ブラジルW杯、アジア枠4.5は多すぎる?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

  FIFAは3月3日、きたる2014年ブラジルW杯の各大陸連盟枠を決め、アジア枠は前回と同じ4.5枠(大陸間プレーオフを含む)となりました。
  日本がW杯に出場しやすくなるのは、歓迎すべきなのかもしれません。
  しかし一方で、W杯アジア予選の盛り上がりや、日本代表の強化、W杯本大会のレベル維持などを考えると、4.5枠は多すぎるのではないか? という声も聞かれます。
  みなさんはブラジルW杯のアジア枠4.5という決定をどう思いますか?

  ●4.5枠でよいと思う
  ●4.5枠は多すぎる
  ●どちらでもない

1-10件を表示 / 全63

すべて| 4.5枠でよいと思う| 4.5枠は多すぎる| どちらでもない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 3枠乃至3.5枠でよいと思う。
    現在アジアで世界レベルで戦えるのは韓国、日本、オーストラリアの3ヶ国のみ。
    現状の4.5枠では最終予選に残ればこの3カ国の出場はほぼ決まったと見てもいいと思う。
    しかし、それで本当にアジアのレベルが上がるのか?という疑問がある。
    アジア杯では新興勢力台頭の兆しも見えたが、それでもまだアジア3強を脅かすとは思えない。
    より切磋琢磨し、タフな予選を勝ち抜いてW杯に出たほうが成績が残せると思う。
    欧州、南米が強いのは選手個々の能力のほかにこの厳しい予選があるからだと思う。
    アジアも最終予選では各組一位のみが確実にW杯出場を手にでき、2位が残り1枠を争うという形にしたほうがより一試合一試合に迫力が出ると思う。
    日本人としては日本に確実にW杯に出てほしいと思うが、それではアジアのレベルも日本のレベルも上がらないと思う
    確実に出れる保証がないW杯だからこそ面白いと思う

    メルヒェンさん2011/03/04 17:37に投稿

    18
    そう思う!
  • 南アフリカでの結果を踏まえると妥当な数字と思う。ベスト16に日韓が入っており、単純計算ではシェア12.5%(2/16ヵ国)。32ヵ国中4枠ならこの12.5%に相当し、5枠であれば15.6%、その間の4.5枠は14.1%。ザックジャパンがアルゼンチン戦に勝ったというのを都合よく解釈すると、「アジアは伸びしろがある」と言え、4.5枠に違和感はない。

    今世界で戦える(単に勝つという意味でなく)アジアのチームは日本、韓国、豪州。それを考えると枠は3つ。現状のアジアの勢力図からすれば、残り1.5枠を西アジアの国(イランなど)が争うイメージだろう。

    ichigekiさん2011/03/04 12:25に投稿

    17
    そう思う!
  • 当分4.5でいいと思う。現在の本大会の参加国数からするとアジア枠は最低3から最高6でいい。現時点でのアジアのチームの力量からすると3.5~4だろう。しかし、各エリアの力量や前回の結果のみで枠数を決めるのはヨーロッパ偏重になり他地域との軋轢は目に見えている。アジアサッカーの市場性とアピール性、大陸間同士の戦いのファンやメディアへの刺激性など考慮すると4.5は妥当か。

    yabuさん2011/03/04 14:03に投稿

    12
    そう思う!
  • ヨーロッパはイタリア、フランスなどがグループリーグで敗退し、ベスト16に残ったのはスペイン、ドイツなど6ヶ国のみ。13枠中6カ国という数字はアジアの4.5枠中2カ国と変わらない数字であり、アジアを減らす理由が特に見当たらない。

    他の大陸も、北中米は3.5枠中2カ国、アフリカに至っては開催国の南アフリカを含めた6枠中ガーナしかベスト16に進めていない。南米は全チームがベスト16に進んだが次回開催国がブラジルということもあり実質的に枠が増えている。オセアニアはニュージーランドがグループリーグで敗退した。結果から判断すればアフリカから1~1.5枠削ってアジア、北中米、南米に0.5枠づつ与えたほうが結果に即しているが、アフリカ初のW杯と引換えに会長選の票を手に入れたと噂されるブラッター会長からすれば自分の首を締めるようなことは絶対にしないだろう。従って大陸枠に変化がなかったのは妥当だと思う。

    モータムさん2011/03/04 15:58に投稿

    12
    そう思う!
  • アジア勢はベスト16やベスト8に残れたとしても、
    それ以上に勝ち上がれる確率は残念ながら今のところ非常に低い。
    よって大会の質や結果にはアジア勢はあまりかかわらないのではないか、という事が一つ。

    また、これよりも大事な理由として、
    ヨーロッパなどの地域の小国が出られないことによって
    その様な国出身のスター選手をワールドカップで見られない可能性が大きくなってしまう。
    アジアの国が健闘する姿よりも、例えばイブラヒモビッチの活躍を観たい人の方が多いのではないだろうか。

    この2点に於いてアジア枠は3枠程度で十分だと思う。

    ぺろーにさん2011/03/05 04:46に投稿

    12
    そう思う!
  • 枠は妥当だと思います。2010年大会比維持ということでよいと思います。
    問題なのは予選システム。アジア地区予選は最終予選2グループで上位2位か3位プレーオフ→勝者が大陸間プレーオフで勝利でW杯に出られます。「シビアに」と仰る方もいましょうが、そこは地域特性と考え甘くてもよいと思います。昔のようにセントラル方式や短期でのH&Aの方が盛り上がる気もしますが。
    時期が問題で、UEFAのように2年毎、EURO予選→EURO本大会→W杯予選→W杯本大会を繰り返す方が、日程の立てやすさ、わかりやすさなどを考慮すると良いと思う。それができないのがアジアのダメなところだと思う。

    ひいさん2011/03/04 17:19に投稿

    10
    そう思う!
  • 4.5枠で良いか、少ないと思います。ブラッターが「豪が入ることにより、アジアのレベルが向上する」と予言した通り、近年のアジアのレベルの向上は豪の加入によるところが大きいと思います。当時、プレミアの他、ほとんどの選手がヨーロッパのリーグで活躍し、欧州予選でも突破してしまいそうな世界レベルのチームとアジア予選から真剣勝負する事が出来たり、あるいはホームで引き分けたり、僅差の0-1で負けたりと、豪というものさしで世界との距離を計る事が出来るようになったのはアジア各国には非常に大きいものでした。その証拠にNZがW杯で負けなし(3引き分け)と、長年、豪と予選で真剣勝負を行ってきたNZがあれだけの強さを見せたのは驚きであり、必然でもあったと思います。日本、韓国、豪以外のアジアの国でも南米やヨーロッパの中位、下位国と戦っても、いい勝負するチームもあるのではないでしょうか。4・5は妥当だと思います。

    たかたかさん2011/03/04 22:04に投稿

    10
    そう思う!
  • アジア勢はW杯で結果を出しているから4.5でちょうど良いと思える。

    それよりも欧州の13が多すぎると思うし、南米の4.5は少なすぎると思う。
    欧州12、南米5.5でもいいのでは。

    いんべさん2011/03/04 15:37に投稿

    9
    そう思う!
  • オセアニアの強豪オーストラリアがアジアに加入した段階で、オーストラリアに振り分けられていた分がアジアに加わったと考えれば妥当。また、作家の普及・格差がなくなれば欧州・南米の枠を減らす流れを作るためにも、将来的には4.5以上の枠を取れるようにしなければならない。4.5枠は、その第1段階として考えないといけないと思う。

    ogaさん2011/03/04 17:09に投稿

    9
    そう思う!
  • 36枠が多すぎなのでは?
    24枠でアジア1枠時代に戻れとは言わないがw

    CLとの比較は出来ないけど、EUROより試合の質・パフォーマンスが明らかに低下しているし
    24枠でアジア2or2.5枠くらいだと本大会は無論だが、アジア予選が激熱になるのではないかなと
    予選が一番長く熱く楽しめるしねw

    まっ、FIFAの意向からしたら、無理

    WCが精神的には最高峰と位置づけたいのは懐古主義者なのかもねw

    マルティンパレルモさん2011/03/07 15:33に投稿

    9
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ