サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

森重真人はW杯にギラついている。
「俺なんて」が口癖だった男の変貌。 

text by

馬場康平

馬場康平Kouhei Baba

PROFILE

photograph byKoki Nagahama/JMPA

posted2018/05/17 08:00

森重真人はW杯にギラついている。「俺なんて」が口癖だった男の変貌。<Number Web> photograph by Koki Nagahama/JMPA

コートジボワール戦で喫した悔しい逆転負け。森重真人が味わったブラジルでの屈辱は、ロシアで晴らすのみだ。

活躍することを目標にしていたら。

 森重は、ブラジルW杯グループリーグ初戦のコートジボワール戦で、今野を押しのけて宣言通り先発出場を飾ったが、以降はベンチを温めた。タッチラインの外からただ眺めることしかできないまま、あっという間に大会は3試合で終わりを告げる。残ったのは、後悔の念だった。

「もしも、あそこで全ての試合に出るとか、活躍することを目標にしてたら、また違ったかもしれない。本当に1試合に出て終わってしまった。たとえば1試合目にスタメンで出て勝つことを目標にしていたら、また結果が違っていたんじゃないかって思う。

 目標を達成したけど、次の目標が白紙だった。目標を立てる怖さを知った。でも、あの時の自分の立場ならW杯の試合に出るという目標は、誰もがそれで良いと思っていたと思うんですよ。でも結果的に終わってみれば、それが間違いだった」

 そして、もう1つの宿題を大会後に目にする。ずっと目標にして背中を追い掛けてきた今野が、「自分がCBをやることに限界を感じた」と口にしたのだ。

「その言葉が胸に刺さった。今野さんがそう思っちゃったら、その今野さんを目標にしてやってきた俺からしてみれば、なんかこう……むなしいというか。果たして自分はどうなんだと考えるようになった。やっぱり世界で通用するにはパワーと、高さが必要なのか。今野さんの言葉は分かる。でも、負けたくはない」

ハリル体制での落選、全治4カ月の重傷。

 そこから森重は、さらにトレーニングに没頭する。練習メニューを再考し、いいと思うものは積極的に取り入れた。だから、いつも「時間が足りない。やりたいこと、やらなきゃいけないことがどんどん増える。1日が36時間ぐらいあったらいいのに」と、言うようになっていく。

 その一方で、キャプテンとしての重責も担ってきた。チームのため、勝利のためと、けがを抱えていても試合には出続けた。どんなに調子を落としても、それが自らの責任だと背負い込んだ。だが、それを理由に、ついに昨年6月の親善試合の代表メンバーからも落選してしまう。それまで不動の地位を築いてきた、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制では初の出来事となった。

 出直しを誓った矢先に、張り詰めた糸がついに切れる。昨年7月のJ1リーグ・セレッソ大阪戦で負傷退場。後日、左腓骨筋腱脱臼で全治4カ月の診断が下る。'09年以来の長期離脱を余儀なくされた。

【次ページ】 ずっといい調子で来るよりも……。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
森重真人
FC東京
吉田麻也
今野泰幸
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ