MLB東奔西走BACK NUMBER

若手有望ランキングが正式発表!
MLBに打ち寄せる“世代交代”の波。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/02/07 10:30

若手有望ランキングが正式発表!MLBに打ち寄せる“世代交代”の波。<Number Web> photograph by Getty Images

2009年のWBCではキューバ代表として日本戦に登板しているチャプマン。その後亡命し昨季、シンシナティ・レッズと契約を果たした

 いよいよ2011年シーズン幕開けまで秒読み段階となった。

 まだNFL、NBA、NHLはシーズン真っ直中のため、契約以外で野球の話題が出てくることはあまりないが、先日アリゾナを訪れた際、ジャイアンツのキャンプ施設で多くの選手たちが自主トレを行っているところを取材できた。着実にキャンプインの準備は整っているようだ。

 そんなキャンプイン目前の1月25日、MLB公式サイトで恒例の若手有望選手トップ50が発表された。

 昨年は新人選手ながら大活躍したジェイソン・ヘイワード(ブレーブス)の1位を筆頭に、ナ・リーグ新人王に輝いたジャイアンツのバスター・ポージー(4位)やア・リーグの新人王だったレンジャーズのネフタリ・フェリス(7位)らが上位にランインしており、今年も彼らの中からブレイクする選手が登場する可能性は大きい。

 これら若手有望選手の所属チームを知ることで、各チームの将来的な展望も垣間見ることができるだろう。そこで今年のランクを検証してみたい。

話題の高卒選手にWBC投手……ランキングの多彩な顔ぶれ。

 まずトップ50のうち10位以内には以下のような選手が入った。

    1位 マイク・トラウト(エンゼルス) 外野手
    2位 ジェレミー・ヘリックソン(レイズ) 投手
    3位 ブライス・ハーパー(ナショナルズ) 外野手
    4位 ドミニク・ブラウン(フィリーズ) 外野手
    5位 ダスティン・アックリー(マリナーズ) 内野手
    6位 アロルディス・チャプマン(レッズ) 投手
    7位 マイク・ムスタカス(ロイヤルズ) 内野手
    8位 エリック・ホスマー(ロイヤルズ) 内野手
    9位 ヘスス・モンテロ(ヤンキース) 捕手
    10位 フリオ・テヘラン(ブレーブス) 投手

 6位にランクインしたチャプマンは、昨年のシーズン終盤にメジャー昇格を果たしたキューバ出身左腕投手。登板した試合では噂通りの時速160キロ超えの速球を連発し、今シーズンは開幕から注目を集める選手だ。

 さらに昨年6月に行なわれたドラフトで全体の1位に指名されたハーパーが、早くも3位にランクインしている。このコラムでも詳細を紹介しているが、本来であれば今頃、高校最終学年の選手。

【次ページ】 驚異の18歳ハーパーはA・ロドリゲスを越えるのか?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アロルディス・チャプマン
ブライス・ハーパー

ページトップ