Column from Germany 

「変わる」ものと「変わらない」もの。~ドイツサッカーの魅力とは~

Column from Germany

「変わる」ものと「変わらない」もの。
~ドイツサッカーの魅力とは~

7年間続けてきたこのコラムも今回で最終回となった。02年10月の記念すべき第1回目のテーマは「カイザースラウテルンの降格危機」… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/06/24

監督人事に見るブンデスリーガのお家事情。

Column from Germany

監督人事に見る
ブンデスリーガのお家事情。

今季ブンデスリーガの観客動員数は驚異的だった。新記録となる1試合平均4万2539人は当然世界1。トップのドルトムントは7万4828人… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/06/11

ヴォルフスブルク、歓喜のとき。~マガト監督が見せた「復讐劇」~

Column from Germany

ヴォルフスブルク、歓喜のとき。
~マガト監督が見せた「復讐劇」~

ヴォルフスブルクがリーグ初優勝を果たした。ここで「おめでとう」と最初に伝える相手は、選手ではなくてマガト監督である。指導… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/05/27

ブレーメンを決勝に導いた「別格なる存在」。――UEFAカップ制覇への序章。

Column from Germany

ブレーメンを決勝に導いた
「別格なる存在」。
――UEFAカップ制覇への序章。

UEFAカップ準決勝の第2戦はアウェーのブレーメンがハンブルガーを3-2で下し、トータルで同点ながらもアウェーゴールのルールに… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/05/18

ブンデスを盛り上げる3つの理由。

Column from Germany

ブンデスを盛り上げる3つの理由。

リーグ戦で9位と不振が続くレバークーゼンが21日のDFBカップを勝ち抜き、ベルリンでの決勝戦へと駒を進めた。運動量だけに頼る退… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/04/29

打ちのめされたバイエルン。

Column from Germany

打ちのめされたバイエルン。

歴史的大敗である。スコアだけでなく、内容も。その差は大学生VS幼稚園児、横綱VS十両、イージス艦VS戦艦大和ほどあったと思う。… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/04/16

ヴォルフスブルクを取り巻く「特殊事情」。

Column from Germany

ヴォルフスブルクを取り巻く
「特殊事情」。

日本人選手2人が所属するVfLヴォルフスブルクが近年にない快走を続けている。リーグ3位はチャンピオンズリーグ予備戦への出場権… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/04/06

奈落の底が待っている。

Column from Germany

奈落の底が待っている。

シャルケが監督とGMの両人事で大揺れだ。リーグ8位に低迷し、チャンピオンズリーグはおろか、UEFAカップ(来季より『ヨーロッパ… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/03/27

カギを握るGMの「言動」。

Column from Germany

カギを握るGMの「言動」。

偉いことである。凄いことである。首都に本拠を構えながら長年、根性無しチームの代名詞だったヘタレじゃなくて「ヘルタ」ベルリ… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/03/13

「シルバーコレクター」とは呼ばせない。

Column from Germany

「シルバーコレクター」とは
呼ばせない。

リーグ、カップ、そしてチャンピオンズリーグ。どれもが準優勝。そのため選手は「これじゃレバークーゼンじゃない。“ネバー”ク… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/02/26

正念場を迎えた10年に1度の逸材。

Column from Germany

正念場を迎えた10年に1度の逸材。

これまで優秀なGKを数多く生んできたブンデスリーガだが、この分野で「10年に一度の逸材」と、専門家からベタ褒めされていたのが… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/02/10

冬の移籍戦線を追え。

Column from Germany

冬の移籍戦線を追え。

6週間半続いたウインターブレークも終わり、30~31日からリーグ後半戦がスタートする。直前の27~28日にはDFBカップのベスト16戦… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/01/28

垣間見えたキャプテンの本音。

Column from Germany

垣間見えたキャプテンの本音。

ウインターブレークに入ったこの時期、各チームとも極寒のドイツを避けて温暖な土地で後半戦に向けたキャンプを張っている。バイ… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2009/01/09

捲土重来を期すために。

Column from Germany

捲土重来を期すために。

12月第2週に前半戦を終了したブンデスリーガは来年1月30日の再開まで長期の冬休みに入った。昇格組のホッフェンハイムが「秋の王… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2008/12/25

躍進を支える猛き情熱。

Column from Germany

躍進を支える猛き情熱。

こんなに珍しい首位決戦もないものだ。5日のバイエルン・ミュンヘン対ホッフェンハイム戦のことである。迎え打つのは天下のバイ… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2008/12/10

ドイツに必要だったふたりの存在。

Column from Germany

ドイツに必要だったふたりの存在。

イングランドサッカーに興味がない人でも、ベッカム、ランパード、ジェラード、ルーニーの名前ぐらいは知ってるはずだ。ちょっと… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2008/11/26

訪れた世代交代。バラックの落日。

Column from Germany

訪れた世代交代。バラックの落日。

前回のコラムでケビン・クラーニィのお馬鹿ぶりをリポートしたが、その余熱も冷めやらぬうちに、またもや代表選手を巡る難題が発… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2008/11/06

ドイツ代表クラーニィ 栄光と転落。

Column from Germany

ドイツ代表クラーニィ 栄光と転落。

企業経営者でも政治家でも、“引き際”を誤ると、それまで獲得していた功績と名声を一気に失うことがある。『盛者必衰の理』の極… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2008/10/24

ブンデスに学ぶ人心掌握。

Column from Germany

ブンデスに学ぶ人心掌握。

バイエルンがおかしい。6節終了時点で2勝2分2敗、リーグ9位という低迷ぶりだ。これほど酷い序盤戦は31年ぶり、6試合で失点10は5… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2008/10/09

史上最高の熱狂。

Column from Germany

史上最高の熱狂。

親になって初めて分かることに「出来の悪い子ほど可愛い」がある。安藤家がそうだからではない(念のため)。しかしブンデスリー… 続きを読む

安藤正純Masazumi Ando

2008/09/26

1 2 3 4 5 6 NEXT >>

ページトップ