“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

結婚式8日後に無所属からの正GK。
J2山口・藤嶋栄介、激動の5カ月間。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/06/11 12:50

結婚式8日後に無所属からの正GK。J2山口・藤嶋栄介、激動の5カ月間。<Number Web> photograph by Takahito Ando

藤嶋栄介は第18節まで全試合フル出場中。GKとしてプレーできる日々に喜びを感じている。

「J3やJFLならギリギリ」レベル。

 2018年になると、すでに松本からはレンタル契約の延長はしないことは伝えられていた。後は所属先の鳥栖の判断だが、藤嶋の中では「入団して2年、さらにレンタルに2年も出してもらったのに、千葉と松本で定位置はおろか、ベンチ入りもままならなかった状態なので、鳥栖が契約を延長してくれることはほぼないと思っていたし、その判断で当然だと思っていた」と語ったように、周りから見てもほぼ契約更新の可能性はゼロに等しい状態だった。

 だからこそ、彼は代理人とともに必死で次の移籍先を探していた。しかし、どのクラブも少しは興味を示したが、重い腰を上げることは一切なかったのだ。

 J2はおろか、J3やJFLの方に話を振ってもらっても、どのチームも“GKは足りている”という返答だった。

「一番ショックだったのは、代理人に『J3やJFLだったらギリギリあるかも』と言われたこと。最初にいわれたときは『嘘だろ?』と何も考えられなかった。『俺はこのカテゴリーでしか探せないほどの実力だったのか……』と。僕の中ではプロに入って4年間必死でやって来たつもりだった。

 でも、3チームとも能力は評価されても、実戦に一切出られない、現にどのカテゴリーからも正式な獲得オファーが来ない選手になってしまった。自分に対して凄く腹が立ったし、『俺はこの4年間、一体何をしていたんだ』と、本当に厳しい現実を突きつけられたし、『引退』の2文字も頭によぎりました」

所属チームが見えない中での結婚式。

 日々募る不安と絶望、そして自分への怒り。複雑な気持ちが入り交じった苦しい時期に、彼は人生の大きな門出を迎えた。

 1月6日、福岡市内で彼は結婚式を挙げた。大学時代から支えてくれた彼女と入籍し、筆者も出席した結婚式は盛大に行われた。多くの参列者の前で幸せな笑顔を見せる藤嶋だったが、みんなの祝福を受ける中で生まれて来る複雑な気持ちと必死に戦っていた。

「将来も所属チームもまったく見えない状態でみんなの前に立っていた。新しい家族が増えて、一番頑張らないといけないこの時期に所属するチームがなくなってしまう危機にさらされて、焦りというか、これから自分がどうなっていくのだろうと言う不安が頭をよぎり続けました。

 ずっと僕の両親と嫁と、彼女の両親は『きっと決まるから』と励ましてくれたけど、その優しさが凄く痛かった。出席者の皆さんも凄くそこに気を使ってくれるというか、心から結婚を祝福してくれるし、その優しさも申し訳ないというか……凄く刺さりましたね。それに式には鳥栖と松本の関係者も出席をしてくれたのですが、感謝の気持ちと結果を出せずに申し訳ない気持ちも凄くありました」

【次ページ】 結婚式から5日後、完全な無所属状態に。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
藤嶋栄介
レノファ山口
ロアッソ熊本

ページトップ