シーズン中の大物選手のトレード、プロ野球でももっと行われてもいい?

6件目を表示 / 全15

  • 日本はどちらかというとビジネスよりも情が先立っている感じがする。
    出場枠が限られている中での熾烈なレギュラー争いはいいことだが、ルールファイブドラフトのような飼い殺しを防ぐための制度がないし、百歩譲っての3軍制度は球団ごとの有無があるために飼い殺しを防げていない。
    ビジネス面で仕方ないと思うが、12球団しかない実情と野球人口の多さの反比例もしかり。
    やはり出場してナンボの世界なので、トレードをして埋もれてる選手に出場機会を満遍なく与えることと、戦力バランスを整える有益な面を考慮してもっと盛んにトレードが行われてもいいと思う。
    故根本さんの手腕や、糸井放出の日ハムの手腕を驚くだけではなく、双方にメリットのあるトレードはスポーツビジネスには必要なんだと捉えて欲しい。

    CARP坊主さん2017/08/08 22:26に投稿

    2
    そう思う!
利用規約に違反しているコメントは、以下のリンクから報告することができます。
違反報告する

ページトップ