ROAD TO THE DERBY 2018BACK NUMBER

コズミックフォース、ダービーへ。
藤井調教助手が叶えた12年越しの夢。

posted2018/05/17 07:00

 
コズミックフォース、ダービーへ。藤井調教助手が叶えた12年越しの夢。<Number Web> photograph by Photostud

切れる脚を使うわけではないが、前から行けた時の粘りが目を引くコズミックフォース。ダービーでは果たしてどうなる。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Photostud

 5月5日に行われたプリンシパルSを制し、日本ダービーへ向かう最後の切符を手にしたのがコズミックフォースだ。

 以前に紹介した、共同通信杯勝ち馬オウケンムーンに続く2本目の矢を手にしたのは国枝栄調教師。今週末のオークスには最有力と目されるアーモンドアイを送り込む伯楽だ。

 コズミックフォースに関しては、デビュー前から芝で行けそうと感じたと言う。

「すぐ上の兄、アンティノウス(父クロフネ)はダートで走った馬でした。でも、父親がクロフネからキングカメハメハに替わって、手脚の軽い感じのフットワークをみせていた。だからこちらは芝でも大丈夫だと思いました」

 ただ、調教を進めてもビビッとくるものは感じなかったそうだ。

「デビュー前、正直『これは!!』と感じる動きはしていませんでした。ただ、なんでも淡々とこなせるという感じ。悪くはなかったので、秋の東京でおろすことにしました」

新馬戦で感じた「これなら……」。

 昨年10月8日の東京競馬場。クリストフ・ルメール騎乗、芝2000mの新馬戦でデビューさせた。半信半疑な部分もあったこのレースで、結果は3着と好走した。

 この結果を喜んだのは、担当する持ち乗り調教助手の藤井寿雄だ。過去にはマツリダゴッホやダノンプラチナといったGI馬も担当している。

「ゲート試験に合格してすぐに競馬へ行った感じでした。良いモノを持っている馬だとは思ったけど、正直いきなりここまで走れるとは思っていなかったので、喜ばしい結果でした」

 また、国枝はデビュー戦をみて次のように感じていた。

「スタートはゆっくりだったけど、最後は上々の伸びをみせてくれたので、『これなら……』と思えました」

【次ページ】 重賞2着をはさんで、関西遠征では5着。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
コズミックフォース
クリストフ・ルメール
藤井寿雄

ページトップ