サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

伊藤達哉、初の独占インタビュー。
Jを経ず欧州移籍した20歳ドリブラー。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/05/12 11:30

伊藤達哉、初の独占インタビュー。Jを経ず欧州移籍した20歳ドリブラー。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

自己主張も考え方も、海外で成功するのが納得の伊藤達哉。代表への期待論も聞こえているが、まずはクラブに集中している。

「Jリーガーなんてモテるだろうし(笑)」

――短い間にいろいろあったんですね。

「僕、全然エリートコースとは程遠い感じでずっと来てるんで、ある意味自分らしいなとも思いますけど」

――でも、できる全てのことをやってきているように感じます。

「自分で唯一誇れるのは、その場その場でできることは全部やるようにしてることです。辛かったけどそれが、あとあと生きてくると実感しています。

 結局どんな目標があっても、その日その日、自分で一番できること以上はできないですよね。目的にたどり着くためにそれ以上のことはないと思ってます。そのためにドイツに来ているのもあるので。

 日本にいれば、友達もいるし、楽しいこともあると思う。Jリーガーなんてモテるだろうし(笑)。誘惑もいっぱいあると思う。でもドイツにいる限り僕、サッカーしかないので。

 サッカーに捧げるためにドイツに来てるのもあるから、本当に24時間サッカーのためにやってるって言いきれますし、そういうところは、自分で自信を持って胸張って言えることですね」

――最近、ドイツの新聞でもフランクフルトが伊藤選手の獲得を狙っている、などと移籍話が取り沙汰されるようになりました。今後、どういう目標を立てていますか?

「CLに出るというのは夢として、いや夢というか目標としてあります。いつかは、そういうCLに毎年出るようなクラブにいられたらいいなって。それがハンブルクだったらそんなに幸せなことはないんですけど。あと、いつかはイタリアとかでプレーしてみたい、っていうのはあります。でも、今は本当に残留のことしか頭にないので」

――日本代表入りを期待する声もあります。

「うーん、自分の口から言ったことはないんですが、ハンブルクの地元紙とかがすごく推薦してくれてる。でも、U-21にこの間初めて呼んでもらったくらいなので、自分としては気にしてないとしか言えません。

 僕としては、ロシアが最後のW杯でもないと思うし、24歳、28歳のときに要の選手になれていたらな、という感じです。

 ただ、今代表で呼ばれたらどれくらいやれるのかな、っていう自分に対する興味はあります。やれるんじゃないかって思ってるし。むしろチームの助けになれるんじゃないかっていう期待もありますけど……それこそ、ハンブルクでの残り試合、残留しか頭にないので」

【次ページ】 「勝ち負けって自分だけじゃどうしようもないですよね」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
伊藤達哉
ハンブルガーSV
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ