SCORE CARDBACK NUMBER

大人のテニスを模索する
錦織圭の新たな課題。
~全豪3回戦進出の快挙の裏~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2011/02/10 06:00

大人のテニスを模索する錦織圭の新たな課題。~全豪3回戦進出の快挙の裏~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全豪では1、2回戦と格上の相手をくだし、日本人男子46年ぶりの3回戦進出を果たした

 この全豪での錦織圭のテーマは堅実さだった。今季から、アンドレ・アガシらを指導したブラッド・ギルバートがコーチについた。選手時代から策士として知られたギルバートは『ウイニング・アグリー』(直訳すれば、醜く勝つ)なる本も書いている。格好良く勝つ必要はない、格好悪く勝つべし、が彼の哲学だ。その薫陶を受けた錦織は、全豪で早速、2011年バージョンのテニスを披露した。アクロバティックな魅せるテニスは卒業し、安定した大人のテニスに脱皮しようとしたのである。

 しかし、彼自身「いいプレーができていた」と語った1、2回戦のプレーは、見ていてピンと来なかった。持ち味である創造性が影を潜めていたからだ。

 なぜ堅実さなのか。今までの錦織も、勝つために最善を尽くしていたはずだ。勝ちたいという思いがあの奔放なテニスに結晶したのだ。そう考えれば、魅せるテニスは勝つテニスと矛盾しないのではないか――そんなことを、試合を見ながら、つらつら考えていた。

新しいスタイルが消化できていないようにも見えた3回戦。

 3回戦では第9シードのフェルナンド・ベルダスコに完敗。相手にも隙がなかったが、錦織のテニスはおとなしすぎた。新しいスタイルが消化できていないようにも見えた。

 錦織は自身のモデルチェンジについて「(上位選手は)経験を重ねるごとに安定というか、無理をしないテニスに変わっていく。(自分も)変えていかなくてはいけないと思う」と話している。

 大人のテニスに脱皮を図る理由の一つは、取りこぼしを減らし着実にランキングを上げるためだろう。体力をセーブしながら戦うというのもねらいの一つだと思う。全体的にはこの選択は正しい。だが、難しいのは堅実さのさじ加減だ。通常は堅実に戦っていても、どこかでギアを上げ、本能に任せて戦うようなメリハリも必要だろう。そこのところを、まだ錦織は自分のものにしていない。

 錦織は3回戦のあとで「今のテニスでは通じない。攻撃的にもやっていきたいし、変えていきたい」と話している。「今の課題は安定だが、攻めないと勝てないので、その判断力をつけたい」という言葉もあった。借り物ではない、自分なりの堅実なテニスを築かなくてはいけないことを、彼は今、痛感しているはずだ。

■関連コラム► <20歳のリスタート> 錦織圭 「ふたたび世界の舞台で自分らしく」
► 4時間59分の死闘に見る、「怪物」錦織圭の可能性。~全米OP3回戦途中棄権の裏側~

関連キーワード
錦織圭

ページトップ