Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<福西崇史の完全予想!>
「ワールドカップ toto」で、ロシアW杯をもっと楽しむ。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa/Getty Images

posted2018/05/31 08:00

<福西崇史の完全予想!>「ワールドカップ toto」で、ロシアW杯をもっと楽しむ。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa/Getty Images

ミスを減らせばセネガル戦は勝てる。

 その前提に立って、第1018回に組み込まれている日本対セネガル戦は日本の勝利を予想します。

第1018回
[販売期間 6/10(日)~6/20(水)]
開催日 対戦カード
ホーム   アウェイ
6/21(木) デンマーク 1     オーストラリア
6/22(金) フランス 1     ペルー
6/22(金) アルゼンチン   0   クロアチア
6/24(日) イングランド 1     パナマ
6/25(月) 日本 1     セネガル
6/21(木) イラン     2 スペイン
6/23(土) セルビア   0   スイス
6/24(日) 韓国     2 メキシコ
6/24(日) ドイツ 1     スウェーデン
6/25(月) ポーランド     2 コロンビア
6/22(金) ブラジル 1     コスタリカ
6/23(土) ナイジェリア 1     アイスランド
6/23(土) ベルギー 1     チュニジア

 ポイントは、無駄なミスを減らすこと。僕自身の経験に照らせば、「この距離なら通るだろう」というパスでも、身体能力の高いアフリカ人選手はカットしてくる。同じミスを繰り返したくないのが選手心理ですから、次からは横パスではなくバックパスが増え、パスコースを限定されたDFは前線へ蹴り出してボールを失ってしまう──主導権を握るのが難しくなります。

 パス1本にも細心の注意を払いつつ、攻撃では相手の予測を上回るコンビネーションを発揮する。西野朗監督は「日本らしさを引き出したい」と話していますから、連動性や距離感を大切にしたサッカーで、得点の糸口を見つけてほしいですね。

ドイツ、ブラジルは3連勝を狙うはず。

 各国が2戦目を戦う第1018回は、フランス、ドイツ、ブラジルなどの優勝候補の勝利を予想した一方で、メッシを擁するアルゼンチンはクロアチア相手に引き分けとしました。

 アルゼンチンも優勝候補ですが、初戦アイスランドに勝つと見て、この試合はエネルギーをセーブするのでは? 対するクロアチアも、僕の予想では白星発進です。勝点1は許容できる状況ですから、力を溜め合う試合になるかもしれません。

 力を溜めておきたいと考えるのは、アルゼンチンだけではないでしょう。たとえばスウェーデンと対戦するドイツは、分厚い選手層を強みに先発を入れ替える可能性も。スウェーデンはプレーオフでイタリアを破っており、ドイツ・ブンデスリーガでプレーする選手もいる、タフなチームです。引き分けも有り得ますが、ドイツは決勝トーナメント1回戦でブラジルのグループから勝ち上がった国と激突します。どちらかが2位になると、ベスト16でいきなり対戦してしまう。さすがにそれは避けたいでしょうから、ドイツもブラジルも3連勝でのグループステージ突破を目ざすはずです。

【次ページ】 予想が割れそうなイングランド対ベルギー。

BACK 1 2 3 NEXT
福西崇史
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ