過去最多7人が世界王者に。ボクシングブームは来るのか!?

編集部からのコメントを見る

  先日、井岡一翔選手が日本人最短となるプロ7戦目で世界王座を獲得しました。これで、日本のジムに所属する世界王者は過去最多の7人となりました。
  低迷が続くボクシング人気ですが、瞬間最高視聴率24.4%(関西地区)を記録した長谷川穂積選手の復帰戦(昨年の11月26日)に今回の快挙が続き、人気復活の兆しを感じさせつつあります。
  この勢いに乗って、ボクシングブームは再び来るのでしょうか?

※  なお、井岡(WBCミニマム級)、長谷川(WBCフェザー級)両選手以外の現・世界チャンピオンは、内山高志(WBAスーパーフェザー級)、下田昭文(WBAスーパーバンタム級)、亀田興毅(WBAバンタム級)、粟生隆寛(WBCスーパーフェザー級)、西岡利晃(WBCスーパーバンタム級)の各選手。

  ●ブームが来る
  ●ブームは来ない

1-10件を表示 / 全31

すべて| ブームが来る| ブームは来ない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 残念ながら現状の日本人チャンピオンで、所属階級の最強を証明しているチャンピオンはいない。
    国内で人気を得るだけのボクサーではなく、アメリカなどの本場で実力を証明し、ビッグマッチを戦えるような選手が出てこないと、今後も大きな変化は難しいと思われる。
    パッキャオとまではいかなくても、所属階級の最強を証明しながら複数階級制覇ができるような選手の登場を期待したい。
    野球やサッカーなどのように、国際的に認められる選手が一人でも出れば、自然にボクシング熱も高まるだろう。
    また、チャンピオンという称号ではなく、戦う姿でファンを惹きつけるような試合内容にごたわってもらいたい。歴史に残るボクサー達は、漏れなくそういう姿をリングで見せてきたはず。
     観る人を熱狂させる選手が一人いればボクシングの魅力は十分伝わる。人数は無関係。
    日本ボクシングの歴史上、国際的に伝説となるような選手はまだ一人もいない。

    prettyboyさん2011/02/18 10:17に投稿

    11
    そう思う!
  • ボクシングブーム、これは非常に厳しいですね。

    まず、第一にマスコミがボクシングを取り上げる気がほとんど無いですからね。
    ニュースですら今やどこの局でも斉藤・長友の2枚看板に時間を割き、格闘技、しかもその中のボクシングなんて30秒も時間を取ればいいほうではないでしょうか。某局だけは、試合中継してますが・・・

    第二に格闘技自体が今下火状態ですね。
    つい数年前まで隆盛を誇った総合系ですら、今はもう過去のもの状態・・・。プロレスなども含めコアなファン(私とか)はいるでしょうが、一般大衆が熱狂するのは想像できない感じです。

    そもそも、これだけ娯楽にあふれた世の中で、男性ならともかく、老若男女みんなが格闘技に興味を持つ状況は異常な状態と思いますので、現状が普通なのではと思います。

    仮に一発逆転するなら、明日のジョー映画化で演者のファンを大量に取り込むとか・・・まあないでしょうけど(笑

    falissさん2011/02/17 09:44に投稿

    10
    そう思う!
  • チャンピオンって何人いるんでしょうか?
    階級は理解できるため、世界で20人の枠に対して7人だったら結構凄いですけど、
    「暫定」とか「団体や地域が違う」とか・・・・
    その辺が初心者には良く分からないので何が凄いのか理解できません。

    あと、亀田一家をマスコミが持ち上げたまでは良かったかもしれませんが、
    後の不祥事系にはうんざりしてますし、ネット等の評判を見る限り果たして実力があったのかどうかも分からなくなり、余計にチャンピオンの価値が良く分からないものになっていると思います。
    あ、長谷川は凄いと思いますが(^-^;
    ブームを起こすにはKOが多く、強く、マスコミ受けする華のある人間が出てこないと無理だと思います。

    あと、試合内容によって時間が凄く短くなることがあるので、テレビでは使い辛いスポーツということも1つの理由だと思います。サッカーや野球ならある程度はメドが立ちます。

    yoshibonさん2011/02/17 10:09に投稿

    7
    そう思う!
  • 「世界王者が過去最多の7人」といっても、その7人を全部言える人がどれだけいるんでしょうか(私は言えません 笑)。

    かつて6人の世界王者がいた時代と大きく違うのは、階級が細分化されて王者の数が増え、「世界チャンピオン」の重みが薄れていることです(「○階級制覇」も、同じ理由で昔ほど快挙ではなくなりました。ただ長谷川穂積の2階級制覇は、ウエイトがかなり違うので価値がありますが)。

    それとボクシング人気も、当時と比べるとかなり低迷しています。世界タイトルマッチもメディアはさほど大きく取り上げません(その一方では亀田三兄弟のような、こっちがドン引きになる過剰演出をやらかすし)。

    周囲が演出などしなくても自らが光り輝く、カリスマ性のあるスーパーヒーローが現れない限り、ブームの再来は難しいと思います。

    Dukepanさん2011/02/17 19:35に投稿

    7
    そう思う!
  • 来て欲しいとの願いを込めて、来るに投票します。実際のところは現状のボクシング界厳しいしなかなかボクシングだけで世界チャンピオンといえども食べてはいけません。ここ近年で興業的に成功しているのは亀田兄弟位ですが、その亀田兄弟でも一時のブームには及びません。しかし漫画「はじめの一歩」が長期に亘る連載を続けているので、潜在的なボクシング人気は有ると思います。しかしボクシングジムが東京と大阪に集中しており、地方では試合ほとんど行われません。もっと人気を拡大するにはマスコミの協力も必要ですし、試合を増やし生の迫力地方の方にも堪能して頂きたいし、深夜でも良いので一般戦の中継をしていただきたいものです。そうしないとボクサーの待遇改善にもなりませんし、業界自体が尻すぼみになってしまいます。そのためには中量級以上の世界チャンピオンの誕生や連続防衛をするチャンピオンが必要になって来るのではないかと思います。

    マンチさん2011/02/17 16:01に投稿

    6
    そう思う!
  • 今は格闘技人気が低いというのが一番の理由で、
    男性に限ったとしても、街頭でアンケートをとったら
    何人の名前を言えるかな?数はさほど関係ないと思う。
    人気が低く、景気も悪い。なのでスポンサーも
    つきにくくTV中継も期待薄。
    なのでブームが来ると想像できません。

    個人の人気の部分でも、斎藤や石川と亀田を比べたとき
    どちらに好感を持つ人が多いかは言うまでも無く、
    亀田は万人向きではないと思う。
    (タイプが違うけどTV露出が多い比較ということで)

    試合はというと、軽量級の選手が多く、迫力に欠ける気もする。
    そして試合前30分位のいつものやつ。あれは必要?
    そのうち、どこぞの球技のように、試合前に
    男性アイドルグループがリングで歌う日とかきたりして。。。

    ktさん2011/02/17 17:54に投稿

    6
    そう思う!
  • ブーム、とまで言えるかわかりませんが、風が吹き始めているのはたしかだと思う。

    亀田のときは“ボクシングブーム”ではなくて、“亀田ブーム”。いま吹きつつある風は、ボクシングそのものに対する風だと思います。

    いま、プロレスも総合格闘技も相撲も、広い意味での格闘技が全部元気ないですが、昔から“拳闘士”の類は必ず必要とされるものだと思うので、ボクシング再浮上のチャンスはあると思う。

    長谷川穂積は地味ですごくいいボクサーなのにずっと人気なかったですが、ようやくちょっとずつ脚光を浴び始めています。ささやかではありますが、これは亀田ブームとはまったく違う、いい兆候だと思います。

    yamayamaさん2011/02/18 23:42に投稿

    5
    そう思う!
  • 長谷川は強い。
    内山は強い。
    井岡の勝ち方は良かった。

    でもブームが来るかといえば、来ないと言わざるを得ない。
    亀田がいるからだ。

    マスコミが亀田を持ち上げている以上無理だろう。
    上記の本当の実力を持っていると思う人間よりも、実力に疑問を持たれている人間が最も脚光を浴びている現状では、ボクシングブームも何もあったもんじゃない。
    これだけ世界に無名な3階級王者は、今後も現れないだろう。

    この状況じゃ昔からのファンは逆に離れていくように思われ、逆にボクサーにとって苦難の時代が来そうな気がする。

    さすけさん2011/02/17 10:56に投稿

    5
    そう思う!
  • 先日の井岡のタイトルマッチの放映で、番組後半、具志堅用高の防衛記録の映像が流れた。初めてその映像を見て感じていたことでもある。
    熱が違う。今こんなボクシングはほとんどお目にかかれない。
    それは、ボクシングがよりスポーツ競技化してきたためだろう。
    選手の身の危険を防ぐため、早く試合を止めるようになった。そのために、明らかに効いている、グロッキー状態でのファイトは極力抑えられ、最もKOへの期待が高まり、熱狂を生む時間が無く(短く)なった。
    また、早く止められてしまうために、極力打たれないようにしなければならず、防御の技術が上がり、極力リスクを排除した戦いをするようになった。
    誰が見ても優劣が明らか、という試合はほとんどなくなり、観戦するのにどちらが試合をコントロールしているか、のような玄人的視点が必要とされる。
    コアなファンはもちろんいるが、ブームとなるのは難しい。

    kotaronasunoさん2011/02/18 02:26に投稿

    4
    そう思う!
  • ボクシングブームは来ると思う。
    タレント起用のボクシング映画などのプロモーション効果もあるだろうし。
    一昔前のプロレス団体のような団体乱立状態で真王者とは?的な状態だが。
    7人も日本人王者がいることはとても重要。
    日本人ボクサーが強ければボクシングブームは来ると思う。
    その為には絶対的なグレートチャンピオンの登場と勢いのある若手チャンピオンの両輪の登場は必須。
    先日の井岡の王者獲得は良い流れだと思う。
    とはいえ、
    世界的な不景気、チャンピオンになっても食えない的な話は否定しない。
    そういう意味ではこの数年が正念場なのでは。

    HMクリーチャーさん2011/02/18 10:39に投稿

    4
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ