セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

因縁のユーベ戦で途中出場も……。
無言でピッチを去った長友の苦悩。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/02/14 12:45

因縁のユーベ戦で途中出場も……。無言でピッチを去った長友の苦悩。<Number Web> photograph by Getty Images

ユベントスの“ビアンコネーロ(白と黒)”と初めて戦った“ネラッズーロ”の長友。スタディオ・オリンピコでは、ユベントス・サポーターの爆弾を使った応援という過激な洗礼を受けることとなった

レオナルド監督が長友に期待したプレーとは何か?

 インテルは、レオナルドが采配を揮うようになってから、リーグ戦で1試合平均3点を奪っている。

 後半28分、FWパンデフに続いて長友が左SBとして投入された。

「左サイドから縦へのアタックを狙った。長友には彼のスピードを生かして突破し、速いクロスを上げてほしいと伝えた」

 点を取りに行く、というレオナルド監督からの明らかなメッセージだった。布陣は4-2-3-1に変化した。

 長友が中盤底のコンダクター、カンビアッソと交代したことで、攻撃の起点はすべてスナイデルに集まった。

 31分、スナイデルが左サイド前方に張るエトーへ優雅なパスを通す間に、長友はもうエトーの背後を駆け抜けている。だが、その後が続かない。前方の4人、特にスナイデルとエトーとどう絡んでいくのか、まだ十分な連係も、互いを理解しあうための時間もとれていない。

異様な盛り上がりを見せた“イタリア・ダービー”の洗礼。

 終盤、3トップとなったユーベが、なおもカウンターから追加点を狙う構えを見せたため、長友は守備でも気を抜くわけにはいかなかった。

 スタディオ・オリンピコのピッチには発煙筒が次々と投げ込まれ、観衆は卑猥な言葉を吐きながら目前に迫った勝利に酔っていた。

“試合続行不可能と見なされ、中断される恐れがあります。危険物投下は、おやめください!”と、悲痛なアナウンスが繰り返される。

 およそJリーグではありえない光景の中、長友は必死にピッチの中の居場所を探していた。

 何もできないまま試合終了の笛を聴いたとき、長友は悔しさからかシャツで顔を覆った。

 試合後、レオナルド監督のみが報道陣に口を開き、「ユーべは彼へのスペースを与えなかったし、われわれにはすでに3人のFWが前にいたから、長友が割って入るスペースを見つけるのは難しかったろう」と擁護した。

【次ページ】 首位ミランとの勝ち点差が8に広がったインテル。

BACK 1 2 3 NEXT
長友佑都
インテル
ユベントス

ページトップ