NumberEYESBACK NUMBER

21歳の新世界王者、
堂々たる試合ぶり。
~井岡一翔の勝利の価値~ 

text by

渋谷淳

渋谷淳Jun Shibuya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2011/02/28 06:00

21歳の新世界王者、堂々たる試合ぶり。~井岡一翔の勝利の価値~<Number Web> photograph by KYODO

2月11日、会場の神戸ワールド記念ホールには1万1000人の観衆が集まった

記録以上に、評価されるべきは技巧的な試合内容。

 キャリアがものをいうはずの駆け引きでリードした井岡は、2回に左フックで最初のダウンを奪う。フィニッシュは5回だった。オーレドンのパンチを外して狙い澄ました左ボディブローをカウンターで突き刺すと、もんどり打つ王者に試合終了のゴングを聞かせたのである。

 元2階級制覇の世界チャンピオン、井岡弘樹の甥っ子として注目されながら、そのプレッシャーをものともせず、アマチュア時代は史上3人目となる高校6冠王に輝いた。そして今回、プロ7戦目という世界タイトル奪取の国内スピード記録も打ち立て「時期尚早」という批判の声を実力で封じてみせた。記録もさることながら、評価されるべきは無敗の技巧派チャンピオンを技巧で下した試合内容であろう。中身の濃いファイトがなければ、せっかくの記録も色あせていたに違いない。

 今後は防衛を重ね、いずれは日本人初となる4階級制覇にチャレンジするのが夢だという。

「王座決定戦ではなく、強いチャンピオンに挑戦し、重みのある複数階級制覇をしたい。みんなもそれを望んでいると思います」

 良血にして骨太。21歳の新王者は無限の可能性を秘めている。

■関連コラム► <待望のボクシング界ホープ> 井岡一翔 「世界王者がスタートライン」
► '10年の飛躍が待たれる注目のホープたち。~ボクシング界で大注目の4人

BACK 1 2
井岡一翔

ページトップ