濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

“世界一の女”浜崎朱加が直面した、
“ジャパン”のRIZINで輝く難しさ。

posted2018/05/13 09:00

 
“世界一の女”浜崎朱加が直面した、“ジャパン”のRIZINで輝く難しさ。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

関節技でもうあと一息で勝利……というところまで追い込んだ浜崎だったが、ガルシアの粘りも相当なものだった。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 5月6日のRIZIN・マリンメッセ福岡大会で最大のインパクトを残したのは、メインイベント登場の堀口恭司だった。

 UFCでフライ級タイトルマッチも経験したワールドクラスの強豪は、昨年からRIZINに戦場を移し、バンタム級GPで優勝を果たすなど実力を存分に見せつけている。

 今大会では、同じ元UFCのイアン・マッコールと対戦、試合開始からわずか9秒でKOしてしまった。“主役”の出番が9秒ではテレビ関係者は頭を抱えたのではないか。だがそんな事情とは関係なく、堀口の強さは誰が見ても圧倒的だった。

 単に勢いで倒したというわけではなく、フィニッシュの左フックは短時間で距離感と相手の攻撃パターンを把握した上でのカウンターである。

 試合後には“神童”那須川天心にキックルールでの対戦をアピールしたが、それも決して無謀には思えない。

 修斗の新人時代から将来を嘱望されてきた堀口だが、現在の輝きぶりは想像していた以上だ。それだけRIZINの、日本のメジャーイベントの水が合っていたということなのだろう。

RIZIN女子のグレードを上げる、浜崎の参戦。

 実力さえあればスターとして輝けるというわけでもないのがプロスポーツの難しさだ。それを痛感させられたのは、浜崎朱加vs.アリーシャ・ガルシアの一戦だった。

 浜崎はアメリカの女子MMA団体インヴィクタFCでアトム級チャンピオンになった選手で、UFC女子には同階級がないため事実上の世界一だ。日本ではコアなファンしか気づいていなかったが、浜崎が成し遂げたことは快挙にほかならない。

 RIZIN女子戦線のグレードを一気に引き上げるとも言える浜崎の参戦に、高田延彦統括本部長は“女版堀口恭司”という表現を使った。浜崎自身「世界一(の実力)を日本で見せたい」と意気込んでいた。榊原信行実行委員長は「一戦目は圧勝してほしい」と言っていたほどだ。

【次ページ】 「圧勝」を求められた試合だったが……。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
浜崎朱加
アリーシャ・ガルシア
堀口恭司
イアン・マッコール
浅倉カンナ

ページトップ