大島僚太 

31件中 21 - 31件を表示
風間体制5年目でついに化けた!?川崎フロンターレ、快進撃の秘密。

Jをめぐる冒険

風間体制5年目でついに化けた!?
川崎フロンターレ、快進撃の秘密。

最後に首位に立ったのは2009年だったから、実に7シーズンぶりのことになる。J1ファーストステージ第3節を終えた時点で2勝1分の勝… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/03/16

フロンターレ史上初の日本人10番。大島僚太が五輪とJの総取りを狙う。

Jをめぐる冒険

フロンターレ史上初の日本人10番。
大島僚太が五輪とJの総取りを狙う。

1月17日に洗足学園音楽大学「前田ホール」で行なわれた川崎フロンターレの新体制発表会。招待された約1000人のサポーターが固唾… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/01/22

U-22選抜に五輪予選チームが集結。J3町田に完敗した、有意義な経験。

Jをめぐる冒険

U-22選抜に五輪予選チームが集結。
J3町田に完敗した、有意義な経験。

シルバーウイーク最終日の9月23日に行なわれたJ3・30節。2位の町田ゼルビアと12位のJリーグ・U-22選抜のカードがいつも以上の観… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2015/09/26

鳥栖、ただいま空中戦依存を治療中。川崎を地上で制圧も、結果は伴わず。

JリーグPRESS

鳥栖、ただいま空中戦依存を治療中。
川崎を地上で制圧も、結果は伴わず。

できる限りポゼッションを。ロングボールを蹴りこんでいこう。J1第13節・川崎フロンターレvs.サガン鳥栖戦の試合前、それぞれの… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2015/05/25

U-21代表、痛恨のPKで韓国に敗戦。「我慢」の次は、リズムを変える力を!

サッカー日本代表PRESS

U-21代表、痛恨のPKで韓国に敗戦。
「我慢」の次は、リズムを変える力を!

韓国の波状攻撃をしのいで0-0で折り返すと、ハーフタイムのロッカールームでは、あちこちで大きな声が響いていたという。「押し… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2014/09/29

U-21代表のシャイな主将、大島僚太。アジア大会で巻く腕章が変えるもの。

Jをめぐる冒険

U-21代表のシャイな主将、大島僚太。
アジア大会で巻く腕章が変えるもの。

8月半ばに行なわれたU-21日本代表候補の福岡キャンプ。最終日に組まれたアビスパ福岡との練習試合のキックオフ直前、手倉森誠監… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2014/09/25

7月全勝の川崎Fが確立した思想。“繋ぐ”ではなく“崩す”から考える。

Jをめぐる冒険

7月全勝の川崎Fが確立した思想。
“繋ぐ”ではなく“崩す”から考える。

相手の嫌がることをしているはずなのに、それが歓迎されているのだとしたら、仕掛けている側はたまったものではないだろう。だが… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2014/08/01

「手よりもすごいことを足でやる」風間フロンターレが追求するもの。

フットボール“新語録”

「手よりもすごいことを足でやる」
風間フロンターレが追求するもの。

今、J1で最もおもしろいサッカーをやっているクラブはどこか? それぞれの興味や嗜好によって18通りの答えがあると思われるが、… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2014/05/26

「繋いで崩す」と「危険なミス」の間で。ACLでも貫く川崎の“常識破り”哲学。

Jをめぐる冒険

「繋いで崩す」と「危険なミス」の間で。
ACLでも貫く川崎の“常識破り”哲学。

試合後の取材エリアで敗戦を分析した中村憲剛の表情は、最後まで険しいままだった。ACLのラウンド16。まだ第2戦が残っているとは… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2014/05/09

未勝利でも、進退問題が出ても……。風間八宏監督が断固理想を追う理由。

フットボール“新語録”

未勝利でも、進退問題が出ても……。
風間八宏監督が断固理想を追う理由。

またしても川崎フロンターレの風間八宏監督が物議をかもしている。今季のJリーグにおいて、開幕から6試合で3分3敗とまだ勝利がな… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2013/04/19

川崎Fで今なにが起こっているのか?中村憲剛が語る深刻な不振の理由。

JリーグPRESS

川崎Fで今なにが起こっているのか?
中村憲剛が語る深刻な不振の理由。

第6節を終え、川崎フロンターレは、未だ初勝利を挙げられず、苦しんでいる。昨年は開幕から2連勝したが、その後、公式戦5試合勝… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2013/04/16

ページトップ