サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

伊藤達哉、初の独占インタビュー。
Jを経ず欧州移籍した20歳ドリブラー。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/05/12 11:30

伊藤達哉、初の独占インタビュー。Jを経ず欧州移籍した20歳ドリブラー。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

自己主張も考え方も、海外で成功するのが納得の伊藤達哉。代表への期待論も聞こえているが、まずはクラブに集中している。

「ボールを持ってのプレーは通用してる」

――今、自分のプレーをどう評価していますか。

「ボールを持ってのプレーは通用してるって確実に言い切れます。でも以前からの課題でもあるんですけど、あんまり得点というタイプの選手じゃなくて。得点以外のところで評価してもらえるんだったら、僕はブンデスでやれてると思います。ただ守備の部分は、チームの弱点になる瞬間を自分でも感じたりするので、そこがやっぱり課題ですね」

――得点を取るタイプでないというのは?

「僕が勝手に思ってるのは、自分はどちらかというと点を取る前の役割というか、仕留める選手のお膳立てなんです。

 チャンスって誰かがリスクを冒して、例えばドリブル突破したりとか、1本のパスで状況が変わってできると思うんですけど、僕はどちらかというとそっちの方の選手かなと。得点って運もあると思うし。まあいつかは点も取れると思ってます」

――現在のティッツ監督から、点を取ってこいとは言われないですか?

「監督から要求されてるのは、サイドで1対1で仕掛けて相手のディフェンスを崩してくれっていうところ。『そのあとのパスを味方に通してくれたら、もううちは大きなチャンスになる』って。

 監督、コーチからも『おまえが点を取ってもいいんだぞ』とは言われるんですけど、『どうしても点取ってこい』とか、10数試合出ているけど『点取ってないからだめ』とは言われてないんです。取りたいのは取りたいですけど。同い年くらいの選手が外国でいっぱい点を取っているのを見たり聞いたりすると、すごいなーと」

――1対1、ドリブルはブンデスで一番だとティッツ監督に言われていると、試合後に言っていたことがありましたね。

「1対1っていかにビビらず向かって行けるかだと思ってるので、そういう意味ではある程度自信はあります。ブンデスで一番というのは監督が言ってくれてることなので嬉しいけど、気にしないようにはしてます。でもそうやって監督が自信をつけさせてくれるのは、結局はやっぱり、すごくポジティブに繋がってることだなと思います」

――メッシが憧れだと、ハンブルクの新聞で見ましたよ。

「あんまり言ったことないんだけどなあ。多分向こうがメッシって呼んでるんですよ。“ジャパニーズメッシ”って」

【次ページ】 Jリーグではなく海外サッカーを見ていた。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
伊藤達哉
ハンブルガーSV
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ