プロ野球オープン戦、勝敗を重視する?

編集部からのコメントを見る

  2月19日、プロ野球のオープン戦が開幕しました。長いシーズンオフを過ごし、また試合が見られる喜びを感じている方も多いのではないでしょうか。

  シーズン本番に向けての調整の場ではありますが、勝敗に一喜一憂してしまうのもまたファンの性かもしれません。
  実際、オープン戦のチーム成績がペナントレースの成績と連動する場合もあれば、まったく逆の結果になる場合もあり、見方は人によって様々でしょう。

  あなたは、オープン戦の勝敗を重視しますか?
  応援しているチームがある方はどの球団のファンかもお書きください。

●勝敗を重視する   ●勝敗は重視しない

1-10件を表示 / 全43

すべて| 勝敗を重視する| 勝敗は重視しない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 勝敗は重視します。
    オープン戦で勝敗にこだわらないチームがペナントが始まって勝敗にこだわるチームになりえるとは思えない。
    オープン戦では「勝ち癖」をつける必要があり、その過程がオープン戦のはず。
    常に勝利を追求するチームへと勝利の女神は微笑むものです。
    オープン戦で戦力の見極めと行っている時点でペナントレースでの結果も予想できるのではないでしょうか。
    選手の力を見極める為の、試合もあるでしょうが、指揮官の頭の中では一年を戦う為の設計図はできているはず。オープン戦で結果がでないとうことは、設計図が狂っているということ、結果ペナントレースでも勝者にはなれないのでは。

    HMクリーチャーさん2011/02/24 01:52に投稿

    5
    そう思う!
  • ファンが重視するかどうかより、球団やメディアが重視していませんよね。
    特に投手は調整扱いの登板(2イニング以下)ですから、開幕後とは全く違うマネージメントを行っていることは言うまでもありません。 またそれを起因に、他ポジション、打順、バント数、といった様々なことが開幕とはズレています。

    プロ野球の場合、交流戦が始まる前は(日本シリーズを除く)唯一のセ・パ交流だったことから、その勝敗が開幕後にあたる各リーグに影響することはまずありませんでした。 ここで勝とうが他球団へ心理的優位を得るほどでもなく、むしろ調子や戦術をスカウティングされるなら三味線を弾くのか?と思わせるほど緊張感が無いこともあり、実質は「exhibition」直訳のまま、「興行のお披露目会」ともいえるでしょう。

    尤も、そんな厭戦感が、無意識にファンにも伝わり、プロ野球の人気低迷の一因だったかも、と個人的には想います。

    strike-2さん2011/02/24 08:25に投稿

    5
    そう思う!
  • 難しい質問だが、ロッテファンである自分としては、いまはたくさん選手を出してほしいというのがある。

    特に今年は西岡の移籍と今江の怪我の長期化もあって三遊間が流動的。荻野、細谷、高口、塀内、根元・・・。この中から誰が抜き出るのか。外野にしても岡田、サブロー、大松、竹原、伊志嶺と見たい選手は多い。勝ち負けは残り2,3試合でいいから、まずは個人成績重視の戦いをしてほしい。

    中ノ村鉄也朗さん2011/02/25 02:05に投稿

    5
    そう思う!
  • 勝敗の結果よりも、「どの選手がどういった場面で投げ/打ち/守り/走り、どのような結果を出せたか?」をポイントに見ています。たとえば贔屓のチームが1-10で負けた試合があったとして、負けという事実よりも、10点とられた投手は誰だったのか?抑えた投手はいたのか?守備面のミスや配球はどうだったのか?そして1点をどういう投手から、どのような形で取ったのか?というのが気になります。

    あくまでオープン戦は調整の場であり、開幕に向けて各投手や打者はテーマを持って試合に臨んでいるはず。特に序盤は実践慣れする場という認識なので、勝敗を重視してもあまり意味がないように思います。

    ただ開幕直前となると話は少し違ってきます。接戦をものに出来るか出来ないかが大きな要素を占めてくる時期。勝ちにいった時に勝てないようじゃ、シーズンに入っても不安です。一線級の選手が出揃い、勝利を求めて挑んだ試合は勝ってほしいです。

    hiroさん2011/02/26 04:22に投稿

    5
    そう思う!
  • コンディション調整やデータ収集>勝敗は絶対だが、
    長いシーズンを戦う演習と言う意味では、勝ち方や負け方は重要視するべき。

    一旦負け癖がつくと中々抜け出せないし。
    そもそもプロ選手が「負けてもいい」と思う試合は無い。

    ただ、なかなか無い試合展開で、工藤が昔城島にやったように「判断を誤るとこうなる」的なチャレンジはこの時期にどんどんしておいて欲しい。
    その結果の負けは「収穫あり」だ。


    hamario.さん2011/02/24 03:29に投稿

    4
    そう思う!
  • あなたは、オープン戦の勝敗を重視しますか?ということですが私個人としては重視はしません.
    というのはオープン戦は
    ・新戦力の確認
    ・普段テレビで見られない選手を見ることができる
    ・選手個人の成長
    これが楽しみなわけです.
    勝ちを重視したゲームプランではこれらを見ることはできないし,大切なのは試合の質だと考えています.
    勝ち癖を付けることが重要という意見も最もですが,そんな不確かなことよりも重要視するべきことがオープン戦にはあると考えます.

    もちろん贔屓のチームが勝った方が気分はいいんですけどね.

    ともさん2011/02/25 01:44に投稿

    4
    そう思う!
  • オープン戦はあくまで戦力の発掘、調整、内容が求められる。
    もちろん勝利することがいいのでしょうが、最後はペナントを獲るための前哨戦。シーズン中は試すことができないのだから、オープン戦では徹底して試し、自軍および相手の戦力分析に充てるもの。
    もちろん、オープン戦もペナント、交流戦も最終的にはシリーズでも一番であるほうが気持ちいいですけど。

    たったこさん2011/02/24 09:25に投稿

    3
    そう思う!
  • オープン戦ではわざと打たれるって言う様な選手もいるし、あくまで調整の場なんだと考えています。

    勝敗よりも気にしなければいけないのは選手ごとの成績と試合後のコメントでしょう。

    勝敗を考えるのはシーズンに入ってからと考えてみています。

    ひっぽるとさん2011/02/24 15:13に投稿

    3
    そう思う!
  • どちらかと言えば重視しませんね。
    オープン戦は調整の場だと思っています。
    ただしルーキーや一軍に入れるか微妙な立場の選手は早い段階で結果を出す必要があると思います。
    また、開幕が近づいてきてすべての選手の調子が上がってくる頃には当然試合結果も気なってきます。

    samuraijpnさん2011/02/25 01:11に投稿

    3
    そう思う!
  • オープン戦に「何を求めるか?」ということですね。今年から大学生との練習試合が解禁になり、沖縄キャンプでは韓国との球団と「練習試合」も行われています。「調整」目的ならそれらで充分事を果たせるものがあります。仮にもお客様から「料金」を頂き、興行としての側面も持ち合わせているのならば「勝敗」つまり「勝ちに行く」姿勢はみせるべきだと思います。もちろんこれからある「リーグ戦」「交流戦」「クライマックス~日本シリーズ」と本番がありますから「首脳陣」には「戦力の見極め」のために新人、若手、中堅、主力、ベテランは「仕上がり」を見せなければなりません。プロ野球は「野球というゲームを通じて勝ちに行く真剣勝負をお客様に見せる」ことをして始めて「お金が生まれる」はずです。それが、選手の給料になるわけですから。「勝った」「負けた」の結果より、「どう勝ちに行く」内容を伝えるものでしょう。それを期待したいです。

    帝王00さん2011/02/24 10:31に投稿

    2
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ