バスケットボールPRESSBACK NUMBER

昨年準優勝の川崎を千葉が制す。
エース富樫勇樹が見せた“有言実行”。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2018/05/15 18:15

昨年準優勝の川崎を千葉が制す。エース富樫勇樹が見せた“有言実行”。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

観客は満員の5108名。ブースターの大声援を受けて、千葉は天皇杯に続く二冠の達成へと進み続ける。

「僕がすぐに出られる準備はありますから」

 GAME3のスタメンで送りだすつもりだったパーカーは、GAME2で22得点、12本のリバウンド。いずれもチーム最多だった。

 一方で、パーカーと交代でプレーすることの多いレオ・ライオンズはGAME2で退場寸前の4つのファールをもらい、パフォーマンスも良くなかったので出場時間は15分に満たず、パーカーの半分以下だった。

 だが、そのパーカーがGAME3に入る前に、大野のもとへやってきた。

「レオ(・ライオンズ)を使うといいと思います。もしも、アイツのパフォーマンスが良くなければ、僕がすぐに出られる準備はありますから」

 そこまで言うのなら、と大野は考えた。他の選手起用で確かな軸があったからこそ、ここで柔軟な判断をできたのかもしれない。

「次の試合、お前とレオで決めてくれよ!」

 そのパーカーはGAME2の4Q終盤に、チームメイトに声をかけている。まずは、レオ・ライオンズに。

「リバウンドや、コートの上を走り回るプレー。自分の持っている全てをこのGAME2のコートに置いてくる。だから、GAME3はオマエに任せたぞ」

 チームの司令塔である富樫にも声をかけていた。

「次の試合は、お前とレオで決めてくれよ!」

 富樫はGAME2について、こう振り返る。

「もうちょっと自分のリズムでバスケをしていれば、結果は変わったのかもしれないですけど、本当に今シーズンで一番酷いくらい(のパフォーマンス)だったので……」

 今シーズンこれまでわずか2回しかなかった無得点で終わったGAME2。その後の20分のブレイクで、富樫は一度、ユニフォームを脱ぎ捨てた。

「20分しかない中で、新しい試合と自分に言い聞かせるためにも、シャワーを浴びにいきました。戻ってきたら、もう(開始まで)7分とかいわれてちょっとコーチ陣も焦っていたんですけど(笑)」

【次ページ】 指揮官は、富樫に絶対の信頼を寄せていた。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
3/5ページ
関連キーワード
千葉ジェッツ
川崎ブレイブサンダース
大野篤史
富樫勇樹
石井講祐
小野龍猛
マイケル・パーカー
ギャビン・エドワーズ
ニック・ファジーカス
レオ・ライオンズ
藤井祐眞

ページトップ