箱根駅伝 

94件中 1 - 20件を表示
予選会10位突破からの下克上を狙う!創部7年目、2度目の箱根駅伝に挑む東京国際大学駅伝部。

箱根駅伝2018

予選会10位突破からの下克上を狙う!
創部7年目、2度目の箱根駅伝に挑む東京国際大学駅伝部。

柔和な笑みで迎えられた室内練習場は、洗いざらしのシャツのようなまだ新しい匂いがした。「この12月には低酸素(トレーニングが… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

2017/11/16

「箱根路から世界」に必要なものとは?山梨学院大が培う“スピリッツ”。

箱根駅伝2018

「箱根路から世界」に必要なものとは?
山梨学院大が培う“スピリッツ”。

「井上、ありがとう!」 2015年の第91回箱根駅伝。山梨学大の上田誠仁監督は、3区を走り終えた主将の井上大仁に、こう声をかけ… 続きを読む

別府響(文藝春秋)Hibiki Beppu

2017/11/13

「二兎を追う」文武両道ランナーたち。それぞれが目指す箱根路。

箱根駅伝2018

「二兎を追う」文武両道ランナーたち。
それぞれが目指す箱根路。

彼らはいったいどのような思いで箱根駅伝を目指しているのだろう。関東学生連合チームの登録メンバー(10月の予選会で出場を逃し… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

2017/11/10

「3強」は青学大、神奈川大、東海大だが……。今季の箱根駅伝は、どの大学も面白い!

箱根駅伝2018

「3強」は青学大、神奈川大、東海大だが……。
今季の箱根駅伝は、どの大学も面白い!

11月5日に行われた全日本大学駅伝のゴール地点。3位に終わった青学大の原晋監督は悔しさをにじませながら、箱根駅伝への見通しを… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/11/09

青学大、東海大はなぜ負けたのか。駅伝は「ミス」の数が勝負を分ける。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学大、東海大はなぜ負けたのか。
駅伝は「ミス」の数が勝負を分ける。

出雲の覇者・東海大と、箱根駅伝3連覇中で前回の全日本を制した青山学院大。この2強の激突と予想した全日本大学駅伝だったが、雌… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/11/07

今季の箱根は3強体制になるのか。全日本を制した神奈川大の本音は?

スポーツ・インテリジェンス原論

今季の箱根は3強体制になるのか。
全日本を制した神奈川大の本音は?

全日本大学駅伝のゴール地点、伊勢神宮内宮にある洗面所。隣になったのは、神奈川大学の大後栄治監督だった。妙なところで鉢合わ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/11/06

出雲駅伝の途中棄権はなぜ起きたか。金哲彦が分析する、駅伝の特殊さ。

今日も世界は走っている

出雲駅伝の途中棄権はなぜ起きたか。
金哲彦が分析する、駅伝の特殊さ。

大学駅伝で予想外のアクシデントが起きた。東海大が絶対王者の青山学院に競り勝ち、10年ぶりに優勝した今年の「出雲全日本大学選… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2017/10/18

なぜ明治大学は箱根を失ったのか。「反撃のシナリオ」なき予選落ち。

スポーツ・インテリジェンス原論

なぜ明治大学は箱根を失ったのか。
「反撃のシナリオ」なき予選落ち。

箱根駅伝予選会。15kmを過ぎて明治に「黄信号」がともった。明治は15kmの通過点で10位。11位の東京国際大との差は1分11秒あった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/10/17

「去年はお通夜みたいだったけど」中央大学と2年生主将、箱根へ帰還。

スポーツ・インテリジェンス原論

「去年はお通夜みたいだったけど」
中央大学と2年生主将、箱根へ帰還。

「去年はお通夜みたいだったけど、今年は……」中央大学の卒業生が、そういって顔をほころばせていた。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/10/16

箱根駅伝オリジナル4の2校が本気に。筑波と慶應が目指す24年ぶりの箱根。

箱根駅伝PRESS

箱根駅伝オリジナル4の2校が本気に。
筑波と慶應が目指す24年ぶりの箱根。

14日に迫る箱根駅伝予選会。シードを持たない学校の戦いは、今年度もここから始まる。 続きを読む

神津伸子Nobuko Kozu

2017/10/12

青学の覇権を崩した東海の2年生たち。二強対決、全日本&箱根の結末は?

スポーツ・インテリジェンス原論

青学の覇権を崩した東海の2年生たち。
二強対決、全日本&箱根の結末は?

出雲駅伝の勝利。本当はうれしいはずだ。それでも、東海大の両角速監督は満面の笑みをこぼすことはなかった。「選手の力がうまく… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/10/10

慶應の箱根駅伝プロジェクト始動!中心人物に聞く、独自の10年計画。

箱根駅伝PRESS

慶應の箱根駅伝プロジェクト始動!
中心人物に聞く、独自の10年計画。

2017年春。“慶應箱根駅伝プロジェクト”が始動した。慶應義塾大学の競走部が創部100周年を迎える今年、古豪が本気で乗り出した… 続きを読む

神津伸子Nobuko Kozu

2017/04/18

柏原竜二、27歳での引退に思うこと。彼が箱根を走った4年間を忘れない。

スポーツ・インテリジェンス原論

柏原竜二、27歳での引退に思うこと。
彼が箱根を走った4年間を忘れない。

柏原竜二が引退する。まだ、27歳。周囲からは「まだ早いんじゃないか」という声もあったようだが、ここ数年、怪我に苦しんだ本人… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/04/09

神野大地は坂道が得意じゃなかった?“山の神”の最大の武器は「我慢する力」。

Number Do Ex

神野大地は坂道が得意じゃなかった?
“山の神”の最大の武器は「我慢する力」。

「もともと僕は、坂道が嫌いだったんです。高校の時も坂道ダッシュの練習ではチームで一番遅いくらいでしたし……」 続きを読む

NumberDo編集部Number Do

2017/03/24

新1年生を見れば箱根の未来がわかる。持ちタイムで2位は青学、1位は?

スポーツ・インテリジェンス原論

新1年生を見れば箱根の未来がわかる。
持ちタイムで2位は青学、1位は?

広島で行われた全国都道府県対抗男子駅伝が長野の優勝で終わり、駅伝シーズンはひと息ついたところ。これからは男子でいえば、マ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/30

青学の存在で、優勝を信じられない?早稲田がハマった「追う者の弱み」。

スポーツ・インテリジェンス原論

青学の存在で、優勝を信じられない?
早稲田がハマった「追う者の弱み」。

本来であれば、早稲田は往路で勝っていなければいけなかった――。1月3日の閉会式会場で、早大の相楽豊監督と話した末の結論であ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/12

東洋大は、今年も優勝を狙っていた。「青学時代」に抗う名門のプライド。

スポーツ・インテリジェンス原論

東洋大は、今年も優勝を狙っていた。
「青学時代」に抗う名門のプライド。

「疲れました、今年の箱根は」閉会式会場で東洋大の酒井俊幸監督と出くわすと、いきなりそう話しかけてきた。その真意を尋ねる。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/11

青学を強くした「筋肉の優先順位」。ひねりは不要、腕立てはしない!?

箱根駅伝PRESS

青学を強くした「筋肉の優先順位」。
ひねりは不要、腕立てはしない!?

記録ずくめの優勝だった。1月2、3日に行なわれた箱根駅伝で、青山学院大が史上6校目の3連覇を達成したのである。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/01/09

箱根の青学大に隙はあったが……。3連覇目は「駅伝っぽい」勝ち方で。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根の青学大に隙はあったが……。
3連覇目は「駅伝っぽい」勝ち方で。

「ミスがあっても、誰かがカバーして勝つ。去年のチームのような圧倒的な強さはないですが、なんか『駅伝』っぽくて、いいかなっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2017/01/05

箱根で早稲田は青学を倒せるのか。実は選手層の厚さでは最強クラス!

今日も世界は走っている

箱根で早稲田は青学を倒せるのか。
実は選手層の厚さでは最強クラス!

12月になって人と会うたびごとに聞かれる。「今度の箱根駅伝はやっぱり青山学院ですかね? 金さんはどう思いますか」「一億総箱… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2016/12/31

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ