球道雑記BACK NUMBER

ノムさんに酷評されたリードは過去。
西武・炭谷銀仁朗が榎田復活を支援!

posted2018/05/16 10:30

 
ノムさんに酷評されたリードは過去。西武・炭谷銀仁朗が榎田復活を支援!<Number Web> photograph by AFLO

炭谷(中央)はWBCに2013年の第3回、2017年の第4回と2大会連続で出場している。

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph by

AFLO

 連敗を止めたのはまたこの2人のコンビだった。

 埼玉西武の榎田大樹と炭谷銀仁朗。

 今季初の同一カード3連敗の危機もあった5月13日の対千葉ロッテ戦。埼玉西武は、前日、前々日のゲームで千葉ロッテ打線に序盤から打ち込まれ、福岡ソフトバンク戦から続く連敗を4に膨らませていた。

 1戦目は12-3、2戦目11-2と千葉ロッテが連日の勝利を飾った。

 一方、西武としてみればどちらが首位か分からなくなるような大敗。それも左肩に張りを訴えた菊池雄星が、しばらくの間ローテーションに穴を空けるという悪いニュースが飛びこんで来た矢先での痛い連敗である。

 そんな悪い流れを断ち切ったのが、この試合まで3戦に先発して無傷の3連勝を飾っていた榎田大樹だった。

榎田の好投に“山賊打線”が応えた。

 榎田は、この日最初から飛ばした。

 1回表、荻野貴司から内角直球で見逃がし三振を奪うと、藤岡裕大をレフトへのファールフライ、続く中村奨吾に対してもサードゴロに仕留め、三者凡退で切り抜けた。

 その直後、チーム打率2割8分を越える“山賊打線”が目を覚ます。

 先頭の秋山翔吾の二塁打を皮切りに、一気に無死満塁のチャンス。そこから山川穂高のライトへの犠牲フライ、外崎修汰の左中間二塁打、木村文紀のタイムリーと計4点を先取した。

 序盤から大量リードをもらった榎田は、2回以降も右バッターの胸元をつく直球と、外のボールゾーンから巻くスライダーを武器にしてロッテ打線に付け入るスキを与えない。

 彼の制球力と炭谷の好リードが光ったのだ。

 実はこの日と似た状況が開幕直後にもあった。

 4月12日のZOZOマリンスタジアム(対千葉ロッテ戦)だ。

【次ページ】 打撃では猛打賞、守備では好リード。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
炭谷銀仁朗
榎田大樹
埼玉西武ライオンズ

ページトップ