JリーグPRESSBACK NUMBER

大島僚太に「自分の全てを教えた」
憲剛流ゲームコントロールの極意。 

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/06/14 07:00

大島僚太に「自分の全てを教えた」憲剛流ゲームコントロールの極意。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

W杯を前に、期待度が大きく上がっている大島僚太。その成長は中村憲剛という最高のお手本が間近にいたからこそだ。

「風呂、行くか?」「いや、いいです」

 練習参加したときに、そのプレーを目の当たりにして衝撃を受けた選手がいる。

 中村憲剛である。

「ケンゴさんは、本当にすごいと思いましたね。目の前で練習と試合を見て、『本当にすごい! この人より巧い人は見たことない! やばい!』って、みんなに言いたくなりました(笑)」

 中村憲剛の巧さを知らないサッカーファンは日本中で君ぐらいだよとツッコミたくなるところだが、詳しく知らなかったが故に、その興奮ぶりも格別だったのだ。

 その数年後、両者は師弟関係を築くことになる。ただ、それがすぐに始まったわけではない。例えば新人時代のキャンプ中、人見知りでシャイな性格の大島は、中村からの「風呂、行くか?」という誘いを、緊張のあまり「いや、いいです」と思わず断ってしまったという伝説がある。「入った頃のリョウタは、ほとんど俺と会話ができなかったからね」と当時を思い返して中村も笑う。

技術以上に、サッカー脳を伝える。

 ピッチ内で少しずつ出場機会を掴んだ大島は、風間体制後にスタメンとして定着。'14年からは中村とダブルボランチを組む機会が増え始め、日本屈指のゲームメーカーの隣で舵取りを叩き込まれて頭角を現していく。リオ五輪代表からA代表と着実にステップアップしていき、そしてW杯ロシア本大会に選出。その共同会見の場で、大島は中村に対する感謝の言葉をこう述べている。

「サッカーでどう勝つか。試合でどう勝つかを考えずにプレーしてきた。そういったことを1から教えてもらい、見よう見まねでやってみることから始まった。全てを教えてもらったと感じてます」

 全てを教えたと話す中村憲剛が、大島僚太に最も伝えたかったこととは何だったのか。

 それは技術的な面ではない。ゲームの流れを読む思考や駆け引き、いわば「戦術眼」などサッカー脳の部分だったという。

【次ページ】 行き詰まったタイミングでヒントを。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
中村憲剛
大島僚太
川崎フロンターレ
向島建
遠藤保仁

ページトップ