欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ネイマールがパリで王様になっても、
ロナウジーニョほど愛されない理由。 

text by

吉田治良

吉田治良Jiro Yoshida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/17 11:00

ネイマールがパリで王様になっても、ロナウジーニョほど愛されない理由。<Number Web> photograph by Getty Images

PSGで余裕のタイトル獲得となったネイマール。彼の頭にある未来はパリでのさらなる躍進か、それとも?

カバーニやムバッペの得点を喜べるか?

 まだ19歳だったメッシが、ハットトリックの大活躍を演じた'07年3月のクラシコ。その2点目のゴールが決まった時、激しく何度も拳を振り下ろし、まるで我がことのように喜びを爆発させていたロナウジーニョの姿を思い出す。

 今のネイマールは、例えばエディンソン・カバーニやキリアン・ムバッペのゴールを、こんな風に心の底から喜べるだろうか──。

 今年2月に右足の第5中足骨を骨折し、ブラジルで手術に踏み切ったネイマールが、ようやく5月4日にパリへと戻ってきた。

 しかし、リオ郊外の豪華な別荘で、昼はリハビリ、夜は友人たちとポーカーゲームに興じる日々のなかで、ネイマールはPSGでプレーすることへの興味をすっかり失ってしまったようだ。

PSGでの戦線復帰よりもW杯を重視。

 自分のいないチームがチャンピオンズリーグから姿を消しても、4月15日に5節を残してリーグ・アン優勝を決めても、それから約2週間後にウナイ・エメリ監督が今シーズン限りでの退任を表明しても、まるで他人事のように反応は鈍かった。PSG側の見立てでは、シーズン中の復帰も十分に可能だったが、しかしネイマールにその意思は微塵もない。彼の頭にあるのは、ロシア・ワールドカップに向けて万全のコンディションを整えること、それだけなのだ。

「レベルの低いリーグ・アンでどれだけゴールを重ねても評価はされない。バロンドールを手にするには、もはやワールドカップでセレソンを世界チャンピオンに導くしか方法はない」

 そんな心の声が聞こえてきそうだ。

 20試合で19ゴールを挙げ、今シーズンのリーグ・アン最優秀選手に選ばれたネイマールだが、その栄誉も一顧だにしないのだろう。

 1年でパリを去り、来シーズンはレアル・マドリーかマンチェスター・ユナイテッドでプレーするという噂も、馬鹿馬鹿しいと笑い飛ばせない。飽きたオモチャを簡単に放り出してしまうようなネイマール自身の幼児性と、欲にまみれた取り巻き連中の存在が、信憑性をかさ増しするからだ。

【次ページ】 「かわいげ」こそが最強の性分では。

BACK 1 2 3 4 NEXT
パリ・サンジェルマン
ネイマール
リオネル・メッシ
ロナウジーニョ

ページトップ