ラグビーPRESSBACK NUMBER

サンウルブズ、今季最終戦を前に――。
流大「僕らは絶対に勝てるようになる」

posted2018/07/12 10:30

 
サンウルブズ、今季最終戦を前に――。流大「僕らは絶対に勝てるようになる」<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

サントリーでは主将として日本選手権で連覇を達成。サンウルブズでも主将の重責を担い、活躍する流大。

text by

近藤篤

近藤篤Atsushi Kondo

PROFILE

photograph by

Atsushi Kondo

これまで3勝12敗――。スーパーラグビー挑戦3年目ながら、シビアな数字を突きつけられているサンウルブズ。今季も残すは7月13日のレッズ戦のみとなった。チームのオフィシャルカメラマンを務める近藤篤氏に、ヴィリー・ブリッツとともに共同キャプテンを務める流大(ながれ・ゆたか)が、今季の回想とサンウルブズの可能性について語った。

流(以下略)「今シーズンを振り返ると、本当にあっという間でしたね。いや、でも、長かったなあっていう感覚もあります(笑)。とにかく、レッズ戦の1勝(5月12日、秩父宮にて。それまでチームは9連敗)までがひたすら長かったです」

――初めてのプロ生活?

「そうです。サントリーでは社員契約で、僕は営業部に所属しています。

 まず午前中は出社して内勤、午後は量販店のお得意さんを回って、営業トークをしたり、会社の商品をより目立つところに置いてもらったりしています(笑)。

 それがサンウルブズの活動が始まってからは、朝から晩までひたすらラグビーに集中できました」

――同時に、サンウルブズのキャプテンも任されました。

「そこに関しては、キャプテンであるなしにかかわらず、勝てない時間の中でいろいろな葛藤もありましたね。

 1月の終わりに別府で合宿をスタートして、その合宿で自衛隊の訓練にまで参加して、そこでボコスカにされて(笑)。何部練なのかもわからないくらい練習もした。

 明らかに積み上げて来られている、着実にチームは成長しているなって感じられる、でもなぜか勝てない、そこがかなりきつかったです」

【次ページ】 「これからまだまだ良くなるっていう確信も」

1 2 3 4 5 NEXT
流大
ヴィリー・ブリッツ
近藤篤
サンウルブズ
ジェイミー・ジョセフ

ページトップ