ラグビーPRESSBACK NUMBER

逸材中の逸材、早大・齋藤直人。
2019年ラグビーW杯に間に合うか。

posted2018/08/01 10:30

 
逸材中の逸材、早大・齋藤直人。2019年ラグビーW杯に間に合うか。<Number Web> photograph by Masataka Tara

日本ラグビーの未来を背負うと嘱望される齋藤直人。赤黒のジャージの先に、日本代表の道がある。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Masataka Tara

 3人の指揮官による評価だ。

「将来の日本を背負って立つ存在」「声のかけ方と判断力が抜群に良い」「どんなテンポも作り出せる」

 1つ目は桐蔭学園の藤原秀之監督。2つ目は、早稲田大学ラグビー部の前監督である山下大悟氏。そして3つ目は、早大の現監督である相良南海夫氏。

 早大のスクラムハーフ、齋藤直人(3年)は、関わる指導者が異口同音に絶賛する逸材中の逸材だ。

 横浜ラグビースクールで3歳から楕円球を追い、桐蔭学園ではキャプテンとして花園準優勝を経験。身長165cmと小柄だが、無尽蔵のスタミナとパスセンス、高いゲーム理解度で、各世代の代表(高校、U20、ジュニア・ジャパン)に選ばれた。

周囲は絶賛、本人のLINEは愛犬。

 早大・相良監督は、初めて齋藤のプレーを見たときのことを憶えている。

 息子の通っていた桐蔭学園中学が、齋藤擁する横浜ラグビースクールと対戦したことがあった。齋藤は当時中学3年生だった。

「すごいスクラムハーフがいるなと。運動量が多くて、強気。パスさばきも凄かったですけど、常にボールのあるところにいる。それが最初の印象です」

 ただ周囲の絶賛の中心で、本人はいつも穏やかだ。

 おっとりとした性格で、LINEのホーム画像は実家の愛犬。「人見知りなんです」と自嘲する姿は、一般的なラガーマンのイメージとはかけ離れている。

 そんな齋藤が、控え目ながらラグビー日本代表、ジェイミー・ジャパンについて語ったことがある。

 今春、心境の変化があったというのだ。

【次ページ】 ジャパンAとしてNZ遠征に参加。

1 2 3 4 NEXT
早稲田大学
齋藤直人

ページトップ