ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

「ベルギーの力は圧倒的、完璧」
トルシエすらフランス不利と予想。 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/08 13:00

「ベルギーの力は圧倒的、完璧」トルシエすらフランス不利と予想。<Number Web> photograph by Getty Images

アザール、ルカクらワールドクラスが協調性をもってプレーする。ベルギーのチーム力には世界が感嘆している。

ネイマールは髪をなでていただけだ。

――ネイマールをどう見ますか。この試合の彼は何もしませんでしたが?

「ピッチの上で髪をなでているだけだった。私が監督だったら、彼を唯一無二の存在にはしない。

 たしかに彼は、チームに何かをもたらしてくれる。ベルギー戦の彼は、フランスのムバッペのような存在だった。ドリブルで相手守備陣を引き裂くだけで存在意義はある。

 ただ、彼を軸にしてチームを作るのは簡単ではない。いいアイディアであるとも思えない。違いは作り出せるが、今日、勝利をもたらすことができるのはベルギーが示したようなコレクティブだ。ベルギーは個の力も突出していたが、それ以上にチームがコレクティブに機能していた」

――今日のフランスとベルギーを比較したら、ベルギーが断然優れているということですね。

「ベルギーの力は圧倒的だ。セットプレーも優れているし、違いを作り出し得点も決める個の力がある。

 フランスにはコレクティブな能力がない。プレーの哲学もない。自分たちのプレーはこれだという主張も表現もない。あるのは守備の強さと、ジルーの空中戦を頼りにする戦い方だけだ。どちらが強いかといえば、それは圧倒的にベルギーだ」

――ベルギー戦に臨むにあたり、フランスは戦術の再編成は不可欠ということですね。

「今の戦い方ではベルギーに通用しない。守備をベースにするのはいいとしても、攻撃をどうするかは根本的に考えねばならないことだ。それもとても限られた時間の中で」

――フランスにとっては難しい試合になる。

「ベルギーが優位であるのは間違いない。 コレクティブと個の力の融合はそれだけ進んでいる。予選でほぼすべての選手が得点を決めているのは、チームがそれだけ完璧であるということだ」

――ビッグゲームになると。

「それほどベルギーの印象は強烈だった。ネイマールとアザールを比較しても断然アザールだ。ネイマールはコメディアンで(笑)、レフリーを騙すことしか考えていない。本当にゼロだった。これでいいか?」

――メルシー、フィリップ。
 

西野ジャパン23人の真実。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 2018/7/9特別増刊

西野ジャパン23人の真実。

日本代表 vs.コロンビア vs.セネガル vs.ポーランド
【キーマンたちの物語】 大迫勇也/香川真司/乾貴士/本田圭佑/長谷部誠 ほか

定価:本体556円+税目次ページへ

関連コラム

BACK 1 2 3 4
エデン・アザール
ロメル・ルカク
フィリップ・トルシエ
キリアン・ムバッペ
アントワーヌ・グリエスマン
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ