長谷部誠 スポーツ名言
長谷部誠 雑誌表紙

長谷部誠 

178件中 81 - 100件を表示
「日本スタイル」は攻撃だけじゃない。4年前の“勝利への執念”を思い出せ。

ブラジルW杯通信

「日本スタイル」は攻撃だけじゃない。
4年前の“勝利への執念”を思い出せ。

たった1度の絶好機だった。 前半39分、遠藤保仁からのパスを右サイドで受けた松井大輔が、1つフェイントを入れてあげたクロスボ… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2014/06/14

コートジボワール対策は完璧?日本の未来を掴むW杯が遂に始まる。

ブラジルW杯通信

コートジボワール対策は完璧?
日本の未来を掴むW杯が遂に始まる。

アルベルト・ザッケローニ監督が5月12日に23人のメンバーを発表してから1カ月。日本代表は指宿でのフィジカルトレーニング、米フ… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2014/06/13

ザンビア戦は“敗戦に近い”逆転勝利。本田、吉田、ザック……漂う危機感。

ブラジルW杯通信

ザンビア戦は“敗戦に近い”逆転勝利。
本田、吉田、ザック……漂う危機感。

米国最後の夜はW杯グループリーグ初戦のコートジボワール戦に大きな不安を残すものとなってしまった。6月6日、“仮想コートジボ… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2014/06/07

“スペア”という立場を受け入れて。伊野波雅彦、競争心よりも平常心。

ブラジルW杯通信

“スペア”という立場を受け入れて。
伊野波雅彦、競争心よりも平常心。

右サイドバックの内田篤人、センターバックの吉田麻也、ボランチの長谷部誠など、怪我による長期離脱組の復帰に注目が集まる日本… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2014/06/06

コスタリカを後半3点で逆転した日本。「走らせる」スタイルはW杯で通じるか。

日本代表、2014年ブラジルへ

コスタリカを後半3点で逆転した日本。
「走らせる」スタイルはW杯で通じるか。

涼しい風がタンパのピッチを気持ち良く揺らしていた。ブラジルW杯に出場するコスタリカとの6月2日のトレーニングマッチ。前半は0… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2014/06/03

キプロス戦、ザックは相当不満足!?長谷部誠が語った1-0の光と影。

日本代表、2014年ブラジルへ

キプロス戦、ザックは相当不満足!?
長谷部誠が語った1-0の光と影。

5月27日、キプロス戦後に用意された壮行セレモニー。一列に並んだザックジャパンの面々に対して、埼玉スタジアムに集まった6万人… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2014/05/28

キプロス戦へ、そして大一番のW杯へ。日本代表・鹿児島合宿密着レポート。

メルマガNumberセレクション

キプロス戦へ、そして大一番のW杯へ。
日本代表・鹿児島合宿密着レポート。

2月に新スタートした有料メールマガジン、『メルマガNumber』。Number Webのリニューアルを記念した無料公開の特別編です!今回… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2014/05/27

「ロンドン世代ドイツ組」清武とW酒井。ザックジャパンの序列を覆せるのか。

ブンデスリーガ蹴球白書

「ロンドン世代ドイツ組」清武とW酒井。
ザックジャパンの序列を覆せるのか。

ひっそりと、闘志を燃やしている選手たちを見逃してはいけない。ブンデスリーガでプレーする清武弘嗣、酒井宏樹、酒井高徳の3人… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2014/05/21

内田、長谷部、清武、大迫……。日本人ブンデスリーガー、W杯を語る。

メルマガNumberセレクション

内田、長谷部、清武、大迫……。
日本人ブンデスリーガー、W杯を語る。

メルマガ読者の皆さん、こんにちは。5月12日、アルベルト・ザッケローニ監督はFIFAワールドカップ・ブラジル大会に臨む23人を発… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2014/05/19

負傷のリスクより誠実さを貫いて――。長谷部誠、最終節で強行出場の裏側。

ブンデスリーガ蹴球白書

負傷のリスクより誠実さを貫いて――。
長谷部誠、最終節で強行出場の裏側。

泥の上でもがいているかのようだった。パスは相手に奪われ、劣勢のチームに苦しい判定が続き、審判に必死で抗議をする。何かを変… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2014/05/14

福西崇史の「予想」を超えた2人。大久保と青山、ポジティブな驚き。

サッカー日本代表PRESS

福西崇史の「予想」を超えた2人。
大久保と青山、ポジティブな驚き。

5月12日、W杯に臨む日本代表メンバー23名が発表された。指揮官ザッケローニが選んだ23名について、福西崇史氏はどのように見たの… 続きを読む

細江克弥Katsuya Hosoe

2014/05/13

W杯初戦で勝点を得た'02年と'10年。日本に必要な「情報戦」の仕掛け方。

ブラジルW杯通信

W杯初戦で勝点を得た'02年と'10年。
日本に必要な「情報戦」の仕掛け方。

真正面からぶつからなくてもいい。グループステージ初戦のコートジボワール戦である。古い記憶を掘り起こしていただきたい。2002… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2014/05/12

ザックジャパンはこの23人だ!福西崇史が発表直前完全予想。

サッカー日本代表PRESS

ザックジャパンはこの23人だ!
福西崇史が発表直前完全予想。

ワールドカップの開幕を1カ月後に控えた5月12日、ついに本大会に臨む最終メンバー23名が発表される。4年に一度の大舞台に上がる… 続きを読む

細江克弥Katsuya Hosoe

2014/05/09

日本人選手、名門クラブも渦中に。混戦ブンデス残留争いの行方を占う。

ブンデスリーガ蹴球白書

日本人選手、名門クラブも渦中に。
混戦ブンデス残留争いの行方を占う。

史上最速でバイエルンの優勝が決まったブンデスリーガでは、史上最高に白熱した残留争いが繰り広げられている。 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2014/04/26

残り3試合、降格圏のニュルンベルク。清武弘嗣は愛するクラブを救えるか。

欧州サムライ戦記

残り3試合、降格圏のニュルンベルク。
清武弘嗣は愛するクラブを救えるか。

ニュルンベルクが崖っ淵に立たされた。ホームでレバークーゼンに1-4と惨敗し、順位は2部自動降格圏内の17位のまま。残り3試合を… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2014/04/25

青山敏弘、広島を背負う「責任感」。最大の激戦区ボランチで4番手に!?

日本代表、2014年ブラジルへ

青山敏弘、広島を背負う「責任感」。
最大の激戦区ボランチで4番手に!?

ニュージーランド(NZ)戦を終えての取材エリア。ゆっくりと足を止めた青山敏弘に試合の感想を求めると、彼は「うーん」とむつか… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2014/03/21

新監督の“怒”に清武・長谷部が心服。ニュルンベルクが後半5戦4勝の理由。

ブンデスリーガ蹴球白書

新監督の“怒”に清武・長谷部が心服。
ニュルンベルクが後半5戦4勝の理由。

今シーズンの前半戦で、17試合連続勝ちなしという不名誉なリーグ新記録を作ってしまったニュルンベルクが、後半戦に入ってから猛… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2014/02/26

日本人選手の言葉で振り返る2013年。ブンデスで前に進む者、苦しむ者。

ブンデスリーガ蹴球白書

日本人選手の言葉で振り返る2013年。
ブンデスで前に進む者、苦しむ者。

ウインターブレイクを終え、まもなく2014年のブンデスリーガでの戦いが始まる。日本人選手たちはどのような想いを胸にW杯イヤー… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2014/01/16

細貝と長谷部が変える日本人の常識。何故彼らはピッチ中央にいられるか。

ブンデスリーガ蹴球白書

細貝と長谷部が変える日本人の常識。
何故彼らはピッチ中央にいられるか。

ブンデスリーガの日本人の常識を覆そうとする選手が現れた。それも、2人同時に。日本人選手の特長は敏捷性と技術の高さ、そして… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2013/12/12

ついに定番コンビの牙城が崩れた!?ボランチの序列を塗り替えた山口蛍。

サッカー日本代表PRESS

ついに定番コンビの牙城が崩れた!?
ボランチの序列を塗り替えた山口蛍。

自他ともに認める“人見知り”の新鋭ボランチが「予想していなかった」と言ったのは、これが二度目だった。一度目は代表初選出と… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2013/11/22

ページトップ