著者プロフィール 

高山通史Michifumi Takayama

1975年、新潟県生まれ。新潟明訓高校3年時の1993年夏の甲子園に出場。1回戦の松江第一高校(島根、現・開星高校)戦で新潟県勢4号本塁打をマーク。小学校時代から練習試合も通じて野球人生唯一のスタンドインのアーチを放ち、選手として終止符を打った。獨協大学を卒業後、日刊スポーツ長野支局、新潟支局を経て2002年に北海道日刊スポーツ新聞社入社。2003年から北海道日本ハムファイターズの担当記者を約14年間、務める。2016年の10年ぶり日本一取材を区切りに退社。2017年に北海道日本ハムファイターズへ入団して広報部に配属された。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
ファイターズの「母」に贈った引退式。プロ野球を支える偉大なる女性たち。

ファイターズ広報、記す。

ファイターズの「母」に贈った引退式。
プロ野球を支える偉大なる女性たち。

女は弱し、されど母は強し――。フランスの詩人、ヴィクトル・ユーゴーが残したとされる名言である。 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/04/15

日本ハムの新スタジアム、運命の1日。札幌市と北広島市がくれた感動を力に!

ファイターズ広報、記す。

日本ハムの新スタジアム、運命の1日。
札幌市と北広島市がくれた感動を力に!

感動は推進力――。栗山英樹監督が、よく口にする言葉である。 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/03/29

球団広報という白も黒もない仕事。清宮の機知が背中を押してくれた。

ファイターズ広報、記す。

球団広報という白も黒もない仕事。
清宮の機知が背中を押してくれた。

私の仕事は、ベースボールの本場アメリカでは「PR」で通じる。入団してきた新外国人選手へ初めて挨拶をする時には、英語に疎いこ… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2018/03/09

ページトップ