アジアカップ優勝、どう評価する?

編集部からのコメントを見る

  日本代表は、アジアカップ(カタール)で2大会ぶり4度目の優勝を果たしました。
  ベストメンバーが組めないなかでの見事な結果は、称賛に値するものです。
  しかし一方で、ザッケローニ監督のチームづくりや采配に、問題がないわけではない、という声も聞かれます。
  みなさんは、日本代表のアジアカップ優勝をどう評価していますか?  100点満点で何点になるか、でお答えください。

  ●100点
  ●80点
  ●60点
  ●40点
  ●いずれでもない

1-10件を表示 / 全116

すべて| 100点| 80点| 60点| 40点| いずれでもない|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 過去の大会と違って出場国の実力差がほとんどない今大会。
    その中で地元カタール、永遠のライバル韓国、優勝候補筆頭オーストラリアを破り優勝したというのは非常に評価できるでしょう。
    試合内容も細かいところではミスがあったとはいえスピードに乗った攻撃、何よりもセットプレーだけで点を取るということがなくなったというのは成長の証だと思います。
    そして闘莉王・中澤・槙野、松井・香川と怪我で重要と言われていた選手たちが次々といなくなる中での優勝。これで満足できないならば何で満足するのか?そう思うくらいの大会でした。

    あえて100点を選ばなかったのはまだまだ伸びしろがあるのが見えたからです。期待するからこその80点。次の試合も楽しみになる日本代表なんて何年ぶりだろうか・・・。

    ろびーさん2011/01/30 03:12に投稿

    39
    そう思う!
  • 采配は期待以上だった。ザッケローニの性格は日本に合ってると思う。で、選手側の課題は、まずセンターバックが頼りない。中澤クラスが出てこないとダメ。吉田にしろ今野にしろ岩政にしろ、安定感が無いし圧力が弱い。それから、プレースキックが弱い。俊輔クラスがいないので、入りそうな気がしない。以前の代表は流れの中では全然点を決められないけどセットプレーでは取ってたので、セットプレーでも取れるようになればいいと思う。それと岡崎が先発したら試合の流れを変えられるジョーカーがいない。とりあえずこの3点だと思う。

    bkkfreedomさん2011/01/30 03:38に投稿

    39
    そう思う!
  • UFWC(The Unofficial Football World Championships ) 
    その139年の歴史の中で初めて、アジアのチャンピオンシップでタイトルマッチを戦った(らしい)、現王者日本。

    ロスタイムまでリードされても、

    終了間際に追いつかれても、

    10人になっても、

    GKの交代を余儀なくされても、

    キープレイヤーが負傷離脱しても、

    長谷部選手の素晴らしいキャプテンシーの下、

    控え選手も含め選手全員が勝利を信じて戦い続け、

    最後は、強かったオーストラリア相手に、120分完封勝利。

    未だかつてこんなに勝負強い日本は見たことがない。

    UFWC王者に相応しい戦いぶりでした。

    李選手の決勝ゴールは、FIFA最優秀ゴールノミネート間違いなし!

    年末には みんな、投票しようぜ!!

    もっとごーさん2011/01/30 06:30に投稿

    20
    そう思う!
  • 監督について。攻撃陣のカードがもともと少なくて、選手交代などで自分の首を絞めていたような印象もあったけど、それでも勝ちきってるから「持ってる」んですね。結局ヨルダン戦の引き分けなんて安い授業料だったのかなと。対アジアで得た収穫はW杯予選でがっつりと生かしてほしいです。
    選手だと特に長友、岡崎、本田、長谷部のプレーは逞しかった。
    また代表戦が楽しみでございます。

    ゆうさん2011/01/30 03:16に投稿

    15
    そう思う!
  • 優勝という実質の結果は100点。 主力が若手であることは、W杯迄の主力が怪我で欠場したことにもよるが、逆に世代交代の契機になった。「もう我々で十分」という自信を勝ち得たことは、もしかすると優勝カップ以上の価値がある。

    マイナス20点は、DF陣の連携不全。 先の通り、主力の世代交代はDF陣で起きたことが逆に直撃している。本来的に経験値がモノをいうポジションで、W杯メンバーを実力で追い出したわけではない。 大会中の成長は認めるが、初戦から順に弱い相手と当たったことが不幸中の幸いで、相当低いレベルからの向上が図られたことは否めない。 失点が多く、優勝の陰で致命的なシーンを作られ続けたことは看過できない問題だ。特にCBが定着しない状況下で、SB・ボランチとの流動性・連続性が間断してしまい、更にGKとも信頼感が希薄かと疑ってしまうことも。

    攻撃の姿勢には未来が見える。次は守備基盤の構築だ。

    strike-2さん2011/01/31 10:20に投稿

    14
    そう思う!
  • まずは優勝おめでとうございます!
    そして今日いっぱいは喜びを味わいましょう!

    ザック監督、評価すべき点が多い。
    温かさが感じられる人柄。そして試合後のコメントの最後に日本語で挨拶してくれること。
    「私は選手とコミュニケーションを取るのが好きだ」というコメントも胸を熱くしてくれました。
    とても好感のもてる、今の日本代表に相応しい監督だと思う。

    ただ減点があったとすれば、韓国戦の采配。
    伊野波選手を投入してデフェンシブに逃げ切る采配はカッコ悪かった。
    同じような采配はしてほしくない、僕はそう思う

    周ちゃんさん2011/01/30 22:40に投稿

    13
    そう思う!
  • 平均年齢が約24歳 A代表キャップ数が一桁の選手が、約半分

    指揮官が”成長”をキーワードに掲げた代表の発足時は、決して優勝が命題というチームではなかったはずだ
    しかし、若きサムライブルーは予想を覆し、試合毎に”成長”し続け見事アジアを制覇した

    ”成長”と”結果”は相反するものではなく、”成長”には”勝利”が不可欠な要素である
    成長を言い訳にせずに、”タイトル”という”最高の劇薬”をもたらしたザッケローニ監督の手腕は素直に評価したい


    さらに登録23人中21人の選手をピッチに送り出し(追加召集の森脇と権田以外出場)
    実に5人の選手が実質初キャップを踏み、3人の選手が初ゴール
    ほぼ毎試合失点していた守備は決勝で耐え抜き無失点。大会を通して長谷部は日本代表の主将の風格が漂った

    4名の怪我が唯一残念であるが、私はこのチームに100点をあげたい。もっと強くなると信じている。

    ありがとう!

    chiharuさん2011/01/31 02:05に投稿

    13
    そう思う!
  • ザッケローニのサッカーはとにかく見ていて気持ちがいい!そして大いなる可能性も感じた。
    「ベスト16」というワールドカップで見事な結果を残した岡田監督のサッカーとは比べ物にならないぐらい魅力的でしょう!!

    nenkoさん2011/01/31 11:57に投稿

    13
    そう思う!
  • 今大会、最も素晴らしかったのは、W杯時の日本の良さをそのまま受け継いでいることです。

    監督が代われば、チームもガラっと変わるのが通常。新たなチームとして歩み始めることとなります。ですが、ザッケローニ監督は、その長所を残したまま伸ばすべき点(縦への意識改革)のテコ入れを行ない成功させてしまいました。

    もちろん、新チームを構築するまで時間が限られていた点もありますが、今まで数々のクラブを渡り歩いてきたからこそ出来た業、と言えるのではないでしょうか。この現象は、今までの代表監督では見られません。まさしく日本代表がステップアップした大会だと言えます。

    日本代表のみなさん、本当におめでとうございます!

    gishiさん2011/02/01 12:59に投稿

    11
    そう思う!
  • 主力選手の離脱、不可解なジャッジ。
    しかし韓国、オーストラリアを破っての優勝はすばらしい。
    ベターチームが決勝でベストチームになった。
    100点でしょう。

    HMクリーチャーさん2011/01/30 03:30に投稿

    11
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ