12

J1即スタメン、原輝綺18歳の苦悩。強すぎる使命感をU-20で忘れろ!

“ユース教授”のサッカージャーナル

J1即スタメン、原輝綺18歳の苦悩。
強すぎる使命感をU-20で忘れろ!

5月7日、新潟に激震が走った。クラブからチームを指揮する三浦文丈監督の突然の休養が発表され、当座は片渕浩一郎コーチが監督代… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/10

久保建英がJ1でも「できること」。なぜ彼は自分を見失わないのか。

サッカー日本代表PRESS

久保建英がJ1でも「できること」。
なぜ彼は自分を見失わないのか。

FCバルセロナが認めたメイド・イン・ジャパンの才能が、いよいよ世界デビューを果たす。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/09

ガンバ堂安律、走るようになった!U-20W杯で主役を張れる根拠と自信。

話が終わったらボールを蹴ろう

ガンバ堂安律、走るようになった!
U-20W杯で主役を張れる根拠と自信。

堂安律が調子を上げてきている。4月30日の横浜F・マリノス戦では、後半19分、左サイドの藤春廣輝が出したグラウンダーのパスをニ… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/05/02

磐田で控え、世代別代表ではエース。小川航基は前園、清武級になれるか。

話が終わったらボールを蹴ろう

磐田で控え、世代別代表ではエース。
小川航基は前園、清武級になれるか。

日本の「エース」を名乗るのにふさわしい回答だった。小川航基(磐田)は、U-20日本代表候補合宿最終日の千葉との練習試合(30分… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/04/22

市船、Jリーグ、代表でもライバル。杉岡大暉と原輝綺、18歳の物語。

“ユース教授”のサッカージャーナル

市船、Jリーグ、代表でもライバル。
杉岡大暉と原輝綺、18歳の物語。

今季、市立船橋から湘南ベルマーレに加入し、いきなり開幕スタメンフル出場を飾った。 ホーム開幕戦となった第2節の群馬戦では… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/03/15

15歳の久保建英、U-20の中心になる。飛び級懐疑説を封じる完璧なゴール。

サッカー日本代表PRESS

15歳の久保建英、U-20の中心になる。
飛び級懐疑説を封じる完璧なゴール。

鮮明なる解答だった。中学3年生でも、飛び級でも、久保建英はU-20日本代表でやっていける。5月20日開幕のU-20ワールドカップ(W… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/03/10

ページトップ