ヴァイッド・ハリルホジッチ スポーツ名言
ヴァイッド・ハリルホジッチ 雑誌表紙

ヴァイッド・ハリルホジッチ 

215件中 41 - 60件を表示
過去のブラジル戦と似た結果、内容。それでも得られた日本の収穫とは?

サッカー日本代表PRESS

過去のブラジル戦と似た結果、内容。
それでも得られた日本の収穫とは?

12、3、18の次は10だった。そして、結果は同じだった。2012年10月にポーランドで開催されたブラジル戦で、日本は開始12分に先制… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/11/11

選手間コミュニケーションはOKか。昌子源が語る「CBの声」の重要性。

サッカー日本代表PRESS

選手間コミュニケーションはOKか。
昌子源が語る「CBの声」の重要性。

11月8日、フランス・リール郊外のスタジアムで日本代表の練習が行われた。ウォーミングアップ前に選手たちにビブスが配られる。 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2017/11/10

ハリルが中盤で進めるMF観の革命。組み立て役と守備役、分業の終わり。

オフサイド・トリップ

ハリルが中盤で進めるMF観の革命。
組み立て役と守備役、分業の終わり。

世界2位のブラジル、そして5位のベルギー。ロシア大会を視野に入れた、日本代表の強化試合が目前に迫ってきた。 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/11/09

昔話に花を咲かせ、冗談で笑わせ。ハリルinフランス、自然体の記者会見。

ミックスゾーンの行間

昔話に花を咲かせ、冗談で笑わせ。
ハリルinフランス、自然体の記者会見。

語気を強め、刺激的な言葉を頻繁に発していく。きっと、日本国内でヴァイッド・ハリルホジッチ監督の印象といえば、こんなところ… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/11/09

「こうやって代表選手は変わるんだ……」浅野拓磨が代表で感じた、ある変化。

サッカー日本代表PRESS

「こうやって代表選手は変わるんだ……」
浅野拓磨が代表で感じた、ある変化。

「これまでとスタジアムの雰囲気が全く違うんです」10月10日に開催されたキリンチャレンジカップ第2戦の日本vs.ハイチ戦後、浅野… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/11/07

日本の特産品“トップ下”が消える?本田・香川が外れた戦術的な意味。

オフサイド・トリップ

日本の特産品“トップ下”が消える?
本田・香川が外れた戦術的な意味。

「もちろん私はどちらのチームもリスペクトするが、何かをトライしに行きたい」ダークスーツに身を包んだハリルホジッチ監督が、… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/11/04

これがハリルの考える“現ベスト”だ。3人選外でも、長谷部誠は外せない。

サッカー日本代表PRESS

これがハリルの考える“現ベスト”だ。
3人選外でも、長谷部誠は外せない。

「本田、岡崎、香川……」「はい、ちょっとびっくりですね。この3人がそろって代表に呼ばれなかったことは記憶にないですから」 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/11/01

小林祐希=ファシリテーター説。名波の教えと、忘れられない日付。

サムライブルーの原材料

小林祐希=ファシリテーター説。
名波の教えと、忘れられない日付。

ビジネス用語にファシリテーターという言葉がある。簡単に言えば会議における進行役、調整役。自分で意見して先導するのではなく… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/10/17

日本はハイチに恥をかかされた。スタメン組の実力を再確認した試合。

サッカー日本代表PRESS

日本はハイチに恥をかかされた。
スタメン組の実力を再確認した試合。

一刀両断するのは簡単である。10月10日に日本代表が対峙したハイチは、ロシアW杯の北中米カリブ海地区予選ですでに敗退している… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/10/11

先行逃げ切り型のハリルジャパン。劣勢時こそ布陣の“プチ整形”を!

サッカー日本代表PRESS

先行逃げ切り型のハリルジャパン。
劣勢時こそ布陣の“プチ整形”を!

初戦に負けたら、突破確率0%。これはロシアW杯アジア最終予選で、日本が初戦のUAE戦で敗れたことによって、何度も何度も耳にし… 続きを読む

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

2017/10/10

ボランチ、CB、そして4バックの右。万能・遠藤航をハリルはどう使う?

サッカー日本代表PRESS

ボランチ、CB、そして4バックの右。
万能・遠藤航をハリルはどう使う?

試行錯誤の続いてきた浦和レッズの中で、大きな発見と言えるものが生まれたのかもしれない。 続きを読む

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

2017/10/06

主役は「呼ばれても出てない選手」?ハリルの選考は何に期待したものか。

サッカー日本代表PRESS

主役は「呼ばれても出てない選手」?
ハリルの選考は何に期待したものか。

「10月の親善試合(6日ニュージーランド代表戦、豊田スタジアム、10日ハイチ代表戦、日産スタジアム)に臨む日本代表メンバーが… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/09/29

誰を呼ぶかよりも、どこに呼ぶか。ハリル10月招集の優先順位は?

サッカー日本代表PRESS

誰を呼ぶかよりも、どこに呼ぶか。
ハリル10月招集の優先順位は?

注目すべきは誰を呼ぶのかではなく、どのポジションに誰を呼ぶのか、である。10月にニュージーランド、ハイチとのテストマッチを… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/09/28

“ケンカ番長”井手口陽介の成長記。遠藤のパス、今野の動きを盗んで。

話が終わったらボールを蹴ろう

“ケンカ番長”井手口陽介の成長記。
遠藤のパス、今野の動きを盗んで。

「あいつ、すげぇな」オーストラリア戦の帰り、ファンやサポーターが井手口陽介のことをそう口々に語っていた。 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/09/13

ハリルはいかに時差を乗り越えたか。「寝ない」という原始的な対策方法。

サムライブルーの原材料

ハリルはいかに時差を乗り越えたか。
「寝ない」という原始的な対策方法。

海外組は日本に戻ってすぐに試合。長距離移動の疲労や時差が、彼らを襲う。親善試合を挟んで本番があるならまだしも、1試合目か… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/09/12

日本がW杯8強以上を狙うために。今の武器はまだリアリズムなのだ。

サッカー日本代表PRESS

日本がW杯8強以上を狙うために。
今の武器はまだリアリズムなのだ。

出だしに躓いて、最後に成功を収める──。フットボールにはそうした事例がいくつかある。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2017/09/10

オーストラリア側から見た日本戦。「10回やったら6回か7回は……」

オフサイド・トリップ

オーストラリア側から見た日本戦。
「10回やったら6回か7回は……」

日本がロシアW杯出場を決めたオーストラリア戦。日本の視点では「快勝」に見えたこの試合、オーストラリアの視点で見ると、どん… 続きを読む

田邊雅之Masayuki Tanabe

2017/09/10

高萩洋次郎が味わった敗北感と情熱。「このままじゃ代表では戦えない」

ミックスゾーンの行間

高萩洋次郎が味わった敗北感と情熱。
「このままじゃ代表では戦えない」

灼熱のサウジアラビアでの戦い。その30時間後、朝の東京・小平のグラウンドに、高萩洋次郎がいた。時差と長旅移動も何のその。前… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/09/09

現代サッカーにおいて、代表とは。ハリル監督が示した新たな「定義」。

サッカー日本代表PRESS

現代サッカーにおいて、代表とは。
ハリル監督が示した新たな「定義」。

9月5日、W杯最終予選の最後の試合となったサウジアラビアとのアウェーゲームは0-1で敗れることになった。香川真司や長谷部誠は… 続きを読む

ミムラユウスケYusuke Mimura

2017/09/06

ハリルを支えるスタッフ6人に聞く。皆さんの担当業務って、何ですか?

Number PLAYBACK

ハリルを支えるスタッフ6人に聞く。
皆さんの担当業務って、何ですか?

完璧な準備――。ヴァイッド・ハリルホジッチがよく口にするワードである。「私はすべてをプログラムして、すべてをオーガナイズ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/09/06

ページトップ