プレミアリーグの時間BACK NUMBER

ジェラードがレンジャーズ監督就任。
経営破綻後の名門、どう立て直す?

posted2018/05/13 11:30

 
ジェラードがレンジャーズ監督就任。経営破綻後の名門、どう立て直す?<Number Web> photograph by Getty Images

リバプールの絶対的存在として君臨したジェラード。指導者としてのファーストステップはスコットランドを選んだ。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 スティーブン・ジェラードとは、凄い男だ。

 凄い選手であったことは言うまでもない。

「イスタンブールの奇跡」こと2005年のCL優勝(ミラン相手に3点ビハインドから追いつき、PK戦で欧州制覇を実現)や、「ジェラード・ファイナル(ジェラードのための決勝戦)」と呼ばれる'06年FAカップ優勝(ウェストハム相手にアディショナルタイムに圧巻のスーパーミドルを撃ち込み、PK戦での勝利を演出)をはじめ、自らのパフォーマンスでリバプールを勝利に導いた武勇伝はいくつもある。

 だが、その古巣でU-18チームの監督を1シーズン務めただけで、いきなりスコットランド伝統の強豪グラスゴー・レンジャーズの監督就任要請に応えるとは。

 しかも、「考える必要すらなかった」というのだから、その度胸と自信には恐れ入る。ジェラードが4年契約に合意したトップチーム初挑戦の舞台は、常人の感覚では考える必要のあることだらけなのだから。

大きく開いたセルティックとの差。

「プレミアシップ」と呼ばれるスコットランドのトップリーグ(全12チーム)は、歴史的にグラスゴー市内の地元ライバルでもある、セルティックとレンジャーズの二頭立てレースの色合いが強い。

 極端な言い方をすれば、両軍サポーターにとっては、「オールド・ファーム」の呼称で知られる地元対決こそがリーグの優勝争い。ライバルよりも上、つまりリーグ首位の座に就くことができなければ、何位だろうが敗者でしかないような感覚に違いない。

 しかも、レンジャーズが名実ともにセルティックのライバルだったのは、6年前にクラブが経営破綻に見舞われる前の話。去る4月29日のオールド・ファームで決まったセルティックの今季優勝は、リーグ7連覇を意味した。

 当日のレンジャーズは5失点の大敗。その2週間前に行なわれたスコットランドFAカップ準決勝でも4失点を喫して敗れており、計180分間の地元対決は合計0-9で惨敗したことになる。

【次ページ】 クラブ側はサポートを口約するが。

1 2 3 4 NEXT
スティーブン・ジェラード
レンジャーズ
リバプール

ページトップ