セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

因縁のユーベ戦で途中出場も……。
無言でピッチを去った長友の苦悩。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/02/14 12:45

因縁のユーベ戦で途中出場も……。無言でピッチを去った長友の苦悩。<Number Web> photograph by Getty Images

ユベントスの“ビアンコネーロ(白と黒)”と初めて戦った“ネラッズーロ”の長友。スタディオ・オリンピコでは、ユベントス・サポーターの爆弾を使った応援という過激な洗礼を受けることとなった

首位ミランとの勝ち点差が8に広がったインテル。

 いずれにせよ、2試合続けて長友を攻撃オプションとしてスーパーサブ的な使い方をしたレオナルドだが、彼は長友の有効な起用法をまだ見つけ出していない。

 土曜のパルマ戦で大勝した首位ミランとの勝ち点差は、「8」に広がった。

 昨年末のクラブW杯のために延期されていた16日のフィオレンティーナ戦は、絶対に負けられない一戦となった。

 逆転優勝のためには、これ以上の停滞は許されない。スタンコビッチの復帰が予定され、先発メンバーも変更される可能性が大きい。

 インテルで出場した2試合で、美酒と苦杯を味わった長友。

 派手な撃ち合いの勝利と、沈黙のデルビー・ディタリアとなった最少スコアでの敗北。

 彼がイタリアのトップクラブで味わう経験は、何物にも代えがたい貴重な財産になっていく。

■関連コラム► 「サン・シーロに心が震えた」 長友が“ネラッズーロ”をまとった夜。
► 「左SBとして世界トップ5に入る」 長友獲得に固執したインテルの実情。

BACK 1 2 3
長友佑都
インテル
ユベントス

ページトップ