詳説日本野球研究 

大学野球で新興勢力が躍進中! 明治神宮大会で見た新トレンドとは?

詳説日本野球研究

大学野球で新興勢力が躍進中!
明治神宮大会で見た新トレンドとは?

11月20日に幕を閉じた「明治神宮大会(大学の部)」で目立ったのは、新興勢力の躍進だった。 優勝した立正大は、老舗の「東都大… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/12/06

強気と弱気が如実に現れた、パ・リーグのドラフトを総括する。

詳説日本野球研究

強気と弱気が如実に現れた、
パ・リーグのドラフトを総括する。

最もいいドラフトを展開したのは、一番人気の超高校級左腕・菊池雄星(花巻東)を獲得した西武である。左腕投手不在に苦しんでき… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/11/22

勝ち組は巨人と広島。負け組は?セ・リーグのドラフト、○と×。

詳説日本野球研究

勝ち組は巨人と広島。負け組は?
セ・リーグのドラフト、○と×。

巨人がいい指名をした。2006年以来、坂本勇人('06年高校生D1巡)、藤村大介('07年高校生D1巡)、大田泰示('08年1位)、長野久… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/11/08

野村監督の名役者ぶりに、'73年の南海ホークスを見た。

詳説日本野球研究

野村監督の名役者ぶりに、
'73年の南海ホークスを見た。

1973(昭和48)年、前後期制が初めて採用されたパ・リーグの前期を制したのは38歳の青年監督、野村克也率いる南海ホークス。後期… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/10/22

セ・リーグCS争いの混戦を招いた、ヤクルト“勝利の方程式”の崩壊。

詳説日本野球研究

セ・リーグCS争いの混戦を招いた、
ヤクルト“勝利の方程式”の崩壊。

セ・リーグの3位争いが激化している。10月4日現在の順位は次の通り(カッコ内数字はゲーム差)。 3位 阪神   66勝71敗 4位… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/10/08

ドラフト導入が1年早かったら……。~1965年プロ野球入団組の光と影~

詳説日本野球研究

ドラフト導入が1年早かったら……。
~1965年プロ野球入団組の光と影~

今季の都市対抗野球大会の期間中、会場となった東京ドームに、都市対抗の歴史を紹介した印刷物が数種類置かれていた。そのうちの… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/09/30

日産自動車の休部によって、社会人野球の良さが失われる。

詳説日本野球研究

日産自動車の休部によって、
社会人野球の良さが失われる。

社会人野球の晴れ舞台・都市対抗野球に29回出場、優勝2回、秋の全国大会・日本選手権に15回出場、優勝1回――これは、今季限りで… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/09/13

あまりにも極端な配球! 日本文理が仕掛けていた大胆な策。

詳説日本野球研究

あまりにも極端な配球!
日本文理が仕掛けていた大胆な策。

第91回夏の甲子園大会決勝は壮絶な打ち合いになり、中京大中京が10対9という僅差で日本文理を制した。この試合で注目したのは、… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/08/26

夏の甲子園、混沌とする優勝戦線。~菊池の変調と伏兵の浮上~

詳説日本野球研究

夏の甲子園、混沌とする優勝戦線。
~菊池の変調と伏兵の浮上~

今大会前、甲子園は菊池雄星(花巻東)フィーバーに沸いた。“20年に1人”という形容があらゆる媒体に紹介され、筆者もそう思っ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/08/18

「攻め」の姿勢が勝利を呼ぶ。~九州国際大付、明豊の勝因~

詳説日本野球研究

「攻め」の姿勢が勝利を呼ぶ。
~九州国際大付、明豊の勝因~

夏の甲子園大会がいよいよ始まった。注目したのは初日のカード。優勝候補、伏兵が入り乱れて熱戦を演じ、とくに見ごたえがあった… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/08/11

夏の甲子園、優勝候補を占う。~菊池擁する花巻東が本命か~

詳説日本野球研究

夏の甲子園、優勝候補を占う。
~菊池擁する花巻東が本命か~

夏の都道府県大会(甲子園予選)が始まる前、「強豪地区は?」と聞かれるたびに「東北、関東、九州」と答えてきた。厳密に言えば… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/08/04

勝利に貪欲なチームが甲子園を制す。~初優勝を目指す逸材たち~

詳説日本野球研究

勝利に貪欲なチームが甲子園を制す。
~初優勝を目指す逸材たち~

勝利に対するモチベーションが高いチーム、という視点で夏の甲子園大会を占ってみよう。異なる学校による同県勢の春、夏連覇に挑… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/07/30

強豪校が集結する夏の甲子園、“夢のカード”の実現なるか。

詳説日本野球研究

強豪校が集結する夏の甲子園、
“夢のカード”の実現なるか。

今年の高校球界を牽引するのは東北、関東、九州の3地区である。ここ数年中心勢力だった近畿、東海勢は来年以降に備え、爪を研い… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/07/24

夏の甲子園「裏の主役」、強豪校を支える「好捕手」たち。

詳説日本野球研究

夏の甲子園「裏の主役」、
強豪校を支える「好捕手」たち。

今年の高校球界で特に注目されているのが、菊池雄星(花巻東)、今村猛(清峰)という左右の本格派投手が出現したことだ。菊池レ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/07/19

「東高西低」の傾向が強まる高校球界のスター勢力図。

詳説日本野球研究

「東高西低」の傾向が強まる
高校球界のスター勢力図。

過去5年間の高校野球の勢力図を、ドラフトを舞台にした東西対抗の形で示してみる。ここでは、東海、北陸地方を東日本に組み入れ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/07/08

運天・ジョン・クレイトン、“沖縄のダルビッシュ”が秘す反骨心。

詳説日本野球研究

運天・ジョン・クレイトン、
“沖縄のダルビッシュ”が秘す反骨心。

日本は野球大国である。少年野球から始まり、中学→高校→大学→社会人→プロへと続いていくシステマティックな流れはアメリカ野… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/07/02

左打者が多すぎる。~勝利至上主義の弊害~

詳説日本野球研究

左打者が多すぎる。
~勝利至上主義の弊害~

6月14日に幕を下ろした大学選手権を見て感じたのは、左打者(スイッチヒッター含む)の多さである。出場した26校の初戦のスターテ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/06/16

「野球王国」四国の残念な実態。~四国から消えた「全力疾走」~

詳説日本野球研究

「野球王国」四国の残念な実態。
~四国から消えた「全力疾走」~

佐山和夫著『明治五年のプレーボール』(NHK出版)には明治4年に来日し、現在の東京大学の前身、第一大学区第一番中学で英語と数… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/06/06

逸材を守れ。~亜細亜大・東浜の可能性~

詳説日本野球研究

逸材を守れ。
~亜細亜大・東浜の可能性~

亜大の1年生投手、東浜巨が東都大学リーグにデビューして以来、4連続完投勝利(初登板から3連続完封はリーグ記録)を達成し、時… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/05/22

慶応大と慶応高の不思議なギャップ。――打者走者は全力疾走すべきである。

詳説日本野球研究

慶応大と慶応高の不思議なギャップ。
――打者走者は全力疾走すべきである。

東京六大学リーグの慶大戦を見た人は誰でも、「慶大って慶応高出身の選手が多いなぁ」と思うはずだ。4月26日の明大戦を例に取る… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2009/05/04

ページトップ