サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

森重真人はW杯にギラついている。
「俺なんて」が口癖だった男の変貌。 

text by

馬場康平

馬場康平Kouhei Baba

PROFILE

photograph byKoki Nagahama/JMPA

posted2018/05/17 08:00

森重真人はW杯にギラついている。「俺なんて」が口癖だった男の変貌。<Number Web> photograph by Koki Nagahama/JMPA

コートジボワール戦で喫した悔しい逆転負け。森重真人が味わったブラジルでの屈辱は、ロシアで晴らすのみだ。

ずっといい調子で来るよりも……。

 そこからできること、やれることは限られていた。ただ、やることはハッキリしていた。焦りを押し殺し、自ら描いた復活に向けたロードマップを順序立てて遂行する日々を送ってきた。

「いろんなことをやってきた。躓いて転んでけがもした。でも、けがをしないと分からないこともあった。ずっといい調子で来るよりも、山あり、谷ありあって良かった。そこで、いろんなことを考えられたから。強くなれたし、考え方も増えた。試合に出られない気持ち、悔しさはあった。でも、そこでどう過ごすべきか考えて、考えてやってきた」

 けがが癒えると、年末は沖縄で自主トレを行った。毎日ビッシリと詰まったメニューを黙々と消化。「こんなに走ったことはない」ぐらい、そこで汗を絞り出した。

チームを勝たせるためにやりたいこと。

 3月の欧州遠征で、約9カ月ぶりに代表に復帰。結果的に、ハリル体制最後となった親善試合の出場はなかったものの、「自分の立ち位置が再確認できた」と言って、こう続ける。

「順調に右肩上がりで来ている。個人のパフォーマンスという点では、まだまだ上がると思う。ここまで我慢してきたこともあるので、これからだと思う。自分はチャレンジャーだということは間違いない。ただ、あそこで選ばれて地に足をつけられたし、それまであった不安は消えた」

 遠征から戻ると、言葉通り右肩上がりにコンディションを上げていった。4月8日のVファーレン長崎戦で再び左足首を痛めたが、チームメートを信じて治療に専念。リーグ2試合を欠場してからの復帰後は完璧に近いパフォーマンスを続け、ここ3試合で連続完封にも貢献している。

「世界のプレーヤーと対峙したいだけじゃない。チームを勝たせるためにやりたいことがある。それが楽しみ。より積極的なチャレンジをしたい。前回もそのつもりだったけど、消化不良に終わった。今回こそはという思いがある。前向きにチャレンジすることで、自分の答え合わせになる。そうすれば、4年間考えてきたことの答えが何かしら出ると思う」

【次ページ】 ふた回り大きな目標を、野心を。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
森重真人
FC東京
吉田麻也
今野泰幸
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ