ヴァイッド・ハリルホジッチ スポーツ名言
ヴァイッド・ハリルホジッチ 雑誌表紙

ヴァイッド・ハリルホジッチ 

228件中 61 - 80件を表示
小林祐希=ファシリテーター説。名波の教えと、忘れられない日付。

サムライブルーの原材料

小林祐希=ファシリテーター説。
名波の教えと、忘れられない日付。

ビジネス用語にファシリテーターという言葉がある。簡単に言えば会議における進行役、調整役。自分で意見して先導するのではなく… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/10/17

日本はハイチに恥をかかされた。スタメン組の実力を再確認した試合。

サッカー日本代表PRESS

日本はハイチに恥をかかされた。
スタメン組の実力を再確認した試合。

一刀両断するのは簡単である。10月10日に日本代表が対峙したハイチは、ロシアW杯の北中米カリブ海地区予選ですでに敗退している… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/10/11

先行逃げ切り型のハリルジャパン。劣勢時こそ布陣の“プチ整形”を!

サッカー日本代表PRESS

先行逃げ切り型のハリルジャパン。
劣勢時こそ布陣の“プチ整形”を!

初戦に負けたら、突破確率0%。これはロシアW杯アジア最終予選で、日本が初戦のUAE戦で敗れたことによって、何度も何度も耳にし… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2017/10/10

ボランチ、CB、そして4バックの右。万能・遠藤航をハリルはどう使う?

サッカー日本代表PRESS

ボランチ、CB、そして4バックの右。
万能・遠藤航をハリルはどう使う?

試行錯誤の続いてきた浦和レッズの中で、大きな発見と言えるものが生まれたのかもしれない。 続きを読む

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

2017/10/06

主役は「呼ばれても出てない選手」?ハリルの選考は何に期待したものか。

サッカー日本代表PRESS

主役は「呼ばれても出てない選手」?
ハリルの選考は何に期待したものか。

「10月の親善試合(6日ニュージーランド代表戦、豊田スタジアム、10日ハイチ代表戦、日産スタジアム)に臨む日本代表メンバーが… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/09/29

誰を呼ぶかよりも、どこに呼ぶか。ハリル10月招集の優先順位は?

サッカー日本代表PRESS

誰を呼ぶかよりも、どこに呼ぶか。
ハリル10月招集の優先順位は?

注目すべきは誰を呼ぶのかではなく、どのポジションに誰を呼ぶのか、である。10月にニュージーランド、ハイチとのテストマッチを… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/09/28

“ケンカ番長”井手口陽介の成長記。遠藤のパス、今野の動きを盗んで。

話が終わったらボールを蹴ろう

“ケンカ番長”井手口陽介の成長記。
遠藤のパス、今野の動きを盗んで。

「あいつ、すげぇな」オーストラリア戦の帰り、ファンやサポーターが井手口陽介のことをそう口々に語っていた。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/09/13

ハリルはいかに時差を乗り越えたか。「寝ない」という原始的な対策方法。

サムライブルーの原材料

ハリルはいかに時差を乗り越えたか。
「寝ない」という原始的な対策方法。

海外組は日本に戻ってすぐに試合。長距離移動の疲労や時差が、彼らを襲う。親善試合を挟んで本番があるならまだしも、1試合目か… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/09/12

日本がW杯8強以上を狙うために。今の武器はまだリアリズムなのだ。

サッカー日本代表PRESS

日本がW杯8強以上を狙うために。
今の武器はまだリアリズムなのだ。

出だしに躓いて、最後に成功を収める──。フットボールにはそうした事例がいくつかある。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/09/10

オーストラリア側から見た日本戦。「10回やったら6回か7回は……」

オフサイド・トリップ

オーストラリア側から見た日本戦。
「10回やったら6回か7回は……」

日本がロシアW杯出場を決めたオーストラリア戦。日本の視点では「快勝」に見えたこの試合、オーストラリアの視点で見ると、どん… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/09/10

高萩洋次郎が味わった敗北感と情熱。「このままじゃ代表では戦えない」

ミックスゾーンの行間

高萩洋次郎が味わった敗北感と情熱。
「このままじゃ代表では戦えない」

灼熱のサウジアラビアでの戦い。その30時間後、朝の東京・小平のグラウンドに、高萩洋次郎がいた。時差と長旅移動も何のその。前… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/09/09

現代サッカーにおいて、代表とは。ハリル監督が示した新たな「定義」。

サッカー日本代表PRESS

現代サッカーにおいて、代表とは。
ハリル監督が示した新たな「定義」。

9月5日、W杯最終予選の最後の試合となったサウジアラビアとのアウェーゲームは0-1で敗れることになった。香川真司や長谷部誠は… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2017/09/06

ハリルを支えるスタッフ6人に聞く。皆さんの担当業務って、何ですか?

Number PLAYBACK

ハリルを支えるスタッフ6人に聞く。
皆さんの担当業務って、何ですか?

完璧な準備――。ヴァイッド・ハリルホジッチがよく口にするワードである。「私はすべてをプログラムして、すべてをオーガナイズ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/09/06

最終予選、起用選手数が歴代最多!人選こそハリル最大の戦術である。

サッカー日本代表PRESS

最終予選、起用選手数が歴代最多!
人選こそハリル最大の戦術である。

9試合戦って、すべてが違うスターティングイレブン。今回のロシアW杯最終予選を象徴するデータだろう。 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2017/09/05

吉田麻也の機転と甲子園タオル回し。プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

月刊スポーツ新聞時評

吉田麻也の機転と甲子園タオル回し。
プチ鹿島8月のスポーツ新聞時評。

その不穏な見出しは「運命の一戦」日本対オーストラリア戦の前日。「ハリル解任のために負けたいの? 日本襲う 豪 怪問答」(日… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2017/09/01

井手口と浅野が変えた予選の意味。2017年8月31日は歴史の転換点に。

サッカー日本代表PRESS

井手口と浅野が変えた予選の意味。
2017年8月31日は歴史の転換点に。

2017年8月31日の歓喜は、これまでとは明らかに違う種類のものだった。1998年のフランスW杯出場は、中田英寿を中心に切り開かれた… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/09/01

ハリル解任の可能性と言うけれど。暫定は手倉森体制が濃厚、その次は?

サッカー日本代表PRESS

ハリル解任の可能性と言うけれど。
暫定は手倉森体制が濃厚、その次は?

次が誰になるのかは、誰にでも想像がつく。ただ、その先の道筋となると、不透明感が一気に増していく。8月31日に行なわれるロシ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/08/29

27人招集、ベンチ外とスタメンは?“持ってる男”候補は本田以外にも。

サッカー日本代表PRESS

27人招集、ベンチ外とスタメンは?
“持ってる男”候補は本田以外にも。

「やっぱり本田は“持ってる男”だね。パチューカでのデビュー戦でゴールを挙げて、31日のロシアW杯アジア最終予選オーストラリ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/08/25

今の代表にサプライズは必要ない。運命の一戦で頼るべきはJリーガー?

サッカー日本代表PRESS

今の代表にサプライズは必要ない。
運命の一戦で頼るべきはJリーガー?

サプライズは、必要ない。ロシアW杯アジア最終予選は残り2試合となり、日本は8月31日のオーストラリア戦か9月5日のサウジアラビ… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/08/23

運命の最終予選、23人を予想する。長谷部in、大迫out、本田は……。

サッカー日本代表PRESS

運命の最終予選、23人を予想する。
長谷部in、大迫out、本田は……。

「いやあ、近づいてきたね。ハッテンサンイチ(8・31)埼玉決戦!」 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/08/22

ページトップ