全国高校野球選手権 関連コラム

全国高校野球選手権 

松坂大輔との春夏連覇から19年――。小山、小池、後藤がそれぞれ歩む道。

Number PLAYBACK

松坂大輔との春夏連覇から19年――。
小山、小池、後藤がそれぞれ歩む道。

小山良男はこの19年、必死で自分をあの夏から前に進めようとしてきた。「後ろを振り返らないという意味でも高校時代について取材… 続きを読む

鈴木忠平(Number編集部)Tadahira Suzuki

2017/08/11

大学でもプロでもメジャーでも。清宮幸太郎の誇りは「チームメイト」。

Number Ex

大学でもプロでもメジャーでも。
清宮幸太郎の誇りは「チームメイト」。

当時早大4年だった斎藤佑樹が、こんなことを言っていた。「学生野球、大好きです。自分はアマチュアで育った人間ですから」 続きを読む

田村航平(Number編集部)Kohei Tamura

2017/07/22

33歳で甲子園優勝の小針崇宏監督。恩師が語る作新学院指揮官の素顔。

野ボール横丁

33歳で甲子園優勝の小針崇宏監督。
恩師が語る作新学院指揮官の素顔。

21日に行われた夏の甲子園決勝、作新学院(栃木)vs.北海(南北海道)は7-1で作新学院が54年ぶり2度目の頂点に輝いた。作新を率… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2016/08/21

甲子園決勝に導く2年生捕手の判断力。北海・佐藤大雅の“2つのスパイス”。

野球善哉

甲子園決勝に導く2年生捕手の判断力。
北海・佐藤大雅の“2つのスパイス”。

右翼手がボールを後逸し、打者走者が生還して1点差に詰め寄られた8回表、北海の捕手・佐藤大雅は「勝つか負けるかの勝負だったの… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2016/08/20

“力感ない剛腕”作新・今井を打てず。明徳・馬淵監督「春、勝つよ」と去る。

野ボール横丁

“力感ない剛腕”作新・今井を打てず。
明徳・馬淵監督「春、勝つよ」と去る。

明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督は試合前、理想の試合運びをこう語っていた。「実力は、4対6で向こうが上。こちらが先制するか、… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2016/08/20

「超高校級」の出現は6~8年周期!?筆頭は清宮幸太郎、そしてもう1人。

詳説日本野球研究

「超高校級」の出現は6~8年周期!?
筆頭は清宮幸太郎、そしてもう1人。

高校時代に「超高校級」と呼ばれ、プロの世界で運に関係なく一流まで駆け上がることが高い確率で予想できた高校生が1985年以降7… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2016/07/08

「高校野球のプロ」と「普通の学校」。両者が混在する現状は“残酷”か。

マスクの窓から野球を見れば

「高校野球のプロ」と「普通の学校」。
両者が混在する現状は“残酷”か。

2016年の高校野球が幕を開けた。毎年6月中旬に開幕する沖縄を皮切りに7月下旬まで、全国で甲子園を目ざした戦いが展開される。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2016/07/06

地元記者が選ぶ地方大会名勝負。1998年秋田大会決勝、10点差から……。

Number Ex

地元記者が選ぶ地方大会名勝負。
1998年秋田大会決勝、10点差から……。

今年も高校野球の夏がやってきた。すでに先月、沖縄と北海道では地方大会が開幕しているが、今週末から来週にかけて甲子園出場を… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/07/05

“打倒PL”に燃えた'84年の大産大高。最強の古巣に挑んだ監督の物語。

Number Ex

“打倒PL”に燃えた'84年の大産大高。
最強の古巣に挑んだ監督の物語。

同じ時代、同じ場所に生きたからこそ、変わる運命がある。1年に1度、たった1校しか手にできない夏の甲子園をめぐる戦い。 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/07/01

ページトップ