相撲春秋BACK NUMBER

“怪我”を乗り越えた新三役・遠藤。
「忍んだ先」に笑顔はあるか?

posted2018/05/12 11:00

 
“怪我”を乗り越えた新三役・遠藤。「忍んだ先」に笑顔はあるか?<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

その佇まいに風格が出てきた遠藤。さらなる躍進の先で、ふたたびの笑顔が見られることを多くのファンが願っている。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

Tamon Matsuzono

「忍んだ先」

 一昨年26歳の誕生日、巡業先で報道陣に請われ、遠藤が色紙にしたためた言葉だ。その意味を問われると、「今、こうして忍んでいるけど、その先に少しでも光があればいいな、と思って……」と答えたという。

 新入幕から5年。

 遠藤が堪え忍んだ先に、ようやく新三役の地位があった。

 番付発表の記者会見の日、目も覚めるようなピンクの着物姿で臨んだ遠藤だったが、晴れがましい席でも笑顔はなかった。「いつもの番付発表と変わらない」と、その表情は崩れない。笑みのない理由を問われ、「隙を見せないように」と、自分を戒めるよう口にする姿に、傍らの師匠がフォローする。

「うれしくないはずがない。それを表に出さない。今(の時代)はサービスが足りないとかの話になるけど、記者さんの前で話さないようになったのは、この3年間。相撲で勝って証明していくしかない。勝って初めて認められる。本当は笑っているんですよ、うれしくて。だけどそれを出さない」

 やっと差してきたかの一筋の光にも、遠藤は気を緩めず、すがらなかった。

「まだ、お先真っ暗。今と向き合って、つらいときは忍んで、必死にもがいてやるしかないです」

大相撲ブームを牽引する人気力士として。

 思い起こせば、土俵で相手と対峙し戦う以前に、自身のケガと孤独に向き合う月日だった。

 幕下10枚目格で初土俵を踏み、わずか2場所で十両昇進。新十両の場所で優勝し、新入幕した2013年9月。勝ち越したものの途中休場し、左足を捻挫し剥離骨折をしていたと明かす。このときからすでに、その“歯車”は狂い始めていたという。

 出世にまげが追い付かない、ザンバラ髪の関取。

 スピード出世と端正なマスクで一躍注目され、近年の大相撲ブームを牽引することになる。

【次ページ】 遠藤人気が過熱していった時期。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
遠藤

ページトップ