月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

日大タックル問題は現場記者に注目。
元選手、逆ギレ司会、そしてハンセン! 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/06/01 17:00

日大タックル問題は現場記者に注目。元選手、逆ギレ司会、そしてハンセン!<Number Web> photograph by Kyodo News

アメリカンフットボールの大学日本一を決める2017年の甲子園ボウルで、母校を27年ぶりの頂点に導いていた内田正人日大監督。

ハンセン「一番最初に守るべきものは何なのか」

「私は監督がこのプレーを指示したとは思いたくない。しかしそれが事実ならば、彼はフィールドを去るべきだ。誰が見ても違法な行為であり、間違いなく相手は大ケガを負ってしまうと分かっていたはず。指導者が指示したとすれば、これは問題だ」(ハンセン氏)

 最後に若者の将来を気にかける。

「彼らの未来を考えてあげることが一番大事なんじゃないかな。フィールドでの事故がこういう状況になった時、一番最初に守るべきものは何なのかを、大学関係者は深く考えてほしい。それは決して地位や役職や名誉などではない」

 ハンセン最高! ありがとうハンセン! こんなところに「大正論」で「大正解」の論説があったのだ。

 東スポはいい仕事した。新聞の切り口はそれぞれなのである。

 以上、5月のスポーツ新聞時評でした。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
内田正人
井上奨
米倉久邦
スタン・ハンセン
日本大学

ページトップ