テニスPRESSBACK NUMBER

テニスの試合後会見はスリリングだ。
ジョコビッチや杉田祐一に見た内面。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/16 11:00

テニスの試合後会見はスリリングだ。ジョコビッチや杉田祐一に見た内面。<Number Web> photograph by Getty Images

ジョコビッチの会見のワンシーン。対戦相手だけでなくメディアとの“駆け引き”も、有名選手には必要なのだろう。

ローマでは「3分でお願いします」。

 ローマでは、会見場に姿を見せると「3分でお願いします」と牽制球を投げてきた。

「あまり気にしていなかったんですが、けっこう負けが込んで、みんなに心配されて、あれ、俺、そんなに負けているのかと。なんか、そこから迷走ではないですけど、ちょっと抜け出せなくなっている感覚はあるんですけど、そこはあんまり言いたくないっていうか。

 弱っているような感じは見せちゃいけないというのはあります。とは言っても、ひどすぎる試合が続いているので、どう立て直すか、今、考え中です」

 ネガティブな言葉を口にすれば、ますますその感情に支配されるので、それを避けたいのだ。

「調子いい選手は生き生きしていますし、エネルギーが出ている。それは今、自分にないのかなとは思っていて。でも、そういうふうに思われたくないというのもありますし、自分自身でもそういう状況を作り出してしまったらだめだと。一回、怒りからパワーを出したいとも思ったんですけど……。ドイツ(ミュンヘン)でラケット折って。

 でも、折ってもエネルギーが出てこないですし。一番ダメですね。とにかくどんな形であれ、自分のエネルギーをコートに置いてこないといけないんですけど、それがうまいこといってないのが残念、そこが一番悔しいです」

結局10分近く、内面を言葉にした。

 杉田は、あまり言いたくないと言いながら、現状をさらけ出した。弱っているように見られたくない、という複雑な内面も率直に言葉にした。

 3分間の約束だったが、結局、通常の記者会見と同じ10分近い取材となった。

 悔しい負けを味わっている選手の会見は、だから我々には貴重な機会なのだ。

 蛇足になるが、こうした10分間が、選手にとって冷静に試合を振り返る機会になれば、自分の考えをまとめ、次のチャレンジへのモチベーションの一助になれば、と心の隅で思いながら、彼らの話を聞いている。

関連コラム

BACK 1 2 3
ノバク・ジョコビッチ
杉田祐一

ページトップ