ゴルフPRESSBACK NUMBER

正式メンバーとしての米ツアー初戦。
小平智と、彼を支える4人の仲間。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2018/05/16 08:00

正式メンバーとしての米ツアー初戦。小平智と、彼を支える4人の仲間。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

浮島の名物ホールへ向かって歩く小平智とベテランキャディの大溝雅教。米ツアーの雰囲気を満喫していることだろう。

「日本では予選落ちしないけど、こっちでは落ちる」

 それが、マスターズでの健闘と翌週のヘリテージ優勝につながった。それが小平流の歩み方。ビッグ大会でいきなり特別なことをしようとするのではなく、培ってきた基盤に日々努力で変化を加え、時間をかけて地道に進み、その中でチャンスをモノにする。予選落ちしても、敗北しても、その中で必ず何かを得て、その後の糧にする。

 初出場したプレーヤーズ選手権は予選落ちとなったが、小平の表情は明るかった。「まだコースに馴染めていない。初めてのコースということもあって経験不足」と謙虚に振り返る一方で、「ショットは悪くない。パットも最後のほうは良くなった。こういうゴルフをしていたら日本では予選落ちしないけど、こっちでは落ちる。それがアメリカの厳しさなんだろうなと思う」。

 厳しさを1つ噛み締めては、それを克服すべく努力する。そんな小平の傍らには、いつもの仲間の姿がある。小平と仲間たちが乗ったその船は、「いつも通り」と記した帆を掲げ、信頼と笑顔を糧に大海原を進んでいく。そんな彼らの船出を温かく見守っていたい。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
小平智

ページトップ