欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ロシア連邦総領事館員が教える、
W杯を迎える現地の本当のところ。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byChigirev Anton

posted2018/06/11 07:00

ロシア連邦総領事館員が教える、W杯を迎える現地の本当のところ。<Number Web> photograph by Chigirev Anton

南アフリカ、ブラジルと続いてきたことを考えると、ロシアでのW杯は日本人サポーターにとっても過ごしやすい大会になりそうだ。

モスクワ駐在員の間でも定番。

 ジョージア料理は日本人の口にとても合い、日系企業のモスクワ駐在員が、日本から来た訪問者を驚かすのによく利用される。

 他にジョージア料理の例をあげると、ピリ辛スープの中に米と牛肉が入った「ハルチョー」は、まるでスープカレーのよう。ジョージア風のピザ「ハチャプリ」は、ヨーグルトが練りこまれた生地にチーズの油が染み込み、噛んだ瞬間に重厚なコクを味わえる。

 駐在員の間で「ロシアに来たら絶対に食べるべき」と言われているのが、ジョージアのチーズ「スルグニ」だ。

 モッツァレラのような柔らかさがありながら、豊かな弾力があり、噛めば噛むほど味が出てくる。ぎしぎし音が立つような独特の歯ごたえは、他のチーズでは味わえない。そのまま食べてもおいしいし、フライパンで焼くとさらに風味が増す。賞味期限が短いため、スーパーのような量販店では扱っておらず、購入するなら市場に行かなければならない。現地でしか味わえない逸品だ。

「ロシアは国土が広く、いろいろな民族の文化が融合している。W杯観戦の際には、そういう点も注目してみるとおもしろいと思います」

気温的にも攻撃的なサッカーには追い風。

 一方、競技面ではどんなW杯になるだろう?

「平均気温で言えば、最も暑いのがソチで、最も涼しいのがサンクトペテルブルク。ただ、どこも日によって気温と湿度の変化が大きい。天候が予測しづらいんです。僕が約20年間モスクワに住んでいた間、森林火災が収まらないような異常な猛暑だったことが2度ありました。

 日本の初戦は現地15時キックオフなので、すごく暑くなる可能性もゼロではない。しかし平均的に見れば、攻撃的なサッカーをするのにはいい気候条件の大会になると思います」

 アントンが心配しているのは、ロシア代表のパフォーマンスだ。直近のテストマッチで結果が出ていない。今年に入ってから親善試合で1勝利もあげられていない(1分3敗)。

「チェルチェソフ監督はディナモ・モスクワといったクラブを率いた経験しかなく、代表監督経験はゼロ。メディアからの批判が高まっています」

 特に問題視されているのは、ディナモ・モスクワ時代に衝突したデニソフを代表に選ばないことだ。この34歳のMFは今季ロコモティフのリーグ優勝に貢献し、待望論が高まったがW杯メンバーに選ばれなかった。

【次ページ】 「ロシアの人たちは他国も応援する」

BACK 1 2 3 4 NEXT
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ