福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

3バックはオプション、ボランチは?
福西崇史が強く推すのは大島僚太。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2018/06/04 17:00

3バックはオプション、ボランチは?福西崇史が強く推すのは大島僚太。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

福西崇史氏が期待を寄せる大島僚太。ボールを奪って素早くパスをさばける能力で、日本の新たな中盤の軸となるか。

素早く攻撃に移れる縦パスを送りたい。

 そしてシステム以上に重要なのが、ボランチの人選と見ています。23人を選ぶ際、外れたのは浅野、そして中盤の井手口と三竿でした。負傷で辞退した青山を含めて多くの選手がいた中で、山口、長谷部、大島、柴崎、そしてDFもできる遠藤の5人から選ぶことになります。

 3バックで長谷部を起用するとボランチの選択肢が狭まるという意味でも、4バックがいいのでは、というのもあります。そんな彼らをどのように組み合わせていくかで日本としての狙いが定まる。

 例えばグループリーグ初戦のコロンビア戦です。相手はトップ下のハメス・ロドリゲスに1トップのファルカオとワールドクラスが並ぶ、超攻撃的なチームです。ぺケルマン監督がじっくりとチーム作りをしていますし、冷静に見て日本との実力差はあります。なので、ボランチがむやみに前へ出る必要はないです。

 コロンビアは初戦で勝点3が欲しいはず。なので積極的に圧力をかけてくる。それに対して日本はボールが持てない状況が続くでしょう。とはいえボールを奪いつつ、コロンビアに「日本のカウンターは少しやっかいだな」と感じさせて、リズムを少しでも狂わせたい。ハリルホジッチ前監督が徹底した「縦に速い」「デュエル」という狙いは捨てなくていいわけで、僕は大島がどれだけできるかがカギを握ると見ています。

ボールを持ち運び縦パスを入れられる2人。

 ガーナ戦、特に前半は機能しなかった原因に、守備から攻撃に移る際のパス出しがありました。最終ラインからポンと大きくボールを出すケースが多く、最前線の大迫、そして2シャドーに入った宇佐美、本田や香川がそのボールを収められず、キープすら難しい状況になっていた。

 だからこそ、そこで最終ラインから1回ボランチを経由して、攻撃のスイッチを入れられるかどうか。

 ここで鋭い縦パスを差し込めれば、素早く攻めるチャンスが生まれるし、前の選手の負担は大きく減ります。中盤低めの位置でもボールを持ち運んで、縦パスを入れる能力に長けているのが、大島と柴崎の2人です。

【次ページ】 大島は攻守ともにコントロールできる。

BACK 1 2 3 NEXT
福西崇史
大島僚太
柴崎岳
長谷部誠
山口蛍
遠藤航

ページトップ