Sports Graphic Number WebBACK NUMBER

ランニングシューズGEL-KAYANOは
25代目で何が変わったのか? 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byHirofumi Kamaya

posted2018/06/07 11:00

ランニングシューズGEL-KAYANOは25代目で何が変わったのか?<Number Web> photograph by Hirofumi Kamaya

ランナーのかかとを守るヒールカウンター。左足に「2」、右足に「5」をかたどったデザインが施され、“25代目”であることをアピール。

足にやさしい機能性。

 だが、メリットはそれだけではないようだ。

「爽快感も楽しみのひとつですが、反発性が向上したことで、ふくらはぎへの負担が軽減されることが実証されています。アシックスには自前のスポーツ工学研究所があり、そこではさまざまな人間動作を科学的に分析することが可能。材料と構造体、両方のデザイニングを自社内で行なえる強みを生かしています」

ソール中心にあるガイダントラスティックがシューズの剛性を高め、ねじりを防ぐ。中央部縦にあるガイダンスラインは重心のばらつきを抑え、安定した走りをサポート。

 前作(「GEL-KAYANO24」)で初搭載された、樹脂製の外付けヒールカウンター(かかと部分の素材)を引き続き採用することで、足元を優しく包み込む感覚は健在。25周年を記念し、「25」の数字が見えるようデザイニングされている。今作は細部への職人的こだわりがより強く感じられる一足と言えそうだ。

 日本ではランナーの走力が上がると、それに応じてシューズの機能性よりも軽さを重視する傾向にある。だが、海外では自分の感覚や好みでシューズを選ぶ人が大半だとか。

 「GEL-KAYANO」シリーズはどんなランナーにお勧めなのか。田平さんからはこんな答えが返ってきた。

「アシックスの定番であり主力商品なので、コアなランニング層からウォーキングをされる方、街履きの方までどんなシーンにおいてもお勧めです(笑)。より専門的なことをいえば、足が内側に傾きやすい、オーバープロネーションのランナーにぜひ試してもらいたいです。カヤノには着地時にかかる力を分散させる機能がある。要するに、内側に倒れこみがちなことで起きる、ふくらはぎの負担をシューズがやわらげてくれるんです」

 快適に走れるのは、シューズによる秘めたサポートがあるからなのだ。

 四半世紀もの歴史を紡ぎながら、なお進化し続ける日本ブランドの傑作品。“25”の数字に込められた研究員たちの情熱を、ぜひ足もとから感じてみたい。

進化を遂げた「GEL-KAYANO」が
アシックスから登場。

アシックスジャパンは、長距離ランナー向けのランニングシューズ「GEL-KAYANO」シリーズから、安定性とクッション性をより高めた25代目モデル「GEL-KAYANO25」を販売する。

サイズは男性用が24.5cm~29.0cm(0.5cm刻み)、30.0、31.0、32.0cm。女性用は22.5cm~26cm(0.5cm刻み)。

カラーは、男性用(ウイズ・レギュラー)がホワイト×ブループリントなど5色、女性用(ウイズ・レギュラー)がホワイト×ホワイトなど5色。

メーカー希望小売価格はすべて16,000円+税。

詳しくは「GEL-KAYANO25」特設サイトで。

関連コラム

BACK 1 2

ページトップ